人気ブログランキング |

エピローグ「大輪の華」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。
本日は、第3ステージ「大輪の華」について。

****************************************

「4章立てにしたコンセプトが明確に伝わってきた今回のリサイタルでした。個人的には濃厚なスペインの雰囲気が漂う「大輪の華」が強く印象に残りました」と、アンケートに記してくださったお客様がいた。そう!「スペイン音楽」といえば、大抵の場合、この時代の音楽を指す。アルベニス、オブラドルス、グラナドス、ニン、第1ステージで歌ったトゥリーナ、ファリャ…。みんなこの時代、すなわち19世紀末から20世紀初頭~半ばにかけて活躍した音楽家だ。リサイタル前日に110回目の命日を迎えた兄貴分、アルベニスの薫陶を受け、後輩達は、母国の芸術音楽を艶やかに、誇り高く花開かせるべく、各々奮闘した。友であり、ライバルであった彼らは、深い絆で結ばれ、とても仲がいい。互いを認め、讃え、学び、愛する。そんな温かい人間ドラマが、この時代の音楽をより魅力的なものに感じさせてくれる。¡Viva España!

「グラナダ」を聴いてラローチャを思い出しました、と、嬉しいアンケートの声。今回初めて演奏した「あの山の帽子」は、カスティーリャ地方のホタのスタイルを採った作品。「エル・ビート」は、スペイン音楽のツボ「ミ」を連打するピアノが強烈な印象。いずれも大人気。グラナドス「ちいさな歌」は、タイトル通り本当に小さく地味な作品ながら、大好きな歌。アンケートに沢山の方が◎を付けてくださっていたことに嬉しくびっくり!「パーニョ・ムルシアーノ」は、いきなり始まる前奏から切れ味絶妙の最後まで、とにかくピアノがお洒落!浦壁さんの魅力、全開でした。



e0172134_22275608.jpg


by Megumi_Tani | 2019-05-29 22:36 | リサイタル | Comments(0)

<< エピローグ「わが心のアランフェス」 エピローグ「ハバネラの時代」 >>