「声の力を学ぶ」連続講座 第8回   

元NHKアナウンサー、山根基世さんが主宰される連続講座『声の力を学ぶ』第8回を聴講させていただいた。第1回」「第2回第3回」「第4回」「第5回 」「第6回」「第7回
(谷めぐみ登壇の様子が山根さんのHPで紹介されています声の力を学ぶ 連続講座

今回の講師は、森一弘司教様。「いのちとしての言葉(ダバール)聖書の世界から」と題し、聖書で語られる「力・光・命」としての言葉について、ご自身の体験を交えながら優しくお話しくださった。

「ダバール」とは、ヘブライ語。「ことば」と訳されるそうだ。ラテン語における己を表現/主張するための「ことば」、ギリシャ語における思索/伝えるための「ことば」、そして日本語における言の端としての「ことば」、「ダバール」はそのいずれでもない。「ことば」を発する主体のありよう、そこに軸足をおく。

「ことば」を発する主体が豊かであたたかければ、その人の発する「ことば」は受け取る人を豊かにあたためる。主体-being-と主体が触れ合い、響き合う。そこに命、力、光が生まれる。その人の存在のありようから発せられる「ことば」、それが「ダバール」。

トリイ・ヘイデン著「檻のなかの子 憎悪にとらわれた少年の物語」を例に、ことばを発する主体の安定、豊かさ、誠実さについても説かれた。周りの世界が不安定で信じられないことから、魂の奥底に深い怒り、悲しみ、憎しみを抱え込んだ少年。ヘイデンがその彼を信じ、彼の痛みに共感し、誠実に忍耐強く関わりつづけることで、少年は少しずつ心を開いていく。真に共感してくれる人に出会えたとき、人は初めて孤立感から抜け出せる。共感から発せられることばは相手を支え、生かす。

「ことば」は主体の心のありようそのもの。主体の心のありようを載せている。
「ことば」は、力、光、命であるとする聖書の世界の『ことば』に対する意味づけは、「ことば」を発する主体の豊かさ、あたたかさを前提にしたもの、と結ばれた。

淡々と語られる、森司教様のお声、そのお話のありように共鳴し、知らず知らずのうちに、こちらのありようがあたたかく揺すぶられる。まさに、ダバールのあたたかい光をいただいた90分だった。

「ダバール、いいですね…」いつも隣のお席にいらっしゃる方と思わず笑顔でうなずき合った。元々の意味は「内側から吹き出してくる息吹き」。そんな歌が歌えたらいいな、と思う。
e0172134_22271509.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-11-09 22:41 | 講座/セミナー | Comments(0)

11月8日朝刊に掲載されました♫   

11月8日付毎日新聞朝刊に、「毎日メディアカフェ『知られざるハバネラの魅力』 」の記事が掲載されました。ご参加くださった皆様、お世話くださった毎日メディアカフェの皆様に、あらためてお礼申し上げます。

e0172134_10530061.jpg



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-11-08 11:03 | 講座/セミナー | Comments(0)

『知られざるハバネラの魅力』毎日メディアカフェ   

早いもので、アッと気が付くともう11月。今年も残すところ2ヶ月になりました。朝晩めっきり冷え込むようになりましたが、皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

先月末の30日、毎日メディアカフェ『知られざるハバネラの魅力』が終了しました。
e0172134_22555210.jpg
ハバネラの歴史、ハバネラの王様イラディエールの生涯、カルメン「恋は野の鳥」と元歌「エル・アレグリート」の関係、名曲、佳曲、様々に姿を変え、世界に広がったハバネラの魅力etc。合間に、ハバネラのリズム練習♫も交えて、楽しいひとときが過ぎました。
FaceBook「毎日メディアカフェ」に紹介された文章をHPでご紹介しています。

なんと!今回で4回目の登壇でした。スペイン歌曲というかなり珍しい?ジャンルを連続して採り上げてくださる毎日メディアカフェさんに、心から感謝です。スタッフの方々のサポートがまた熱く、温かい!当日会場には、いっぱいのお客様。リピーターの方々に加えて、今回初めてご参加の方も多く、後日嬉しいコメントが寄せられました。こうしてスペイン歌曲に触れてくださる方が少しずつでも増えてくれることを本当に嬉しく思います。

会場で9月リリースの新譜CD《スペイン浪漫》を販売。売り上げの一部を、北海道胆振東部地震に寄付させていただきました。お買い上げ、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
e0172134_23012539.jpg



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-11-02 23:12 | 講座/セミナー | Comments(0)

来週です!『知られざるハバネラの魅力』   

昨日10月25日は、ビゼー生誕180年の記念日でした(1838年10月25日~1875年6月3日)。ハバネラといえば『カルメン』、ハバネラ史上、決して忘れられない作曲家です。しかしそのカルメンのアリアにはスペインの元歌が…。

「ハバネラ」の源流、歴史、多彩な顔を探る「毎日メディアカフェ」
来週火曜日、10月30日開催です。入場無料。残席多少あり。今からでもお申込みOK。
お時間ある方、ぜひどうぞ。

毎日メディアカフェ知られざるハバネラの魅力
e0172134_00130785.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-10-26 10:13 | 講座/セミナー | Comments(0)

Mikikoさん 2018   

「めぐみさん、ただいま~!」バルセロナのMikikoさんがやって来た。いつも突然、地球の裏側からひょっこり現れる。「今、どこにいるの?」「日本よ~!東京に行くけど、会える?」「エッ!いつ?いつ?」こんな具合だ。

どこか気の利いたカフェでお茶でも、と考えていたら、午後3時という時間にもかかわらず、「お腹ペコペコなのよ」と言う。そんな時間でもOKのお寿司屋さんに入り、席に座るやいなや、まるで昨日の続きのように、弾丸お喋りが始まった。互いの近況、バルセロナ話、今読んでいる本、共通の知人の噂話(笑)etc。食べて、お喋りして、笑い、エールを送り合い…。彼女が次の予定に移動するまでの約3時間、楽しい時間がアッという間に過ぎた。

別れ際、「今回も会えてよかったわ」と私が呟くと、「何言ってるのよ。今回会えなければ、また次に会えるわ」とケラケラ笑っている。留学時代、公私ともにどれほど彼女に助けられたことか。帰国後も、私が少々くたびれ気味の時、なぜか突然彼女からの手紙や贈りものが届いて驚いたことが何度もある。 「バルセロナの風、送ります
彼女自身とんでもない波乱万丈の人生を送りながら、いつも起きることすべてを受け入れ、今在る幸せに感謝し、周囲の人を愛し、たくましく、自由に、心豊かに生きているMikikoさん。まさに、人生の芸術家だ。

「じゃあ、またね!」また明日会うような挨拶を交わし、ホームで電車を見送った。私よりずっと小柄な彼女だけれど、一緒にいると、地球が小さく感じられる。
ありがとう、Mikikoさん。またね!
e0172134_11254769.jpg

ビクトリア・デ・ロス・アンへレスは「ルンバ」が大好きだったらしい、との情報。
バルセロナで「ルンバ」といえば、やっぱりこれ。




***************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント




[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-10-24 23:18 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)