人気ブログランキング |

ありがとう!マリア・バーヨ   

先日ご紹介したスペインの名ソプラノ、マリア・バーヨ来日の一週間。

リサイタル第1夜《スパニッシュ・ナイト》は、10日(月)夜、開催。風雨強まる悪天候にもかかわらず、会場のすみだトリフォニーホールには熱心なフアンが詰めかけた。スペイン歌曲を、しかも20世紀の作品をこれだけまとめて聴ける機会は、日本では決して望めない。トルドラの「6つの歌曲」から始まり、エスプラ、モンサルバッジェ、ガルシア・レオスと、各々の作品に深く、緻密に、丁寧にアプローチし、粋やユーモアを効かせながら優雅に歌い上げる。後半は、パレラ・フォンス、ガルシア・アブリル、ピアソラと続き、締めにサルスエラ2曲が来た。アンコール1曲めは、僭越ながら私も先日のリサイタルのアンコールで歌わせていただいた「サパテアード」、2曲め、ファリャ「お前の黒い瞳」は、まさに彼女のCDで知り、勉強し、レパートリーにさせていただいた曲だ。ご本人のナマ歌で聴ける幸せ!

翌11日(火)は、インスティトゥト・セルバンテス東京でのトーク&ミニコンサート
ウガルテ館長との対談の後、3曲演奏、加えてアンコールも。前夜リサイタルのプログラムもかなりのボリュームだった。お疲れは大丈夫か、と、心配になる。が、彼女はまったく手を抜く気配がない。誠心誠意、語り、歌い、終了後の人の波にも対応されていた。

14日(金)は、昭和音楽大学で公開レッスン が開かれた。学生さん4名がロドリーゴ、オブラドルス、グラナドスの作品を演奏し、ひとりずつバーヨ女史の指導を受ける。このレッスンが熱い!まずい箇所は何度でも止め、何度でも説明し、自ら歌ってみせ、わずかでも受講生に改善の兆しが見えるまで「Otra vez!~もう一度!」と、指導を止めない。率直で真心のこもった貴重なレッスン。約30年前、通訳を務めたビクトリア・デ・ロス・アンへレスの公開レッスンを思い出した。

もっとフレーズの先を見て歌って!の意で、彼女が受講生に何度も繰り返した言葉がある:Más allá!

Más allá!~もっと向こうへ!もっと遠くへ!…切なさがふと胸に迫る。そう、彼女の歌は端正で美しく、熱く、可愛く、それでいて、どこか切なく儚い。深い情熱を秘めたその儚さに私は心惹かれている。お話させていただいても、飾らず、気取らず、いつも自然体。愛おしくチャーミングな女性だった。来日してくれて嬉しかったなぁ。。。ありがとう!マリア・バーヨ!

リサイタル第2夜《ヘンデル、そしてモーツァルト》は、17日(月)午後7時開演です。

マリア・バーヨが歌うヘンデル



by Megumi_Tani | 2019-06-16 21:24 | スペイン歌曲 | Comments(0)

<< 古田 史「作品展」 第2期 連続講座「声の力を学ぶ... >>