人気ブログランキング |

バルセロナオリンピックから26年   

今年の夏はとにかく暑い。東京も40度越えだった先週、23日。太陽がじりじりと容赦なく照りつけ、日傘をさしていても頭のてっぺんがクラクラする。加えて、道路のコンクリートからの照り返しがもの凄い。カーッと焼かれる感じは、まさに人間目玉焼き。と、思っていたら、生徒さんのひとりが「丸焼きにされる子豚ちゃんの気持ちが分かりました」と言う。そうか、我ら可愛らしい卵ではなく子豚ちゃんか…。

2020年東京オリンピックへの懸念が現実味を帯びて来た。ここまで極端な暑さは予想出来なかったとしても、7月末、梅雨明けの一番暑い時期の開会であることは当初から分かっていたはず。この猛暑を受けて、対策を!と連呼されているようだが…。

Facebookはマメだ。こちらが頼まなくても種々雑多な情報を勝手にどんどん流してくる。時に有用、時に限りなく無用。しかしおかげ様で、時折、忘れていた何かを思い出させてくれる。先週の酷暑真っ只中の25日、1992年のその日にバルセロナ・オリンピックが開会したことを伝えてくれた。あれからもう26年…。史上最も成功した、とも言われる開会式は美しく懐かしい記憶だ。しかし誰もが感じている通り、同じ7月末でも、今は世界中がもっと暑く なっている。2年後の夏、もっと涼しくなっているとは、とても思えない。
猛烈に暑くて、猛烈に湿度の高い東京の夏。2020年は本当に大丈夫なのだろうか…?

今日の文章には「…」が多いなぁ。これも暑さボケ(>_<)

バルセロナ・オリンピック開会式ダイジェスト版

スペインを代表する名歌手の共演


閉会式の締めは、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが歌う「鳥の歌」でした。
演奏の終わりと同時に、聖火が静かに消えました。
残念ながら、現在、本番の動画は視られません。



by Megumi_Tani | 2018-07-29 13:51 | 思い&想い | Comments(0)

<< 『わが心のアランフェス~ロドリ... 『わが心のアランフェス~ロドリ... >>