人気ブログランキング |

タグ:イラディエール ( 19 ) タグの人気記事   

エピローグ「ハバネラの時代」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。本日は、第2ステージ「ハバネラの時代」について。

****************************************

天を仰ぎ、神に懇願し、御子誕生の喜びを歌う。そんな第1ステージ「祈り 」から一転、第2ステージは19世紀スペインの下町へ。
この大胆な(笑)転換に選んだ曲は、アルバレス作曲「黒い瞳」。リズム、メロディー、スタイル、すべてが、ザ・スペイン!所謂ステレオタイプ的スペインの王道を行っている。百の薀蓄、説明より聴くのが一番!「あ!別のステージが始まった!」と、お客様は感じてくださるだろう。この曲、前奏が長い。お客様に舞台の転換をより感じていただくために前奏の時間を使えるのでは?と閃き、ほんのちょっぴりだけれど衣装を変えることにした。ピアノの浦壁さん、Hakuju Hallの舞台監督さんとワイワイ楽しくリハーサル。
本番、早変わり無事成功しました(^_-)-☆

2曲めのアルバレス「嫉妬」は、同じハバネラでも、どこか典雅な風情。このリズムが古くは鄙びたダンス音楽だったことを思い出させる。胸にうずく嫉妬の虫を何とかして~!と愚痴り、甘え、叫ぶ歌。恋をした人なら誰にでも覚えのある内容だ。3曲め、イラディエール作曲「エル・アレグリート」は、取り組んでかれこれ5年、リサイタルで歌うのは3回目、昨秋リリースしたCD「スペイン浪漫」にも収録。「カルメンの元歌ですね」と、お客様にお馴染みの曲になった。オペラ畑の方にも興味を持っていただけるのが嬉しい。そして締めは、世界に誇るハバネラの名歌「ラ・パロマ」。この曲、今回はこれまでにも増して人気でした。大好きな曲!歌っている私も癒されます。

ハバネラの王様イラディエール生誕210年に捧げた第2ステージ。天上のマエストロは喜んでくださっているかしら?


e0172134_23251582.jpg









by Megumi_Tani | 2019-05-27 23:26 | リサイタル | Comments(0)

519♪ ラ・パロマ   

スペイン浪漫Ⅳ』第2ステージ「ハバネラの時代」を締めくくるのは、イラディエールの最高傑作「La paloma~ラ・パロマ」。既述の「エル・アレグリート」のような添え書きは一切不要。19世紀半ばからずっと世界で愛されているハバネラの名曲だ。

ハバナの港を去る船乗りが、たったひとり見送りに来た娘に「俺を忘れないでおくれ」と歌う別れ歌。しかしその曲調のなんと長閑で愛おしいことよ!ゆったりと揺れるリズム:ハバネラに導かれ、21世紀に生きる私達の心は、いつのまにかセピア色に霞む古き佳き時代、19世紀に旅をする。ハバナよ、ハバネラよ、お前を忘れはしない、と歌の主人公の船乗りよろしく、思わず呟いてしまう。。。

クラシックとポピュラー、その境界を自由自在に行き来する何ともチャーミングな歌。
世界的大ヒット曲らしく、歌のほかにも様々な楽器による演奏で愛されてきた。






「光と影」「生と死」「黒と赤」…凛とした対照の妙が魅力のスペイン。
第1ステージから第2ステージは、真摯な祈りから熱く粋な恋歌へ。「聖と俗」のコントラストをお楽しみいただきたい。

第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
チケット好評発売中!
詳細は、HPをご覧ください⇒『スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています♪
e0172134_21261385.jpg



by Megumi_Tani | 2019-03-03 21:31 | リサイタル | Comments(0)

519♪ カルメンの元歌   

《カルメン「恋は野の鳥」の元歌》
セバスティアン・イラディエール作曲「エル・アレグリート」を語る時、この添え書きは外せない。元歌って??と思われた方も、冒頭のメロディーをひと聴きすれば、そのあまりのそっくり度に仰天されるだろう。



19世紀半ば、演奏旅行でキューバを訪れたイラディエールは「ハバネラ」に夢中になり、このリズムによる歌曲を沢山書いた。先日のブログでご紹介したように、「異国情緒豊かなハバネラ」は、いつの間にか「異国情緒豊かな国スペインの音楽」となり、スペイン国内よりも国外で人気を博した。ハバネラの帝王として売れっ子になったイラディエールの作品は、当然、お隣りの国フランスの都パリでも繰り返し流れていたに違いない。そのなかの一曲「エル・アレグリート」をスペインの民謡?俗謡?と思い込み、その旋律を生かし、超一流のアリアに仕立てたのが、ジョルジュ・ビゼーだ。

イラディエールの旋律によるインスピレーションが無ければ、名アリア「恋は野の鳥」は生まれなかった。しかし一方、天才ビゼーの手にかからなければ、この半音ずつずり下がるコケティッシュなメロディーは、どこぞの街角で束の間流行り、やがて忘れ去られていただろう。「カルメンの元歌」の添え書き付きで、細々と、かろうじて生き長らえている「エル・アレグリート」に、イラディエールは苦笑しているだろうか?

他愛もない恋の駆け引きを歌う「エル・アレグリート」。歌詞は、男女の掛け合いになっている。絵的には、こんな感じ。

これを、一人二役で歌うことになる。ああでもない、こうでもないと、誘ったり、誘われたり、信じる、と言ったり、信じられない、と言ったり…。

一念発起して取り組んで約5年。私の中でヨチヨチ歩きだった「エル・アレグリート」がお年頃?に成長した感がある。歌は生きものであること、どんな作品でも丁寧に育てることの大切さを、あらためて実感する。

イラディエール生誕210年。天上のマエストロに捧げて、2019年の「エル・アレグリート」を歌ってみたい。

第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
チケット好評発売中!
詳細は、HPをご覧ください⇒『スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています♪

同じ掛け合いでも、こちらはMuy Cuba!


by Megumi_Tani | 2019-02-27 22:32 | リサイタル | Comments(0)

来週です!『知られざるハバネラの魅力』   

昨日10月25日は、ビゼー生誕180年の記念日でした(1838年10月25日~1875年6月3日)。ハバネラといえば『カルメン』、ハバネラ史上、決して忘れられない作曲家です。しかしそのカルメンのアリアにはスペインの元歌が…。

「ハバネラ」の源流、歴史、多彩な顔を探る「毎日メディアカフェ」
来週火曜日、10月30日開催です。入場無料。残席多少あり。今からでもお申込みOK。
お時間ある方、ぜひどうぞ。

毎日メディアカフェ知られざるハバネラの魅力
e0172134_00130785.jpg

by Megumi_Tani | 2018-10-26 10:13 | 講座/セミナー | Comments(0)

スペインと『カルメン』   

オペラ・キュレーター井内美香さんが主催されているオペラ勉強会『みんなでオペラ』に参加させていただいた。テーマは「カルメン」。二年前に続く二度目の登場だ。さすが人気オペラ!一度目の様子⇒「カルメン勉強会

今回は、フランスオペラにおける『カルメン』という視点で、歴史、内容、ビゼーの他の作品について等々を分かり易くお話くださった。井内さんお手製の♥入り登場人物相関図も楽しい!『美しきパースの娘』の緊張感溢れるシーン、二つのバージョンの『カルメン』のいずれ劣らぬ奔放且つ鬼気迫るシーン、誠に見応えがある。音で描く鮮烈なドラマ、艶やかな色彩、激しく衝突する人間の性…。天才ビゼーの、まさに天才ぶりをあらためて実感した。

『美しきパースの娘』は、この曲で有名です。


昨日視聴した『カルメン』のひとつ。フィナーレ

そこで、あらためて考えさせられた。スペインにとって、『カルメン』とは何なのだろう?と。

このオペラが書かれた19世紀半ば、音楽界では「スペイン」が大流行していた。異郷スペイン、魅惑の国スペイン、光と影の国スペイン…。リスト、ラロ、シャブリエ、リムスキー・コルサコフetc。ヨーロッパやロシアの名立たる音楽家達がこぞって「スペイン風」の作品を発表、その筆頭に挙げられるのが『カルメン』だろう。

カルメンは、ヒターナ(gitana):ロマの女だ。セビーリャを舞台にした、魔性のロマの女と実直なバスク男とのドラマティックな恋愛悲劇。しかし、カルメンがロマだということはあまり認識されず、スペイン人女性は皆カルメン、とでもいうようなある種ステレオタイプ的イメージが出来上がっている。日本人女性が皆、お蝶夫人ではないように、スペイン人女性が皆、魔性の女カルメンであるはずがない。井内さんも挙げておられたが、『マノン・レスコー』『サロメ』はたまた『痴人の愛』等々、洋の東西を問わず、魔性の女は存在する。

更に、オペラには、ロマの仲間達、占い、酒場、闘牛士、誘惑、恋、裏切り、嫉妬、殺人etc、何とも怪しげな要素が、これでもかこれでもかと盛り込まれている。観客は否応なしに妖しくも謎めいた魅惑の国スペインに誘われる仕掛けだ。

フランス人による、つまり外国人による原作、台本、作曲だからこそ、ここまで極端な作品が出来たのかもしれない。しかもその作品の出来が超一流と来たから、たまったものではない。オペラ『カルメン』を通した「スペイン像」「スペイン女像」がすっかり世に定着してしまった。

その『カルメン』を貫く情熱はそのままに、その凛々しさもそのままに、人間の喜怒哀楽を真っ直ぐに歌うスペイン歌曲の世界がある。決して極端な何かではない、市井の人誰もが心に知る想い(喜び、哀しみ、嘆き、憧れ、諦め、願い、祈りetc )を飾らず、潔く、しかも端正に歌う。その存在は、艶やかな大輪の華オペラ『カルメン』を前にするといかにも小さく儚いが、だからこそ大切にお伝えしたいと、あらためて強く願う。

冠婚葬祭の時にしか会わない遠い親戚?(笑)のようだった『カルメン』をグッと身近に感じさせてくれたのが、ここ数年取り組んできたイラディエール作曲「エル・アレグリート」だ。新しいCD「スペイン浪漫」にも収録されている。ぜひお聴きいただきたい。

10月30日開催「毎日メディアカフェ」でも、この歌のお話をします。

***************************************

お申込み受付中!
10月30日(火)午後6時30分
どなたでも参加できます。入場無料・要事前お申込み
お申し込みはこちら ⇒ 2018年10月30日のイベント

e0172134_00154595.jpg


by Megumi_Tani | 2018-10-21 00:39 | Musica あれこれ | Comments(0)

〈エル・アレグリート〉考   

このブログでも何度か登場した、セバスティアン・イラディエール作曲〈El arreglito~エル・アレグリート〉という作品がある。ジョルジュ・ビゼー作曲オペラ《カルメン》の有名なハバネラの元歌とされる歌曲だ。
Programa ご案内「エル・アレグリート」
1119♪ カルメン〈恋は野の鳥〉の元歌です

昨日放送されたNHK-FM『オペラ・ファンタスティカ』のなかで、《カルメン》と〈エル・アレグリート〉について、オペラ研究家の岸純信先生が詳しくご紹介くださった。
世界的大人気オペラ《カルメン》に関する情報は溢れているが、併せて〈エル・アレグリート〉が採り上げられる機会は極めて少ない。貴重な番組だった。

《カルメン》やビゼーについては、岸先生のご著書「オペラは手ごわい」もぜひどうぞ。

作曲家、ピアニストとして名を成したイラディエールはパリへ行き、ナポレオン三世皇后の音楽教師にまで昇りつめた。スペインからやってきた人気音楽家ということで、社交界にも出入りし、ロッシーニやメリメとも交流があった。よもや後に、メリメ原作のオペラにイラディエール作曲の旋律が使われることになろうとは!

ビゼーはピレネーを越えたスペインの、それもフランスにほど近いバルセロナや首都マドリードではなく、ずっと南のセビーリャに思いを馳せて《カルメン》を作曲した。イラディエールは旅したキューバが忘れられず、かの地のリズム:ハバネラによる歌曲を山ほど書いた。そういえば、メキシコ人作曲家アウグスティン・ララが一度もスペインへ渡ったことがないまま〈グラナダ〉を作曲した話は有名だ。グラナダ!我が夢の大地よ!と声高らかに歌い上げるあの曲は、ララ本人の夢そのものだったというわけだ。

遥かなる地への憧れ。それは、人の心を突き動かす大いなるエネルギーのひとつなのかもしれない。

〈エル・アレグリート〉素朴なかけあい版

〈エル・アレグリート〉子ども用版 歌詞無し

三大テノールとなっていますが、なぜかドミンゴがひとりで歌っています。

*******************************************************************************************************

夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』

****************************************************************:**************************************


by Megumi_Tani | 2018-06-23 23:11 | スペイン歌曲 | Comments(0)

『ときめきのハバネラ』その2   

スペイン歌曲セミナー@セルバンテス文化センター『ときめきのハバネラ』第2回が終了した。今回はPCも絶好調(^^)V スペイン歌曲の歴史、時代背景を追いながら、スクリーンいっぱいに映しだされる動画とともに、多彩なハバネラの魅力をご堪能いただいた。
e0172134_16174640.jpg
スペイン歌曲を歌い始めたごく初期の頃から、ハバネラに心惹かれて来た。世界に冠たるソプラノ、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが歌うチャーミングな「ラ・パロマ」を聴いた時の驚きは忘れられない。甘い郷愁、安らぎ、癒し…。しかし、ただ単に癒し系というだけではない。ハバネラは懐が深い。時に妖しい魔力、えもいわれぬスリルをも演出する。理屈、理論を越え、クラシックとポピュラーの境を越え、どこまでも自然に心揺らすリズム、ハバネラ。だからこそ、易きに流れない、上質の演奏が求められる。これはハバネラのみならず、スペイン歌曲全体に共通する重要なポイントだろう。

各々お忙しいなか時間を空け、熱心にご受講くださった皆さん。これを機にスペイン歌曲の世界により深い興味をお持ちいただければ、こんなに嬉しいことはない。



いまや「ハバネラ」と言えばこれ。
偶然!セミナー開講日の3月16日は、ベルガンサ83歳の誕生日。


ラヴェル「ハバネラ形式のボカリーズ」

モンサルバージェ「ピアノの中のキューバ」
4分20秒付近から~


上記Youtubeのほかにも、新旧取り混ぜた多種多様なハバネラを楽しみました。ハバネラ尽くしでもちっとも飽きないのが不思議!なかには「今夜はいい夢を見られそうです」と、お声をかけてくださった受講生さんも…!ときめきのハバネラ ⇒ ハバネラといえばイラディエール ⇒ イラディエールといえば「ラ・パロマ」。でも、カルメン「恋は野の鳥」の生みの親である「エル・アレグリート」や他の歌曲作品は、ほとんど知られていません。
今回まとめてご紹介させていただいて、天上のイラディエールさん、喜んでくれているかしら…?!
e0172134_16260252.jpg

by Megumi_Tani | 2018-03-17 16:41 | 講座/セミナー | Comments(0)

『ときめきのハバネラ』その1   

春期セミナー『ときめきのハバネラ』@セルバンテス文化センター2回セットの1回めが終了しました。熱心な常連の受講者さんに加えて、今回はご夫妻でご参加くださった方も!「申し込み、間に合いました!」と、開始時間ギリギリに駆けつけてくださった方もいました。

第1回のテーマは、ずばり!イラディーエル。その発端は、コロンブスの新大陸遭遇にまで遡るハバネラの歴史。「Llave del Nuevo Mundo」と呼ばれるほど繁栄したハバナ。様々な運命を背負って大西洋を行き交った人々…。19世紀初めに生まれ、パリで人気者になり、音楽家として脂の乗り切った時期にキューバへ渡ったイラディエールは、まさに出会うべくしてハバネラに出会い、その魅力に心奪われたのかもしれません。

講座の途中で、PCアクシデント発生(>_<) しかししかし皆さん、集中を切らすことなく、最後まで熱心にご受講くださいました。「ハバネラだけでこんなに世界が広がることに驚きました」「背景が分かると、聴く感じがずい分変わります」等々のご感想。嬉しい限りです。次回は3月16日。この回だけのご受講も大歓迎!です。


2018年3月2日3月16日開講 ハバネラの魅力全開の講座です。お申込み受付中!
*************************************

春期セミナー ときめきのハバネラ
@セルバンテス文化センター

*************************************

e0172134_17282539.jpg

古き佳き時代を髣髴とさせる「ラ・パロマ」


魅惑のキューバ「エル・アレグリート」


by Megumi_Tani | 2018-03-03 17:37 | 講座/セミナー | Comments(0)

これもハバネラ(1)   

3月2日&16日開講のセミナー《ときめきのハバネラ》に向けて、あれこれハバネラを探索している。これがなかなか面白い。

折も折、今日は偶然フェイスブックで、名メゾ・ソプラノ、エリーナ・ガランチャの投稿を見つけた。「これが私の大好きなカルメンです!」とのコメント付きで、映画《カルメン》をアップしている。

1984年映画《カルメン》よりハバネラ〈恋は野の鳥〉


カルメンを歌っているのは、ミュージカル出身のソプラノ、ジュリア・ミゲネス=ジョンソン。映画ならではの臨場感で、カルメンという女のリアリティーが際立つ作品だった。フィナーレ、赤の晴れ着でおめかししたカルメンがいかにも野暮ったい。晴れ着など似合わない、その滑稽なほど哀しい本質を暗示していたような気がする。



こちらは、エリーナ・ガランチャが歌うハバネラ〈恋は野の鳥〉


それにしても、あのどこか長閑なハバネラ〈エル・アレグリート〉を、こんな鋭利なナイフのごとき妖艶なハバネラに変身させてしまうのだから……ビゼーはすごい!

見方を変えれば、ハバネラは、それだけキャパが広い、ともいえる。ターンタタッタッ♪と揺れるリズムは変幻自在。長閑にも、妖艶にも、優しくも、哀しくも、気怠くも、もの憂げにもなれるのだ。

さて、本日ご紹介するハバネラは、こちら。
この曲がハバネラだってこと、皆さん、気付いていらっしゃいましたか?




2018年3月2日3月16日開講 ハバネラの魅力全開の講座です。お申込み受付中!
*************************************

春期セミナー ときめきのハバネラ
@セルバンテス文化センター

*************************************



こちらは、今日のオマケ。
ジャニス・イアンといえば、この曲です。



by Megumi_Tani | 2018-02-12 00:24 | 講座/セミナー | Comments(0)

19世紀の華   

オペラ・キュレーター井内美香さんが主催される勉強会:みんなでオペラ《ホフマン物語》に参加させていただいた。一昨年暮れの《カルメン》同様、オペラファン&井内ファンの方々が集まり、和気あいあい。皆さん、メモを取りながら、熱心に耳を傾けられていた。推薦図書として、以前このブログでも採り上げた岸純信著『オペラは手ごわい』が紹介され、井内さんセレクトのDVDを視聴。おかげ様で私も、この構成が少々ややこしいオペラの全体像や、そもそも何故ややこしくなったか、という理由等々を学ばせていただいた。



カステラ一番、電話は2番~♪で有名な?《天国と地獄》をはじめ、オッフェンバックが作曲した沢山のオペレッタには、かなり鋭い風刺やブラックユーモアの類が散りばめられていたという。お芝居と歌とダンス、そして最後はお約束の大団円。人々は肩の凝らない、それでいて思わずニヤリとする捻りのきいた陽気な作品を楽しんだ。その辺りは、スペインのサルスエラと事情が似ているかもしれない。同じ歌い手でも、オペラや歌曲の歌い手とオペレッタやサルスエラの歌い手では、基本的に求められるスキルの内容、質が違う。

オッフェンバックのオペレッタ《パリの生活》


それにしても、あらためて感じるのは、19世紀パリの文化的成熟度の高さだ。今回のテーマのオッフェンバックのほかにも、キラ星のごとき作曲家達が我こそは!と腕を競い、名作オペラを生み出した。では、オペレッタとサルスエラの例同様、この時期のスペインで名作オペラが生まれたか?というと…残念ながら、答えはNOだ。名作オペラどころか、この時代、スペインの音楽は得意の?シエスタに入っていたのかもしれない。ヨーロッパ各国の音楽家がエキゾチックなスペインに憧れ、その魅力を盛り込んだ作品を次々と発表していたのに、肝腎のスペインでは為す術もなく時が過ぎていた。ペドレル先生が現れ、アルベニスやグラナドスやファリャがスペイン音楽のために奔走するのは、19世紀もいよいよ終ろうとする頃だ。そんな彼らも、若き日は芸術の都パリに憧れ、パリで学んだ。

さてさて、19世紀スペイン音楽は寂しいわねぇ…などとションボリしている場合ではない。19世紀半ば、ちょうどこの寂しい時期に、スペインから生まれた世界的大ヒット曲、それがイラディエール 作曲〈ラ・パロマ〉だ。陽気なくせにどこかもの憂げ、酸いも甘いもかみ分けたような気怠くゆる~いハバネラのリズムが人々を魅了した。思えば、長調の曲なのにどこか漂う哀愁は、当時の、そして今も変わらぬ、スペインの ”寂しさ” なのかもしれない。


2018年3月開講 ハバネラの魅力全開の講座です。お申込み受付中!
*************************************

春期セミナー ときめきのハバネラ
@セルバンテス文化センター

*************************************

今日の〈ラ・パロマ〉

by Megumi_Tani | 2018-02-07 00:32 | Musica あれこれ | Comments(0)