人気ブログランキング |

エピローグ「ハバネラの時代」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。本日は、第2ステージ「ハバネラの時代」について。

****************************************

天を仰ぎ、神に懇願し、御子誕生の喜びを歌う。そんな第1ステージ「祈り 」から一転、第2ステージは19世紀スペインの下町へ。
この大胆な(笑)転換に選んだ曲は、アルバレス作曲「黒い瞳」。リズム、メロディー、スタイル、すべてが、ザ・スペイン!所謂ステレオタイプ的スペインの王道を行っている。百の薀蓄、説明より聴くのが一番!「あ!別のステージが始まった!」と、お客様は感じてくださるだろう。この曲、前奏が長い。お客様に舞台の転換をより感じていただくために前奏の時間を使えるのでは?と閃き、ほんのちょっぴりだけれど衣装を変えることにした。ピアノの浦壁さん、Hakuju Hallの舞台監督さんとワイワイ楽しくリハーサル。
本番、早変わり無事成功しました(^_-)-☆

2曲めのアルバレス「嫉妬」は、同じハバネラでも、どこか典雅な風情。このリズムが古くは鄙びたダンス音楽だったことを思い出させる。胸にうずく嫉妬の虫を何とかして~!と愚痴り、甘え、叫ぶ歌。恋をした人なら誰にでも覚えのある内容だ。3曲め、イラディエール作曲「エル・アレグリート」は、取り組んでかれこれ5年、リサイタルで歌うのは3回目、昨秋リリースしたCD「スペイン浪漫」にも収録。「カルメンの元歌ですね」と、お客様にお馴染みの曲になった。オペラ畑の方にも興味を持っていただけるのが嬉しい。そして締めは、世界に誇るハバネラの名歌「ラ・パロマ」。この曲、今回はこれまでにも増して人気でした。大好きな曲!歌っている私も癒されます。

ハバネラの王様イラディエール生誕210年に捧げた第2ステージ。天上のマエストロは喜んでくださっているかしら?


e0172134_23251582.jpg









by Megumi_Tani | 2019-05-27 23:26 | リサイタル | Comments(0)

<< エピローグ「大輪の華」 エピローグ「祈り」 >>