人気ブログランキング |

『天地悠々』上映会   

先日このブログでもご紹介させていただいたドキュメンタリー映画『天地悠々 兜太・俳句の一本道 』夏の上映会に出かけた。

スクリーンから聞こえてくる兜太さんのお声…懐かしい。何十年ぶりだろう。ずっとずっと昔、私は兜太さんが出ておられたラジオ番組を愛聴していた。粋で切れのいいユーモアを交えながら、ズバリと核心をつくそのお話しぶりが好きだった。

鄙びた秩父の風景、真っ赤な曼珠沙華、ご自宅の庭、街歩きのお姿…。穏やかな映像と音楽を背景に、兜太さんの人生折々の俳句が味わい深く流れる。朗読は、本田博太郎さん。兜太さんの歩みをさりげなく辿る、ナレーションは山根基世さん。そして全編を貫くのは、この映画を制作された河邑厚徳監督による兜太さんへのインタビューだ。俳句についてはもちろん、兜太さんの原点であるトラック島での戦争体験、小林一茶への傾倒、はたまた入れ歯のことまで、話題は尽きない。河邑監督を信頼し、真っ直ぐに語る兜太さんのご様子が実にいい。監督の質問がズバリ的をついた時、「鋭いね。いい質問です」と仰る表情の何と嬉しそうなこと!兜太さんのような方は、こいつはダメだ、と思われたら、即、取材お断りだろう。足かけ七年に亘ったというお二人の魂の交流が偲ばれる。98歳の冬、肺炎にかかり入院するも奇跡的に回復し、退院。インタビューを再開されたが、直後に再び体調を崩し、そのまま天に還られた。

トラック島での凄惨な体験、その渦中にありながらも「人間っていいものだな」と感じられたこと。それが兜太さんの戦争拒否の原点であったという。

豊饒なる静寂。そんな言葉がふと心に浮かんだ74分。

上映会は、各地で続きます。お近くの方、ぜひお出かけください。

# by Megumi_Tani | 2019-08-18 00:45 | エトセトラ | Comments(0)

第2期 連続講座「声の力を学ぶ」第5回   

元NHKアナウンサー室長山根基世さんが主宰される「第2期『声の力を学ぶ』連続講座
第5回を聴講させていただいた。
★第1期のレポートはこちら ⇒ 第1期『声の力を学ぶ』連続講座

今回の講師は、法相宗大本山興福寺貫主、帝塚山大学特別客員教授の多川俊映先生。
「声-仏教の立場から-」と題し、唯識仏教の歴史、教え、末那識と阿頼耶識、仏教における聞くこと-聞法-の意味などについてお話しくださった。

昨今、仏教音楽がちょっとしたブームだ。声明のコンサートが開かれたり、チベット仏教の勤行のCDが売られたりしている。本来、声明は捧げられるもの。コンサートにはちょっと違和感がある、と、仰られた。声明の「明」とは、インドでは学問の意。明には五つのカテゴリー(声明・工巧明・医明・内明・因明)がある。

唯識仏教は、4世紀~5世紀頃、インドで成立した大乗仏教のひとつであり、唯識とは、あらゆることを心の要素に還元する考え方である。インドへ渡った玄奘三蔵(西遊記の三蔵法師!)が中国に持ち帰り、7世紀~8世紀頃、遣唐使によって日本にも伝えられた。

お釈迦様に近い時代の仏教における心の構造は「六識説(眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識)」とされていたが、唯識仏教においては、六識説に「末那識」「阿頼耶識」を加えた「八識説」とされた。阿頼耶識の阿頼耶:アラヤとは、アーラヤ(持っている・蔵・倉庫)という言葉を音写したもの。ちなみに、ヒマ(雪)+アーラヤ(持っている)=ヒマアラーヤ ⇒ ヒマラヤという山の名前が生まれたそうだ。

末那識とは、意識下における自己中心性、覚醒している心の裏側、自己愛の囁きであり、阿頼耶識を不変な自我と誤認する。一方、阿頼耶識とは、種子(しゅうじ):行動情報、有根身(うこんじん):肉体、器世間(きせけん):自然・環境を認識対象とする深層心理、深層にある自己基盤である。人間のあらゆる行為は阿頼耶識に送りこまれる。

仏教では、古来、「見仏聞法(けんぶつもんぽう)」「声聞(せいもん)」「聞持(もんじ)」「聞思修慧(もんししゅうえ)」に大きな意味があるとされてきた。お釈迦様に会い(見仏)、その声と教えを聞き(聞法・声聞)、聞く耳を持つ(聞持)。すなわち、聞き、思いを巡らせ、実践を修め、智慧を得る(聞思修慧)。「聞く」ことが智慧になる。説く人も聞く人がいるから説くことが出来る。聞くこと:聞法の大いなる意味。

と、ここまで書いてみたが、深遠なる仏教の教えを私の拙い文章で纏めきれるはずもない。より学びたい方は、多川貫主様の多数のご著書をお読みいただきたい。

講演終了後、山根さんがより身近な視点から質問を繰り出された。

見仏聞法(けんぶつもんぽう)とは、ただひたすら「聞く」ことが修行、という意味だそうだ。とにかく聞く、聞いて大事なことを記憶する。確かに、日常のなかで、話の聞けない人がいる。こちらが何か言いかけると、あ~!それはこうでああで、ああなってこうなって、と、こちらの話を最後まで聞かず、内容がずれていることにも気づかず、夢中で自説を述べ立てる。知ったかぶりをしたいのか?質問されるのが恐いのか?

大勢の弟子がお釈迦様のお話を聞いた。ご説法の様子は師子吼(ししく)と表現される。では、そのお声そのものはどんな感じだったのだろう?低音の美声?明るく澄んだ声?まさかのハスキーボイス?以前、とあるスポーツ選手が外国チームに移籍してほどなくその国の言葉でインタビューに答えるのを聞き、感心したことがある。ものすごく勉強したんだろうなぁ。偉いなぁ。ただ、彼の声は意外なほど甲高くカラカラしていた。これでグッとくる深い声なら、すぐにファンになったのに!(笑)

「法に依って人に依らず」という言葉がある。しかし教えは人から人へ伝えられるもの。人から人へ伝えるには「声」が必要である。と、見事に「声」に着地して、第5回が終了した。

★「声」を基軸とした多彩なテーマ、多士済々の講師陣、稀に見る貴重な講座です。
今期から、毎回、単発受講生の募集も行われています。
ご興味のある方は、ぜひこちらのページにアクセスしてみてください。
声の力を学ぶ 連続講座

2018年10月7日:再建された興福寺「中金堂」の落慶法要



# by Megumi_Tani | 2019-08-09 20:45 | 講座/セミナー | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます   

暦の上では今日が立秋。しかししかし「秋」などという字が遠い彼方に感じられる暑さが続いている。今夏は暑さの愚痴を言うまい、と、心に決めたものの、やはり暑い105.png105.png105.png

それにつけても、つい考えてしまうのは、来年の今頃、オリンピック&パラリンピックが開かれていることだ。天気予報では、「屋外での運動を避けてください」「不要不急の外出は控えてください」と連呼している。大会で行われるのは屋内の種目ばかりじゃない。たとえばマラソン。いくら朝早くスタートするからといって、この炎天下を何時間も走り続けて大丈夫なのだろうか?「皇居の辺りはいつだって朝早くから大勢の人が走っているわ。選手はトレーニングしているから問題ないのよ」と危惧する私に言った人がいる。でも、そうかなぁ???

沿道で応援する人はどうだろう?あまりご縁のない者にとっては、応援は不要不急の外出のような気がする。しかし楽しみにしている方にとっては、万難を排してでも駆けつける最重要事項だろう。日傘、冷却タオル、サンバイザー、帽子、サングラスetc。万全の暑さ対策をして出かけたとしても、カンカン照りの太陽の下、選手がやって来るのを長時間待っているうちに熱中症でクラクラ、バタン、救急車!などということにならないのだろうか???

やれミストだ、やれ遮熱舗装だ、やれ日傘持込みOKだ、と、来年に向けての暑さ対策がPRされている。しかし東京中にミストを振り撒けるはずもなく、当然ながら東京以外の開催地も暑い。諸対策は、文字通り「焼け石に水」ではないか???
酷暑の五輪、大丈夫?

もう6年前になるが、2020年大会開催地の座を最後まで競ったのはマドリードだった。「TOKIOおめでとう?!?
スペインを含め、今夏はヨーロッパも暑い。もしも開催地がマドリードだったとしても、暑さ対策が重要課題になっただろう(まぁ湿気が少ない分、TOKIOよりマシかもしれないが)。となれば、夏の、と称して、オリンピック&パラリンピックをこの時期に開くことそのものがどうなのだろう???

と、???だらけの来年夏。「なぁんだ!余計な心配だったわね!」と拍子抜けするような結果に終わることを祈るばかり。

2020大会をどうしても東京で、というのなら、1969年の記憶を重ねて10月10日開幕にすればよかったのになぁ。「20201010」数字の並びもきれいではないか!

今夏はこんなグッズも生まれたらしいです103.png



# by Megumi_Tani | 2019-08-08 20:46 | エトセトラ | Comments(0)

2019年7月備忘録   

今年の梅雨は長かった。来る日も来る日も曇天、白い空。陽の光がこんなに恋しかったことはない。日照不足でグニャリと曲がったキューリを眺めながら、人間も生き物だから、あまりにも日照不足が続くと調子が狂うのでは?と、真面目に考えた。お天道様とはよく言ったものだ。
梅雨が明けた途端、猛暑襲来149.png ここ数日、東京と札幌の気温に差がないことにもビックリ\(◎o◎)/!!北海道のほとんどの家庭にはクーラーがない。厳寒の冬に備えて気密性高く建てられた家での熱帯夜…。これは東京の夜より大変だ。ヨーロッパも暑い。バルセロナの友人から「焦げています」とメールが来ていた。来年の今頃は東京オリンピックの真っ最中。最新の暑さ対策が様々報道されているけれど、私は個人的には、あえて何故この時期に?の思いが、今もって拭えない。「バルセロナオリンピックから26年

ちょうど梅雨明けの頃、嬉しい映像に遭遇した。ひとつは、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスとパウ・カザルスとの親交を採り上げたもの。

もうひとつは、1992年、バルセロナのリセウ劇場で開かれたビクトリア・デ・ロス・アンへレスの記念すべきリサイタルを採り上げた番組。このリサイタル、Youtubeにはずい分前にアップされていたのだが、今回の番組では、開演前の様子やビクトリアへのインタビューも視られる。ピアノは、我が師マヌエル・ガルシア・モランテ。

日付が変わって、もう8月1日。北海道育ちの私は、基本的に暑さが苦手だ。しかし長い長い梅雨に心底ウンザリしたので、今夏は、たとえ猛暑でも酷暑でも炎暑でも厳暑でも元気に青空を見上げて過ごそう、などと儚い目標を立てている。
e0172134_01103995.jpg
リサイタル「スペイン浪漫Ⅳ」に寄せて(画:Chieko. K)




# by Megumi_Tani | 2019-08-01 01:19 | エトセトラ | Comments(0)

『天地悠々』夏の上映会   

春にご紹介させていただいた、映画『天地悠々 兜太・俳句の一本道』。
俳人・金子兜太さんが永久の旅立ちをされる直前までを丁寧に記録、「平和」への最期のメッセージを伝える貴重なドキュメンタリーです。

★夏の上映会が開かれます。
日時:2019年8月17日(土)13:30開映(12:30開場)
会場:明治大学駿河台校舎グローバルフロント棟1F
参加費:資料代1,200円
お申し込みは、info@tota-tenchiyuyu.com まで。
(先着200名にて締め切り)

e0172134_22570708.jpg

e0172134_00354074.jpg

# by Megumi_Tani | 2019-07-17 23:04 | エトセトラ | Comments(0)