濱田滋郎先生との対談   

嬉しい企画があった。音楽評論家、そして日本を代表するスペイン文化研究家である濱田滋郎先生との対談である。スペイン歌曲との出会い、バルセロナ留学で学んだこと、ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレスとの邂逅、歌い手として願うことetc。話題は尽きず、ずい分と、ざっくばらんにお話させていただいた。「好きだから、好き」スペインへの熱い想いが重なりあう、幸せな時間だった。「現代ギター」4月号(現在発売中)に掲載。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-03-24 10:15 | スペイン音楽 | Comments(2)

Commented by たぬき at 2009-03-26 00:05 x
またまた、お邪魔のたぬきです。決してストーカーではありませんのでご安心ください。 ただ!?のファンですから、、、、。
読みましたよ!濱田先生との対談!!谷さんのスペインに寄せる思いがヒシヒシと伝わってきました。やっぱり、スペインの血が入っていることを確信しました(ホントのところは勿論わかりませんが、、、)。
当然のことながらギターの本ですので、ギターのことも色々と書かれていましたが、読んでる内に中学生の頃、必死になってギターのコードを覚えて自分の部屋で弾き語りをしていたことを思い出しました。そのまま、ギターを続けていたら、谷さんの伴奏のお手伝いができたかな~!?これから、また何か楽器を始めてみよう!と思わされた瞬間でした。
Commented by megumi at 2009-03-26 23:27 x
本当に、どうしてこんなにスペインが好きなのでしょう?自分で不思議に思います。
お部屋でギターの弾き語り…たぬきさんの青春のひとコマですね!これを機に、また始められてはいかがですか?ちなみに、私は歌い手ですが、ピアノを弾くのが大好きです。

<< 一日講座にぎやかに終了! 道産子 >>