人気ブログランキング |

追悼と想い出と   

2019年も鏡開きが過ぎ、昨日は成人の日。私は京都で二十歳を迎えたが、成人の日はいつも通り大学の練習室で練習していた。成人式に参加する、なんて発想はこれっぽっちも浮かばなかった記憶がある。いまや伝説となった古い古い大学の校舎。平安神宮のま隣という稀有な立地だった。大学時代の私は、深く暗い闇を秘めたHugo Wolf の歌曲が好きだった。よもや数年後、太陽の国?スペインへ渡ることになろうとは!

その成人の日の昨日、梅原猛先生の訃報を知った。
私の学生時代、京都市立芸大の学長は梅原猛先生だった。当時すでに著名な哲学者、文学者、歴史学者であり、我々学生にとっては、日常ご縁のない遠い存在だった。ところが、ある年の学園祭、最終日のダンス・パーティーに梅原学長先生がやって来た。会場の隅の椅子に座り、当時流行っていたディスコ調?の曲にのって踊る学生達を興味深そうに眺めている。そのうち、誰かが「先生も踊りましょう!」みたいな感じで梅原先生の手を取った。すると先生はニッコリ!さっと立ち上がり、一緒に体を動かし始めた。学生達からはやんややんやの大歓声!そのいかにも不慣れな動き、お世辞にも上手とは言えない?ダンスを一生懸命踊る姿が何とも可愛らしい。何かの曲でペアを組んで踊る場面、私はたまたま梅原先生のお隣にいて、ずっとご一緒させていただいた。卒業してこの長い年月、輝かしいご業績のニュースに触れるたび、いつもあの夜の先生の柔和な笑顔が蘇ったものだ。
哲学者の梅原猛さん死去

哲学者といえば……昨年暮れ、佐々木孝先生が逝去された。
スペイン思想学の大家として、清泉女子大、東京純心女子大などの教授を歴任。退職された後、故郷・福島へ戻られ、ご自身のブログ等々を通じて骨太の発信を続けられていた。以前このブログでもご紹介した『スペイン文化入門』は、貴重な書だ。スペインという摩訶不思議な国の核心について、深く、鋭く論じられ、我々、哲学や思想学とは無縁の素人にも大いなる理解を与えてくれる。私自身、このご本を読んで、京都での大学時代にWolf大好きだった私が何故スペインに魅かれたのか、その理由を自覚することが出来た。12月20日の訃報をスペインの有力紙「El país」がいち早く伝えたことからも、先生の存在の大きさが分かる。
Fallece el traductor japonés de Unamuno que se negó a evacuar Fukushima
こちらでは、朝日新聞に掲載された追悼記事をご子息が紹介されている。
モノディアロゴス

e0172134_10582884.jpg

そして昨年暮れにはもうひとり……バルセロナの師の奥様が天に還られた。
これまでに様々な場面で触れている通り、私のバルセロナ時代が幸せに過ぎたのは、人との出会いに恵まれたおかげだ。特に師とそのご家族、そして親友Mikikoさんは生涯の恩人だ。師の奥様は声楽家、ギリシャ彫刻のような美貌の持ち主だった。師を愛し、師のピアノを愛し、家族を愛し、沢山のお弟子さんを育て…。師と私が百人会議の間で演奏することになった際、亡くなられたお母上から引き継がれたという大切なレースのボレロを着せてくださったことは忘れられない。天上の雲に乗り、今もきっとあの美しい姿で朗々と歌っているに違いない。Gracias! Myriam! どうぞ安らかに。




e0172134_10574385.jpg




by Megumi_Tani | 2019-01-15 22:48 | 思い&想い | Comments(0)

<< チケット発売開始日のお知らせ 「声の力を学ぶ」連続講座 第10回 >>