願い~CD『スペイン浪漫』   

先日発売のCD『スペイン浪漫』に込めた願いについて、書いてみたい。

スペイン歌曲は世に知られていない(涙)。長く歌い続けている私が言うのも癪だが、本当に知られていない。初めてお目にかかった方に自己紹介させていただくと、様々な反応が返ってくる。

「あら!お話しする声は高いのに、歌う時はあの野太い声になるんですか?」
⇒ フラメンコの歌い手と間違えている。
「谷さんって歌の方かと思っていたら、オレ!の踊りの方だったんですね」
⇒ フラメンコの踊り手と間違えている。
日本では、当のスペイン人も驚くほどフラメンコが盛んだ。故に仕方がないのだが、「スペイン…」と聞いただけで、大抵の方はまずフラメンコを連想される。もちろん私もフラメンコは大好きだ。一流の踊り手、歌い手の突き抜けたパフォーマンスには激しく魂を揺すぶられる。人間存在そのものを賭けた、まさにスペインならではの芸術だ。同じスペインに、この同じ「人間存在そのものを賭けた、スペインならではの芸術」としてのスペイン歌曲があるのだが、はてさて、その存在感のなんと希薄なことよ(涙)。

とりあえず、クラッシクの声楽の歌い手と理解してくださった方の多くには、こう尋ねられる。「あの…スペイン歌曲って、どんな曲があるんですか?」
もう一歩進んで(後退して?)「あの…スペイン歌曲って、なんですか?

濱田滋郎先生が「第26回リサイタル 」にお寄せくださったコメントにあるように、スペイン歌曲は「どれを聴いても同じようで、ローカルな面白さが売り物のジャンル」と、極めて単一化して受けとめられている節もある。大雑把にいえば「スペインって、ビバビバ!って感じ!」というところか。いつも底抜けに明るくビバビバ!あまり悩まずビバビバ!明日は明日の風が吹くビバビバ!etc。

もちろん、ビバビバ!も大いなるスペイン歌曲の魅力の一つだ。私自身、スペイン歌曲に出会うまで、自分がビバビバ!な要素がある人間とは知らなかった(笑)。しかしスペイン歌曲におけるビバビバ!、すなわち陽気さ、明るさの陰には、えもいわれぬ哀しみがある。哀しいから笑う、哀しいから弾ける…。相矛盾する心が、いつも共にある。まさに光と影のように。そして、同じく濱田先生が指摘されているように、「一度でもよく聴き込んでみるなら、そこには量り知れぬほど多用なヴァラエティが秘められている」。喜び、悲しみ、別れ、恋、情熱、嘆き、優しさ、祈り…。誰にでも覚えがある思い、人間の飾らない心情を、凛として、潔く、しかも端正に、豊かに表現するところに、スペイン歌曲の真髄がある。

よく言われる情熱!だけではなく、ビバビバ!だけでもない、スペイン歌曲の様々な顔を知っていただきたいと願い、選曲した。一般にスペイン歌曲を聴く機会は極めて少ない。このささやかなCDを通じて、その奥深い魅力の一端に触れていただければ嬉しい。

スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル

e0172134_16510775.jpg


[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-23 22:45 | CD | Comments(0)

第27回リサイタルのお知らせ   

「今年のリサイタルのお知らせが届いていませんが…?」
「リサイタル、そろそろですよね?いつですか?」

新しいCD『スペイン浪漫』、10月30日登壇『毎日メディアカフェ』に併せて、次回リサイタルのお問い合わせを沢山いただいています。ありがとうございます!

次回、第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』は、
来春2019年5月19日(日)Hakuju Hallで開催します。チケットは年明け早々に発売開始予定。少々気の早いお知らせですが、ぜひ!今からご予定の上、ご来聴くださいませ。

それにしても、27回です。。。我ながらビックリ\(◎o◎)/!

今日は急に涼しく、どころか、寒くなりました。
皆様、どうぞお風邪など召されませんように。


スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル
第22回~第26回リサイタルから選曲、抜粋。
e0172134_10565544.jpg



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-21 17:00 | リサイタル | Comments(0)

新しいCDが出来ました♫   

新しいCD『谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル』が出来上がりました。
2018年9月19日発売です。
e0172134_10565544.jpg

古典アリア、グラナドス、モンポウ、ロドリーゴ、モンサルバーチェ、オブラドルス、ニン、ガルシア・モランテの作品、世界的人気オペラ《カルメン》の元歌〈エル・アレグリート〉、カタルーニャ民謡〈鳥の歌〉など、2013年から2017年のリサイタル音源から選曲、抜粋した多種多彩な20曲が収録されています。〈エル・アレグリート〉は演奏される機会も録音も極めて少ない、いわば歴史に埋もれた作品です。冒頭を聴けばすぐ分かる、その「そっくり度」をお楽しみください。いつもリサイタルの締めに歌わせていただいている〈鳥の歌〉は、まったく趣の異なる二つのバージョンを収録しました。

ぜひ皆様、ご一聴ください!
詳細、お申し込みはこちら ⇒ 谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル


e0172134_20581275.jpg





[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-18 21:18 | CD | Comments(0)

毎日メディアカフェ『知られざるハバネラの魅力』   

来たる10月30日(火)「毎日メディアカフェ」に4回目!の登壇をさせていただきます。
題して谷めぐみのスペイン歌曲~知られざるハバネラの魅力

ハバネラの歴史、隠れたエピソード、珍しい作品など、その魅力をたっぷり味わいます。会場は、MOTTAISAISTAION内「毎日メディアカフェ」(毎日新聞東京本社ビル)。
事前にお申込みされれば、どなたでも参加できます。ハバネラに揺れるひとときをご一緒しましょう♪ご参加をお待ちしています!

お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント
e0172134_21163271.jpg





[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-18 21:17 | 講座/セミナー | Comments(0)

「声の力を学ぶ」連続講座 第6回   

元NHKアナウンサー、山根基世さんが主宰される連続講座『声の力を学ぶ』第6回を聴講させていただいた。
第1回」「第2回第3回」「第4回」「第5回

今回の講師は、東京大学名誉教授、北海道大学名誉教授、東大高齢社会総合研究機構特任研究員の伊福部達先生 福祉工学のパイオニアとして、視覚や聴覚に障害がある人のための支援ツールの研究に長年携わって来られた。「聴くを助ける」「話すを助ける」「読むを助ける」をテーマに次々と画期的な機器を開発された、その経緯やご苦労、隠れたエピソード等々を、時間いっぱいユーモをふんだんに交えてお話しくださった。

聴覚の起源は、魚の横腹表面にある「側線器」という毛、一種の触覚センサーだそうだ。触覚と聴覚は密につながっているらしい。そう言えば、「柔らかい声」「硬い声」等、触った感じ⇒触感で声を形容することはよくある。「ビロードのような声」これも、ビロードに触れた時のあの独特の触感とゴージャス感を併せて形容している。似た布でも「べロアのような声」とは言わないし、着心地はよくても「木綿のような声」「麻のような声」は聞いたことがない。「冷たい声」「冷ややかな声」「ぬくもりのある声」「熱を帯びた声」「湿った声」「濡れた声」「温かみのある声」、「ねっとりした声」なんていうのもある。あらためて考えてみると、たしかに声の形容には「触ってみた感じ」の表現が沢山ある。そう言えば以前、私の声に対して、濱田滋郎先生が「声の熱さ」と表現してくださったことがあった。

伊福部達先生の別のお顔。
その1-先生はNHK緊急地震速報チャイム音の作曲者だった!
その2-先生は映画『ゴジラ』の音楽を作曲した伊福部昭氏の甥御さんだった!
緊急地震速報チャイム音作曲の際、叔父上の音楽を参考 にされたそうだ。とても大事だけれど、出来れば鳴ってほしくない、あの音…。

伊福部先生は道産子だ。今回の北海道胆振東部地震 の震源地にほど近い平取町のご出身。子どもの頃に聴いたアイヌ音楽が記憶に残っておられるそうだ。北海道のイントネーションたっぷりに語られるお話を聴きながら、一日も早い復興、復旧を祈らずにいられなかった。

「声」をキーワードに、幅広いジャンルの超スペシャリストがご講義くださるこの講座。歌い手の身にもとても勉強になる。貴重な機会に感謝!

「緊急地震速報」作曲の際、参考にされた曲
伊福部昭作曲「シンフォニア・タプカーラ」第3楽章


こんな「ゴジラ」は、いかがでしょう(^^)



[PR]

# by Megumi_Tani | 2018-09-13 23:47 | 講座/セミナー | Comments(0)