「声の力」講師を務めさせていただきました   

元NHKアナウンサー、山根基世さんが主宰される連続講座『声の力を学ぶ』第4回が開催されました。第1回」「第2回」「第3回

今回は「歌における声の力~スペイン歌曲が教えてくれたもの」と題し、私、谷めぐみが講師を務めさせていただきました。
e0172134_22215983.jpg
e0172134_22222161.jpg
中学、高校時代の思い出、スペイン歌曲との出会い、バルセロナ修業時代のエピソード、これまでのリサイタル等々「声」とともに歩んで来た道のりをお話した後、所謂ステレオタイプのスペインとはまるで趣の異なるスペイン歌曲を2曲ご紹介。せっかくの機会なので、スペイン語の発音にもチャレンジ!受講生の皆さん、とてもノリがいい。5月の曽我大介さんのお話を受けて、カルメン〈ハバネラ(恋は野の鳥)〉と元歌〈エル・アレグリート〉の聴き較べもお楽しみいただきました。

後半は、「声」とは、「歌」とは、「歌い手」とは、「歌詞」とは、「言語」とは、「暗譜」とは等々、私自身がこれまでに感じて来たこと、学んできたことを、様々な角度から、ざっくばらんにお話させていただきました。「声と人間力」ということで、2011年春のドミンゴの来日 もご紹介。最後は、スペイン歌曲への感謝とともに「鳥の歌」をお聴きいただき、講演終了。

質問コーナーに移ると、まず山根さんが率直な感想を聞かせてくださいました。この講座で皆さんが学ばれている「朗読」と「歌」には、多くの共通点があるそうです。百人会議の間で「さくら」を歌った時のエピソードを綴った拙文をちゃあんと読んでくださっていたことに感激!お忙しいなか、駆けつけてくださった東大大学院教授・言語脳科学者、酒井邦嘉先生の外国語と脳についてのお話には、みんなでフムフム。 受講生さんからも質問が続き、和気藹々の120分があっという間に過ぎました。

講座の最後に、来賓のお一人が語ってくださった「鳥の歌」への感想……嬉しかったな。

山根さん、酒井先生、スタッフの皆様、そしてご一緒させていただいた皆々様、ありがとうございました。
e0172134_22180594.jpg



*******************************************************************************************************

夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』

****************************************************************:**************************************

[PR]

by Megumi_Tani | 2018-07-12 23:32 | 講座/セミナー | Comments(0)

<< 『わが心のアランフェス~ロドリ... ロドリーゴ講座、再来週です♪ >>