人気ブログランキング |

『プラテーロと私 -抄- 』   

世は十連休真っ只中。海外へ、国内の名所旧跡へ、沢山の方が旅を楽しまれている一方で、のんびりゆっくり家で本でも読もう!という向きもいらっしゃるのでは?そんな方に、今年2月に出版された、谷口江里也訳『プラテーロと私-抄-』をご紹介したい。

日本でもお馴染み、ファン・ラモン・ヒメネス著『Platero y yo』は、ヒメネス自身と愛するロバ、プラテーロとの触れ合いが描かれた作品だ。故郷モゲールの地でゆっくりと流れる時間、ごくごくさりげない日常のなかにあるちいさな喜びや悲しみ。ページをめくるうちに、いつの間にか、プラテーロとヒメネスの喜びや悲しみが自分自身の喜びや悲しみとなり、最後に、あぁこれはスペインも日本もない、誰の心にもある喜びや悲しみなのだ…と、気付かされる。そんな、やさしく、あたたかく、切ない詩集だ。

本書は、全137編から101編を厳選。本文の合間には、詩の内容にまつわるスペインの歴史や文化が紹介されている。イラストも谷口江里也氏自身。

プラテーロと私-抄-
e0172134_20122958.jpg

『Platero y yo』出会いは1987年、石井崇先生による詩画集『プラテーロとわたし 』だった。その後CDで歌い、三十年以上経った今年、谷口江里也版『プラテーロと私 -抄-』が届けられた。思えば、谷口氏と初めてお目にかかったのも1987年頃だったかもしれない。

もの言わず、喜びも哀しみも大きな目でジッと見つめるプラテーロが愛おしい。

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************


by Megumi_Tani | 2019-04-29 20:26 | 本の窓 | Comments(0)

<< 519♪ 改元の年のリサイタル 519♪ ロドリーゴの歌曲 >>