<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

蘇る、カザルスホールのこと   

連日報道されている何とも歯がゆく腹立たしいアメフト関連のニュースに、ふとカザルスホールのことが蘇ったのは私だけだろうか…。

カザルスホールは1987年、主婦の友社が出資するお茶の水スクエアA館 内に、日本初の室内楽専用ホールとして完成した。「カザルス」の名を冠すことをカザルス夫人・マルタ氏に許され、開演チャイムにはあの「鳥の歌」を採用、1997年には開館10周年を記念してバロック式パイプオルガンを設置、様々な企画とともに、数多くの名演奏会が繰り広げられた。

2003年、お茶の水スクエアは主婦の友社から日本大学に売却され、ホール名も「日本大学カザルスホール」と改称された。

個人的に忘れられない思い出が二つある。ひとつは、1990年に実現したビクトリア・デ・ロス・アンへレスと師マヌエル・ガルシア・モランテの来日公演。そしてもうひとつは、2007年10月10日開催の私自身の第17回リサイタルだ。
カザルスホールのこと

2009年、突然、ホールの閉館が発表された。ラジオから流れてきたニュースに驚愕、思わずドアにしがみついた記憶がある。そんな馬鹿な…。マルタ夫人を始めとするスペイン側の関係者はこのとことを知っているのだろうか…。あのパイプオルガンはどうなるのだろう…。跡地に関しては様々な憶測、噂が聞こえて来た。病院になるらしい?オルガンごと建物を壊すらしい?etc。呆然、愕然、憤慨、情けなさ、やり切れなさ…。

そして2010年3月31日、カザルスの名を冠した誇り高きホールは、本当にその歴史を閉じてしまった。何が何だかよく分からないまま…。

お茶の水駅から徒歩5、6分。キャパはたしか450~500席。よく響くホールだった。17回リサイタルのオープニングは、舞台の袖から、姿を見せず、ア・カペラで「鳥の歌」をハミングした。それでも客席の隅々まで声が届いた。建物は、今もあのまま虚しく残っているらしい。哀しすぎる。

第17回リサイタル@カザルスホールのライブCD
(ごめんなさい。完売しています)
e0172134_20504133.jpg
e0172134_20511153.jpg

*******************************************************************************************************
夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』
****************************************************************:**************************************


[PR]

by Megumi_Tani | 2018-05-27 21:15 | スペイン音楽 | Comments(0)

「バルセロナの風、送ります」   

気が付けば5月も20日。今日は爽やかな青空が広がった。今春は気温が猫の目のようにめまぐるしくアップダウンするせいか、体調を崩している人が多い。私も流行に乗り、というか、乗り過ぎて?まさかの入院生活を送った。青天の霹靂。「青天の霹靂」とは、「青空に突然雷鳴が轟くこと」の意。まさに今日のような五月晴れの空にいきなりドカーンと雷様が落っこちて来たような事件だった。

さて、帰宅して数日後、ポストに大きなエアメールの封筒が届いた。差出人は…バルセロナのMikikoさんだ。「メグミさん、元気?バルセロナの風、送ります」というメモと一緒に、本、チョコレート、絵葉書、文房具etc、沢山のバルセロナ・グッズが同封されている。クリスマスでもない、サン・ジョルディは終わった、誕生日でもない。なぜ今?

若き日のバルセロナ留学時代、Mikikoさんには本当にお世話になった。帰国後は、何年かに一度互いに行き来して会うものの、普段からマメに連絡を取り合っているわけではない。それなのに、ここぞという時、私がちょっぴり疲れている時、何かが必要な時、ある日突然バルセロナからエールを送ってくれる。ビックリ!嬉しく感謝するも、なぜ今?と、いつも不思議な気がする。

「すごい!どうして分かったの?まるでバルセロナからこちらが見えるみたい」と言うと、「アハハ!そうよ!見えるのよ」と朗らかに笑っていた。今回も不思議パワー全開!Mikikoさん、ありがとう。
e0172134_15225942.jpg
e0172134_15274765.jpg

「魅惑のバルセロナ」

*******************************************************************************************************
夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』
****************************************************************:**************************************


[PR]

by Megumi_Tani | 2018-05-20 16:35 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

「声の力を学ぶ」連続講座 第2回   

元NHKアナウンサー、山根基世さんが主催される連続講座『声の力を学ぶ』第2回を聴講させていただいた。
第1回の様子は、こちら ⇒ 声の力を学ぶ』連続講座 第1回

今回の講師は、指揮者の曽我大介さん。「オペラ歌手の声~大観客とオーケストラを圧倒する力」と題し、オペラ史において必要とされてきた声や技巧の変遷、オペラの内容の変化と声との関係、発声の課題、曽我大介が選ぶオペラ・アリア・ベストテン!etc。オペラにおける声の力を様々な角度からお話しくださった。全オーケストラを越えて歌手の声が聞こえる理由を解明するべく、発声法を変えたご自身の声をスペクトラム解析する!という離れ業も!

ご一緒させていただいた東大大学院教授、言語脳科学者の酒井邦嘉先生は、大の音楽好きと伺っている。曽我先生のお話、数々の名演映像に、酒井先生のワクワク!が伝わってくるようで、私まで嬉しくなった。質問コーナーでは、山根さんのリクエストに応えて、曽我先生が再びご自分の声をその場でスペクトラム解析!興味深い。

私はスペイン歌曲が専門だ。こうして同じ声楽でも異なるジャンルである「オペラ」を舞台に「声」にアプローチすると、私自身が求める声の姿、在り様が客観的にみえてくる。視野を広げることの大切さ。声とは何か?声は何を表わすのか?生きることと声のかかわりは?…。朗読を学ばれた方々が、朗読というジャンルを越え、「声」そのものについて広く深く学ばれるこの講座は本当に素晴らしい。

「マイクを通した声とオペラの声」のコーナーで紹介されたのは、あの「Barcelona」!!!
曽我先生もフレディ-・マーキュリーの大ファンだそうです(^^)

モンジュイックの丘でのライブ映像



*******************************************************************************************************
夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』
****************************************************************:**************************************

[PR]

by Megumi_Tani | 2018-05-11 22:58 | 講座/セミナー | Comments(0)

夏期セミナー「ロドリーゴの魅力」   

しばらくご無沙汰しておりました。風薫る五月、皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

毎回ご好評をいただいているスペイン歌曲セミナー@セルバンテス文化センター。
2018年夏期講座をご案内します。

(講座番号CUL54)
わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力

ロドリーゴといえば「アランフェス協奏曲」! 世界初のギター協奏曲作曲者ロドリーゴですが、実は彼は、少なからぬ数の声楽作品を残しています。しかもその各々の作品のバラエティー豊かなこと!個性際立つ多彩な曲、合唱曲を音と映像でたっぷりご紹介。20世紀スペインを代表する作曲家、ホアキン・ロドリーゴの魅力に迫ります。


日程:2018年7月20日、8月3日(いずれも金曜日19:00~20:30)

参加費:6,500円

講師:谷めぐみ  言語:日本語


初めての方も大歓迎!ご参加をお待ちしています。

詳細、お申し込みはこちら 

「わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力」@セルバンテス文化センター


e0172134_10184260.jpg



    [PR]

    by Megumi_Tani | 2018-05-07 10:20 | 講座/セミナー | Comments(0)