「声の力を学ぶ」連続講座 第7回   

元NHKアナウンサー、山根基世さんが主宰される連続講座『声の力を学ぶ』第7回を聴講させていただいた。
第1回」「第2回第3回」「第4回」「第5回 」「第6回

今回の講師は、テレビでもお馴染み、言語学者、杏林大学外国語学部教授、政策研究大学院大学客員教授の金田一秀穂先生。「言葉の声」と題し、言葉と声との関係、コミュニケーションにおける声の力について、幅広く、ユーモアたっぷりにお話しくださった。

AI時代を迎え、高度な翻訳機が登場し、いずれ外国語教師や通訳は不要になる、とも言われている。しかし機械が通じさせているのは「字幕」になっている部分。声の力こそがコミュニケーションの力になる。

記号としての言語は考えるための道具。20万年前に登場したホモ・サピエンスが肉体的に優位だったネアンデルタール人を越えられた、その鍵は、記号言語を獲得できたことだと推察される。生存するための強力な武器として記号言語を得た彼らは、知識を共有し、世界中で暮らせるようになった。「声」は、そのホモ・サピエンスの段階のものであるから普遍的に感動できる。外国語の歌で歌詞の意味が分からなくても歌に感動するのは何故か?朗々と響きわたるコーランの声に意味も分からないまま心震えるのは何故か?「声」こそが人の心を動かす。15万年間、我々はそうして生きてきた。

ここで、私は嬉しくなった。リサイタルやコンサートでスペイン歌曲をスペイン語で歌う。スペイン語が分かるお客様はごく少数だから、大半のお客様には歌詞の意味がダイレクトに伝わらない。歌詞大意をお渡しし、曲間にトークを入れ、と、出来る限りの努力をさせていただく。が、それでも歌の中身をそっくりそのままお伝えできるわけではない。この見えない壁をどうやって乗り越えるか…。いつの頃からか、その壁をひとつ上の次元で越えることが目標になった。言葉ウンヌンを越えたところで歌を、音楽を共有、共感する。そんな世界がきっとある、と。
なるほど!私が目指しているのは、ホモ・サピエンス的歌の境地だったのだ169.png

ご講演の最後には、日本語教育における「声」にも触れられた。日本語における「声」の価値は低い。書くことに拘る傾向が強く、話す、聞く教育が著しく遅れている。2010年の映画「英国王のスピーチ」のようなことは日本では考えられない。気持ちを通じさせるのは「声」を伴う話し言葉だ。母親が生まれたばかりの赤ちゃんに話しかける、その「いい声」は誰にでもあるもの。「声の力」をもっと知り、もっと大切にしよう、と結ばれた。

「声」の普遍性、「声」の力、歌い手の私も大いに勇気づけられるお話でした。元気が出ます。ありがとうございました!



***************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-10-11 23:08 | 講座/セミナー | Comments(0)

追悼 モンセラート・カバリェ   

スペインが生んだ世界的名ソプラノのひとり、モンセラート・カバリェが天に召された。
世界的なソプラノ歌手モンセラート・カバリエさん死去85歳



私が大学生の頃、すでに彼女は20世紀を代表する大ソプラノのひとりだった。学生定番のプッチーニ「私のお父さん」から数々の有名オペラ・アリアまで、ソプラノと称する歌い手であれば、誰もが一度は彼女の名唱を耳にしたことがあるだろう。

バルセロナ留学時代、リセウ大劇場で彼女が『トスカ』を歌うというので勇んでチケットを買った。しかし体調不良を理由に公演は中止になった。当時からしばしば健康面での不安が囁かれることがあったように記憶している。今回は胆のうの病ということで、先月から入院情報が流れていた。

カバリェといえば、もうひとつ忘れられないのがフレディ・マーキュリーとの共演による「Barcelona」だ。昨夜のスペインの報道のなかでも、あるサイトは、心に残る彼女の業績のトップにこの曲を挙げていた。フレディからのたっての希望で実現したというこのデュエットは、1992年のオリンピックとともに、「バルセロナ」の名をあらためて世界に知らしめた。フレディの死後、カバリェが長くこの曲を封印していたというエピソードにも心打たれる。

昨年の毎日メディアカフェ「歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ」の直前、バルセロナでテロが起きた。衝撃さめやらぬまま迎えたメディアカフェ本番、光り輝くモンジュイックの丘で「バルセロナ」を讃える二人のデュエットに胸が熱くなった。

稀有なる美声、稀有なる高音、揺るがぬテクニック、揺るがぬ歌唱。不世出の歌い手ながら、どこか気の良い笑顔の似合う女性だった。名アリアの名唱は数々あれど、ここでは、いくつかの珍しい動画をご紹介したい。

若きカバリエが歌う「マハと夜鶯」~グラナドス『ゴイエスカス』より


グラナドス「永遠の哀歌」

カレラスとの共演


ドミンゴとの共演


娘さんとの「猫の二重唱」


そして、「バルセロナ」


昨日「二つの鳥の歌 」のブログを書き終え、アップしようとしたところで、カバリェの訃報を知った。しかもそのニュースには、彼女がカタルーニャ音楽堂で「鳥の歌」を歌う動画が添えられていた。共時性?ふと不思議な気がする。

★こちらのサイトで、数々のオペラ舞台からプライベートまで、彼女の生涯を短くまとめた動画が見られます。「Montserrat Caballe

どうぞ安らかに。たくさんの歌をありがとうございました。



***************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-10-07 12:29 | スペイン歌曲 | Comments(0)

二つの「鳥の歌」~CD『スペイン浪漫』   

CD『スペイン浪漫』には、二つのバージョンの「鳥の歌」が収録されている。

カタルーニャ民謡「鳥の歌」は、国連でのカザルスの演奏をきっかけに、単にクリスマスの歌としてだけではなく、平和への祈りの象徴の曲として、世界中に知られるようになった。渾身の声を振り絞って「ピース!ピース!」と訴えるカザルス。2018年の今、この演説が行われた1971年当時より何かが危い気がするのは、私だけだろうか。。。


小さな歌い手の私にとっても、「鳥の歌」はずっと掛け替えのない存在だった。
バルセロナで初めてレッスンを受けた際、ついカザルスのイメージで朗々と?歌おうとすると、「メグミはソプラノ。カザルスのチェロの真似をしても何の意味もないい。メグミはメグミの「鳥の歌」を歌いなさい」と師に諭された。なるほど。歌うとはそういうことか…。大歌手のレコードを聴き、耳で覚えて必死に真似?をする…。日本でそんな勉強の仕方しか知らなかった私には、まさに目からうろこ、初めて「歌う」ことの本質を教えられた瞬間だった。

帰国以来、これまで26回のリサイタルすべての最後を「鳥の歌」で締めさせていただいた。えもいわれぬ憂いを秘めたメロディーは、舞台と客席の境を越え、歌い手である私とお客様の心をひとつにしてくれる。2010年には「鳥の歌づくし」のリサイタルを開催。ご好評をいただいた。「第20回リサイタル《鳥の歌》」「魂の鳥

今は無きカザルスホールでの客席で、背中を押してくれたのも「鳥の歌」だった。
忘れられないリサイタル

書き出せばキリがない。それほどに大切な「鳥の歌」だから、今回のCDでは、ぜひ私が歌っている二つのバージョン両方を収録したいと思った。1枚のディスクに二つのバージョンの同じ歌、というのは、なかなか珍しい。しかも「ライブCDリサイタル」らしく、カタルーニャの名曲が終わったところでひとつ、全プログラムの最後にひとつ、と並べてみた。ぜひ聴き較べをお楽しみいただきたい。
        
       『スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル
e0172134_17235270.jpg

ふと思い立ってこのブログを書き、ふと調べてみると、8年前の今日、2010年10月6日に、こんな投稿をしていた。人間の「ふと」の力は折々不思議だ。「鳥の歌 聴き較べ
このブログの中にあるハミング「鳥の歌」は、HPでお聴きになれます。
谷めぐみの部屋

CD収録のひとつめ、マヌエル・ガルシア・モランテ編「鳥の歌」
80年代のテレビ?でしょうか。音も映像もイマイチですが、歌はビクトリア・デ・ロス・アンへレス、ピアノは編曲者であるマヌエル・ガルシア・モランテ本人です。



***************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント




[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-10-06 17:40 | CD | Comments(0)

デザイン~CD『スペイン浪漫』   

新譜『スペイン浪漫』のジャケット・デザインが好評です。
e0172134_10565544.jpg

スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル

e0172134_23101143.jpg
いつも大まかなイメージを伝えるだけで、あとはお任せ。私の想いや願いをよくキャッチしてデザインしてくれます。HPに長年の彼の作品がありますので、ぜひご覧ください。『谷めぐみの部屋~Reciatales
実はVamosさん、デザイナーにしておくのはもったいない?美声の持ち主です。

****************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント




[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-28 23:00 | CD | Comments(0)

願い~CD『スペイン浪漫』   

先日発売のCD『スペイン浪漫』に込めた願いについて、書いてみたい。

スペイン歌曲は世に知られていない(涙)。長く歌い続けている私が言うのも癪だが、本当に知られていない。初めてお目にかかった方に自己紹介させていただくと、様々な反応が返ってくる。

「あら!お話しする声は高いのに、歌う時はあの野太い声になるんですか?」
⇒ フラメンコの歌い手と間違えている。
「谷さんって歌の方かと思っていたら、オレ!の踊りの方だったんですね」
⇒ フラメンコの踊り手と間違えている。
日本では、当のスペイン人も驚くほどフラメンコが盛んだ。故に仕方がないのだが、「スペイン…」と聞いただけで、大抵の方はまずフラメンコを連想される。もちろん私もフラメンコは大好きだ。一流の踊り手、歌い手の突き抜けたパフォーマンスには激しく魂を揺すぶられる。人間存在そのものを賭けた、まさにスペインならではの芸術だ。同じスペインに、この同じ「人間存在そのものを賭けた、スペインならではの芸術」としてのスペイン歌曲があるのだが、はてさて、その存在感のなんと希薄なことよ(涙)。

とりあえず、クラッシクの声楽の歌い手と理解してくださった方の多くには、こう尋ねられる。「あの…スペイン歌曲って、どんな曲があるんですか?」
もう一歩進んで(後退して?)「あの…スペイン歌曲って、なんですか?

濱田滋郎先生が「第26回リサイタル 」にお寄せくださったコメントにあるように、スペイン歌曲は「どれを聴いても同じようで、ローカルな面白さが売り物のジャンル」と、極めて単一化して受けとめられている節もある。大雑把にいえば「スペインって、ビバビバ!って感じ!」というところか。いつも底抜けに明るくビバビバ!あまり悩まずビバビバ!明日は明日の風が吹くビバビバ!etc。

もちろん、ビバビバ!も大いなるスペイン歌曲の魅力の一つだ。私自身、スペイン歌曲に出会うまで、自分がビバビバ!な要素がある人間とは知らなかった(笑)。しかしスペイン歌曲におけるビバビバ!、すなわち陽気さ、明るさの陰には、えもいわれぬ哀しみがある。哀しいから笑う、哀しいから弾ける…。相矛盾する心が、いつも共にある。まさに光と影のように。そして、同じく濱田先生が指摘されているように、「一度でもよく聴き込んでみるなら、そこには量り知れぬほど多用なヴァラエティが秘められている」。喜び、悲しみ、別れ、恋、情熱、嘆き、優しさ、祈り…。誰にでも覚えがある思い、人間の飾らない心情を、凛として、潔く、しかも端正に、豊かに表現するところに、スペイン歌曲の真髄がある。

よく言われる情熱!だけではなく、ビバビバ!だけでもない、スペイン歌曲の様々な顔を知っていただきたいと願い、選曲した。一般にスペイン歌曲を聴く機会は極めて少ない。このささやかなCDを通じて、その奥深い魅力の一端に触れていただければ嬉しい。

スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル

e0172134_16510775.jpg


[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-23 22:45 | CD | Comments(0)