人気ブログランキング |

519♪ 頼もしき兄貴分アルベニス   

19世紀半ばに艶やかな花を咲かせたハバネラだったが、前々回ご紹介した通り、ハバネラはスペイン生粋のリズムではない。にもかかわらず、「異国スペインの音楽」として、スペイン国内よりも国外で人気があった。ハバネラだけではない。オペラ『カルメン』のビゼーを筆頭に、リスト、ラロ、シャブリエ、グリンカら多くの外国の音楽家が「異国スペイン」をテーマに作品を発表した。

では、その肝心のスペイン国内の音楽事情は?というと、未だこれといった顕著な動きがみられない。一時代前の壮大な音楽劇から庶民の楽しみに姿を変えた歌芝居サルスエラは大流行していたが、スペインならではの芸術としての音楽は生まれていなかった。

そこに登場したのがイサーク・アルベニスだ。カタルーニャ地方カンプロドンに生まれ、幼い頃からピアノの才能を発揮。ドイツ、ベルギー、パリなどで学び、各地で演奏して腕を磨き、ス-パーピアニストとして大活躍した。

そんなアルベニスが、ふと考えた。「スペインの音楽はこのままでいいのだろうか?」「我々の音楽、スペイン音楽とは何だろう?」…。豊かな才能に恵まれ、若い頃から広く他国の音楽に触れ、それらを素直に、謙虚に、しかも深く本質的に学んだアルベニスだからこそ抱けた問題意識だったのではないか。スペインの音楽について研究を続けていた故郷カタルーニャの先輩、教師でもある作曲家フェリペ・ペドレルとの出会いにも影響を受け、アルベニスは自らが目指す「スペイン音楽」を模索し、その道を切り開いて行く。
49歳で亡くなるまで、人気ピアニスト、音楽教授として活躍しながら、名高い組曲『イベリア』を始め、数多くの作品を発表した。

アルベニスと出会った人は皆、彼の人柄に魅了されたという。少年時代の数々の冒険エピソードはどうやら少々”盛られた”話も含まれているようだが、そんな逸話がいかにも似合う、スケールの大きな味のある人物だったらしい。温かく、懐が深く、面倒見がよくて太っ腹。困っている友のためとあらば一肌脱ぐことを厭わない。ユーモアに溢れ、友人達を愛し、常に故国スペインを想いつづけた。口ひげを蓄え、堂々と恰幅のよいお姿だが、実は、繊細で寂しがり屋でもあったのでは、と、勝手に想像している。アルベニスとの友情から、あるいはアルベニスの薫陶を受け、あるいはアルベニスの援助を受け励まされ…グラナドス、ファリャ、トゥリーナら後輩達が「スペインならではの芸術音楽」を築いていった。自らが演奏家であり作曲家であり、しかも仲間達のために尽力、奔走する、そんなアルベニスの存在無くして、スペイン音楽の次代の扉が開かれることはなかっただろう。

残念ながら、アルベニスの歌曲作品はあまり多く残されていない。しかし、あたかも歌曲のごとく定着し、演奏される機会が多いのが「グラナダ」だ。元々は、ピアノ作品『スペイン組曲第1集』の中の第1曲。器楽曲の名旋律に歌詞が後付けされた作品は複数あるが、「グラナダ」はその中でも傑作のひとつだ。「A~~y!」と始まるフレーズは、グラナダを、故国スペインを愛したアルベニスその人の深い溜め息のようにも感じられる。ピアノと歌との掛け合いの妙もお楽しみに!

第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
チケット好評発売中!
プログラム、曲目紹介、チケットご購入等々、
詳細は、HPをご覧ください⇒『スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています♪






by Megumi_Tani | 2019-03-08 23:06 | リサイタル | Comments(0)

<< 519♪【ぴあクラシック】春号... 519♪ ラ・パロマ >>