人気ブログランキング |

519♪ 改元の年のリサイタル   

2019年5月1日、新元号「令和」の時代が始まった。個人的には、お役所等の書類に記入する以外は西暦を使う機会の方が多い。しかし「令和」の始まりはやはり節目を感じ、感慨深いものがあった。

令和元年の19日め、5月19日にリサイタルを開かせていただく。思い出したのは、今から三十年前、「昭和」から「平成」に変わった時のことだ。

1989年すなわち昭和64年、私は1月11日にリサイタルを控えていた。前年暮れから昭和天皇のご容体が連日報道されるようになり、国全体が何となく緊張して年を越した。どうやらまもなく「昭和」が終わるらしい。しかしそれがいつなのか、誰にも分からない。万が一「その日」が1月11日になった場合、予定通りリサイタルを開催していいのか?あるいは自粛すべきなのか?もしも開催を延期または中止する場合、お客様全員にその旨をどうやってお伝えするのか?販売済みのチケットの取り扱いはどうする?今回借りた会場の取り扱いはどうなる?仕切り直しの開催はいつ?そうなれば完成しているプログラム等の印刷物もすべて刷り直し?…etc,etc,etc。誰も経験したことのない事態、誰にも答えが見つからない。「何とかなるわよ!」と私はカラ元気を出していたが、もしもそうなった場合どうすればよいのか、正直、見当もつかなかった。

1月7日早朝、ラジオのスイッチを入れると、ただならぬ緊迫感が伝わって来た。「その日」が来たのだ。1月8日に「平成」の時代が始まり、三日後の11日、私は予定通りリサイタルを開くことが出来た。

今こうして思い起こしても、かなりギリギリ、危いタイミングだったと思う。そしてその平成3日めのリサイタルの際には、またいつか次の改元が訪れること、その時に自分が歌っているか否か?などということは意識にのぼりもしなかった。

ちいさな歌い手の私が、人生で二度、改元の年にスペイン歌曲のリサイタルを開かせていただく。感謝しかない。

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************


by Megumi_Tani | 2019-05-03 22:01 | リサイタル | Comments(0)

<< 2008年の記憶 『プラテーロと私 -抄- 』 >>