人気ブログランキング |

ファリャ前、ファリャ後   

スペインの三大作曲家、アルベニス、グラナドス、ファリャ。三人揃って、キャリアの始まりはスーパーピアニストだが、作曲家として為した仕事には違いがある。作品のほとんどがピアノ曲だったアルベニスに対し、グラナドスは、やはりピアノ曲中心ではあるものの、歌曲集『トナディーリャス』『アマトリアス』、遺作オペラ『ゴイエスカス』等、声楽のジャンルにも名作を残した。ファリャになると、ピアノ曲はもちろん、歌曲、オペラ、バレエ音楽、室内楽等々、オーケストラや舞踊を駆使した作品を手掛け、その音楽世界はより多彩に、より高次に広がった。ファリャで一つの頂点を極めたスペイン音楽は、その後、試行錯誤を繰り返しつつ、様々な方向に枝分かれする。

録音、録画に関しても、ちょうど技術の端境期だったことが分かる。幸いなことに、三人とも本人の演奏が残されているが、長兄アルベニスと次兄グラナドスには動画が見当たらない。三男坊ファリャは動く姿をちらっと見ることが出来るが、演奏中の動画はやはり見当たらない。ところが、ファリャとも深い交流があり、『恋は魔術師』ピアノ版を得意としたルービンシュタイン(1887~1982)になると、演奏中の動画が一気に増える。ちょうどファリャ前後の数年が変わり目だったのだ。ファリャがもうほんの少し長生きしていれば、私達は、彼の生真面目な?指揮ぶりにお目にかかることが出来たのかもしれない。

●本人の演奏です。お宝!
アルベニス


グラナドス


ファリャ


★11月4日&18日開催のセミナー『魅惑のスペイン歌曲Ⅱ』
テーマはファリャ。音と映像たっぷりで、ファリャの世界をお楽しみいただきます。
詳細、お申し込みはこちら ⇒ 『スペイン語の歌のクラス』

ルービンシュタインが弾く、ファリャ『恋は魔術師』


『恋は魔術師』といえば、やはりこれ!なぜかポルトガル語の字幕入り(^^;;

by Megumi_Tani | 2016-10-30 23:21 | スペイン歌曲 | Comments(0)

<< 『魅惑のスペイン歌曲Ⅱ~ファリ... 苦労人?ファリャ >>