人気ブログランキング |

タグ:カザルス ( 21 ) タグの人気記事   

蘇る、カザルスホールのこと   

連日報道されている何とも歯がゆく腹立たしいアメフト関連のニュースに、ふとカザルスホールのことが蘇ったのは私だけだろうか…。

カザルスホールは1987年、主婦の友社が出資するお茶の水スクエアA館 内に、日本初の室内楽専用ホールとして完成した。「カザルス」の名を冠すことをカザルス夫人・マルタ氏に許され、開演チャイムにはあの「鳥の歌」を採用、1997年には開館10周年を記念してバロック式パイプオルガンを設置、様々な企画とともに、数多くの名演奏会が繰り広げられた。

2003年、お茶の水スクエアは主婦の友社から日本大学に売却され、ホール名も「日本大学カザルスホール」と改称された。

個人的に忘れられない思い出が二つある。ひとつは、1990年に実現したビクトリア・デ・ロス・アンへレスと師マヌエル・ガルシア・モランテの来日公演。そしてもうひとつは、2007年10月10日開催の私自身の第17回リサイタルだ。
カザルスホールのこと

2009年、突然、ホールの閉館が発表された。ラジオから流れてきたニュースに驚愕、思わずドアにしがみついた記憶がある。そんな馬鹿な…。マルタ夫人を始めとするスペイン側の関係者はこのとことを知っているのだろうか…。あのパイプオルガンはどうなるのだろう…。跡地に関しては様々な憶測、噂が聞こえて来た。病院になるらしい?オルガンごと建物を壊すらしい?etc。呆然、愕然、憤慨、情けなさ、やり切れなさ…。

そして2010年3月31日、カザルスの名を冠した誇り高きホールは、本当にその歴史を閉じてしまった。何が何だかよく分からないまま…。

お茶の水駅から徒歩5、6分。キャパはたしか450~500席。よく響くホールだった。17回リサイタルのオープニングは、舞台の袖から、姿を見せず、ア・カペラで「鳥の歌」をハミングした。それでも客席の隅々まで声が届いた。建物は、今もあのまま虚しく残っているらしい。哀しすぎる。

第17回リサイタル@カザルスホールのライブCD
(ごめんなさい。完売しています)
e0172134_20504133.jpg
e0172134_20511153.jpg

*******************************************************************************************************
夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』セルバンテス文化センター
受講お申込み受付中!詳細はこちら⇒ 『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』
****************************************************************:**************************************


by Megumi_Tani | 2018-05-27 21:15 | スペイン音楽 | Comments(0)

カザルスはこんな人   

2月3日(金)開催、日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリアにて、カタルーニャから生まれた名歌曲の数々をご紹介する。

言わずと知れたチェロの巨匠パウ・カザルス。平和を祈り、理想を掲げ、強く真っ直ぐに生きた信念の人。あのあまりにも有名な国連でのコンサートをご記憶の方は多いと思う。明日1月20日はアメリカ大統領就任式。もしもカザルスが生きていたら、今の世界に、何を語るのだろう。。。
RTVE制作ドキュメント「Pau Casals y la paz - 2011 (Imprescindibles)」

カザルスは偉大なチェロ奏者であるとともに、指揮者、作曲家でもあった。ピアノの腕前もなかなかだったらしく、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの伴奏をしたライブ録音が残されている。



歌曲作品の中から「Adios…!」を昨年の第25回リサイタルで演奏した。日本初演!嬉しいことに大好評をいただいた。作品に触れると、強靱な精神の持ち主カザルスが、実は、極めてナイーブな、超のつくロマンティストだったことが分かる。強いから弱くもなれる、弱さを知るから強さの意味も分かるのだ、きっと。合唱曲では、モンセラート修道院の聖歌隊に贈られた作品が美しい。
テルトゥーリアをお楽しみに060.gif
e0172134_21232519.jpg

日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリア 2月3日(金)18時30分開演
会場、お申し込み方法など、詳細はこちら ⇒ 『カタルーニャから生まれた名歌曲』


by Megumi_Tani | 2017-01-19 23:32 | スペイン歌曲 | Comments(0)

2016年夏に思うこと   

今年は9月19日にリサイタル『スペイン浪漫Ⅱ』が控えているため、夏休み返上。リオ・オリンピックを横目に見ながら、日々諸々に追われている。今日午前中の女子卓球団体戦は残念だった。激戦の末、二勝二敗で迎えた第5戦。本当にギリギリの最後の場面で不運のエッジボール。愛ちゃんがしばしコートに立ちつくしていた…。今大会、彼女の戦いぶり、そしてお姉さんぶりが何ともいい。明後日の三位決定戦、頑張れ三選手!

卓球にはちょっぴり思い入れがある。中学の時、夢中になっていた。地方予選を勝ち抜き、全北海道大会まで勝ち進んだっけ。得意技は、魔球サーブ!(笑)懐かしいなぁ。
秘かに保存してあった当時のラケット今はほとんど使われないペンホルダーです。
e0172134_23122634.jpg


それにしても、どの選手も試合直後のインタビューに皆、堂々と、立派なコメントをする。インタビューアーのかなり無知&無礼&無神経&不躾な質問にも、めげず、負けず、答えている。周囲への感謝あり、自己分析あり、先への抱負あり…。この応対も任務と教えられ、鍛えられ、割り切っているのだろうか?そういえば、今回のオリンピックでは、これまでより「逆転」が多いような気がする。諦めない、引っくり返す、精神力。年月の流れのなかで、選手のメンタルの在り様も変化しているのかもしれない。

メンタルの在り様の変化、これが、よき方向に発揮されることを願う。今日8月15日。私は戦争をまったく知らない世代だが、そんな私でも、昨今は何か嫌な気配を感じている。

あの「前畑ガンバレ!」で有名なベルリン・オリンピックは、一度は1916年に開催が決まっていたが、第一次世界大戦のために中止になり、1936年に改めて開かれたものだった。

この1916年という年は、グラナドスが亡くなった年だ。第一次世界大戦さえなければ、彼のオペラ『ゴイエスカス』は、パリで初演されるはずだった。戦時下のヨーロッパではオペラどころではなく、その事情を知ったニューヨーク・メトロポリタン歌劇場が初演を引き受けてくれたのだ。初演に立ち会うため、大嫌いな船に乗ってアメリカへ渡ったグラナドス。しかし帰路の船がドイツ潜航艇の無差別攻撃を受け、命を落とした。ロマンティストとしての個性が語られることの多いグラナドスだが、世界史の視点から考えれば、明らかに戦争の犠牲者だ。

仕切り直しとなった1936年ベルリン・オリンピックの陰に、バルセロナで計画され、直前に中止された幻のオリンピックがあったことは、日本ではあまり知られていない。前夜祭に演奏する「第九」のリハーサル中だったカザルスは、オリンピック急きょ中止の報を受け、「次にまたいつ会えるか分からない。最後まで通して別れよう」と、あの有名な合唱付きの四楽章までを全員で演奏したという。信念の人、反骨の人、カザルス。しかし彼の歌曲作品からは、時に、超ロマンティスト・グラナドスをも上回るほどの?メランコリックかつロマンティックな性格が垣間見える。リサイタルで歌う「さようなら…!」の音を初めて出した時は、その切なさ、やるせなさに、驚いた。強靱な精神の持ち主は、一方で、繊細で感じやすい心の持ち主でもあったことを伝えてくれる。

個人のレベルでも一旦何かが起きれば、オリンピック観戦どころではない。ましてや、個人の力ではどうしようもない何かが起きた時には…。こうして、朝から晩までオリンピック、オリンピックと騒ぐことが許される、その平和の尊さを知らなければ、と、思う。

第25回リサイタルスペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ
ご来聴をお待ちしています060.gif

これはお宝!カザルスが奏でるグラナドス「スペイン舞曲第5番アンダルーサ」

by Megumi_Tani | 2016-08-15 21:25 | リサイタル | Comments(0)

カザルス作曲『さようなら…!』   

1916年3月11日。ニューヨークの港には、帰国するグラナドス夫妻を見送りに、カザルス、クライスラー、パデレフスキーら大勢の音楽家が集まっていた。

1月26日、メトロポリタン歌劇場で初演されたグラナドス作曲『ゴイエスカス』は大成功を収めた。憧れのゴヤの世界を音で描いたオペラ、ヨーロッパの浪漫、暗い宿命と粋な風情に彩られたマハとマホの恋物語がニューヨークで受け入れられたのだ。世に思われがちな「スペイン」とはおよそ趣きを異にする音楽。期待外れと批判される危惧もあった。しかし、音楽とは己の内奥から湧き上がるもの。その信念のもと、自身の最高傑作と確信した『ゴイエスカス』が人々に支持されたのだ。グラナドスは幸福だった。

彼の名声はいやがうえにも高まり、急きょホワイトハウスに招かれることが決まった。帰国の船はすでに予約してあったが、グラナドスはやむなく帰国を延期、予定の船をキャンセルした。

そんな思いもがけない慶事も含め、数々の祝賀レセプションや仕事を終えて、今やっと船に乗り込もうとしている。バルセロナを出発したのは前年の暮れだ。クリスマスも東方の三博士の日も留守だった。幼い子ども達は両親の帰りを首を長くして待っているに違いない。「今、英仏海峡を渡るのは危険だ」と忠告してくれる人もあったが、もうこれ以上、帰国を延ばす気にはなれなかった。

港に集まった仲間たちと挨拶を交わす。ニューヨークでのグラナドスの成功を、皆、我が事のように喜んでくれている。なかでも郷友、カザルスは格別だ。彼はメトロポリタン歌劇場でのリハーサルから本番まで、助手として、友として、ずっとグラナドスの傍らにいた。「次はバルセロナで会おう!」故郷での再会を約束する二人。鳴り響くドラ、ゆっくりと港を出る船、互いに大きく手を振りあうグラナドスと友人達…。

1916年3月11日。ニューヨークの港で繰り広げられたであろう光景が、あたかもこの目で見たかのようにくっきりと心に浮かぶ。グラナドスの訃報を知ったカザルスは、『ゴイエスカス』が大成功を収めた、その同じメトロポリタン歌劇場で、グラナドスの遺児達のためのチャリティーコンサートを企画。賛同する多くの音楽家が駆けつけた。照明が落とされた舞台、ピアノの上の燭台にロウソクが灯され、パデレフスキーがショパンの「葬送行進曲」を捧げたという。

リサイタル『スペイン浪漫Ⅱ』で、カザルス作曲『さようなら…!』を歌う。この悲劇が起きるずっと前、カザルス20歳の作品だが、あまりにもダイレクトな、このタイトルに胸を衝かれた。20歳といえば、ちょうどカザルスとグラナドスが出会った頃だろうか。

どうやら日本初演である。日本のスペイン音楽の父、濱田滋郎先生もご存じなかった。何でもあり?のYoutubeにも見当たらない。ひっそり楽譜に埋もれた曲ならば、グラナドス没後100年の今年、郷友二人の厚き友情に憧憬を捧げ、歌ってみたい。

ご来聴をお待ちしています060.gif
スペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ

グラナドス最後の作品 『間奏曲~ゴイエスカスより』

by Megumi_Tani | 2016-06-11 23:06 | リサイタル | Comments(0)

Programa ご案内~「母なるマリアに」   

先日開催の「毎日メディアカフェ」に向けて、大まかなスペイン歌曲年表を作成してみた。私がレパートリーにしている一番古い歌は「バラのなかのバラ」。13世紀「聖母マリア頌歌集」の中の一曲だ。13世紀といえば、日本では鎌倉時代。遠い遠い時代のスペインの歌が心の奥にごく自然に響くことに、あらためて感慨を覚える。

10月17日開催のリサイタル『スペイン わが心の歌』のオープニングには、「モンセラートの朱い本」から「母なるマリアに」を歌う。奇岩におおわれたカタルーニャ地方の聖地モンセラート。この地の修道院に伝わる13~14世紀の宗教歌だ。静かに厳かにマリア様を讃える歌だが、その旋律は、中世独特の浮揚感を以て我々の心を天空に誘う。なぜか、この修道院のマリア様は肌が黒い。お参りしてマリア様に触れると、願いが叶うという。
e0172134_22341623.jpg

e0172134_22355520.jpg


モンセラート修道院といえば、前回訪れた時に愉快な出来事があった。
モンセラート修道院

カザルスはこの修道院を深く愛し、少年合唱隊に作品を捧げている。


今年のリサイタルが「30周年」と気が付いた時、第1曲めは「母なるマリアに」に即、決めた。ゆかりの地カタルーニャの歌だから、というだけではない。30年前の忘れられない想い出がある。
種明かしは、リサイタル本番で058.gif

谷めぐみ30周年記念リサイタル《スペイン わが心の歌》
2015年10月17日(土)午後2時開演@Hakuju Hall
プログラム詳細、チケットご購入はこちら ⇒ 《谷めぐみの部屋》

ご来聴をお待ちしています060.gif

by Megumi_Tani | 2015-07-28 22:44 | リサイタル | Comments(0)

『鳥の歌』@チャリティーコンサート   

とある教会で開かれたチャリティーコンサートに出かけた。
ご聖堂に、バッハの「Bist du bei mir」「無伴奏チェロ組曲」、ヴィタリ「シャコンヌ」、アルビノーニ「アダージョ」、サン・サーンス「アベ・マリア」etc。名曲が響き渡る。
演奏者の方々(メゾソプラノ、ヴァイオリン、チェロ、オルガン)が素晴らしい。第一級の演奏を、静かに、熱く、真摯に、聴かせてくれた。音楽はパシオン(受難:すべてを受け入れる)の光。あらためて実感する。

プログラム後半、チェロとオルガンで「鳥の歌」が奏された。前奏のトレモロが鳴り、朗々とチェロのメロディーが歌う。カザルスの吐息が聴こえる気がした。

それにしても、と、いつも思う。バルセロナへ渡らなければカタルーニャ語で「鳥の歌」を歌うことはなかっただろう。思うところあって暫く休んでいたリサイタルの再開を決心させてくれたのも「鳥の歌」だった。2010年には「鳥の歌づくし」のリサイタルを開いた。よくもまぁこんなプログラムを、と、歌う私も呆れるほどだったが、「鳥の歌」の深い宇宙をお客様と一緒に旅したような、かけがえのない時間になった。

不思議な曲だ。人生の折々にふっと現れ、遠い彼方を真っ直ぐに見つめさせてくれる。


by Megumi_Tani | 2015-05-31 21:44 | スペイン歌曲 | Comments(0)

『パブロ・カザルス-奇跡の旋律』   

カザルスに関する本をご紹介します。
ジャン=ジャック・ブデュ著『パブロ・カザルス-奇跡の旋律』

偉大な音楽家カザルス、カタルーニャへの愛を貫いた信念の人カザルス、のみならず、国際的な影響力をもつ活動家としてのカザルス、迷い苦悩するひとりの人間としてのカザルス…。豊富な資料と細部に亘る調査・検証、貴重な写真の数々で、巨人カザルスの真の姿に迫ります。
監修は、以前このブログでもご紹介した『カザルスと国際政治』 の著者、細田晴子氏。序文にもズシリと重みがあります。カザルスに関する著書は星の数ほど?ありますが、見ても読んでも非常に興味深い、お奨めの一冊です。

カザルス、人気ですね♪
カザルス『鳥の歌』
『カタルーニャから世界へ』

カザルスが愛したカタルーニャ。その魅力を味わう会が近づきました。
3月1日(日)午後5時~@カタルーニャ厨房カサマイヤ(小田急・玉川学園前駅)
とても珍しい企画です。ご都合のつかれる方、ぜひお出かけください。
『カタルーニャの食と音楽を味わう会』


by Megumi_Tani | 2015-02-18 12:21 | 本の窓 | Comments(0)

「スペインの民主化を振り返る」第5回講義   

日西翻訳通訳研究塾にて開講中の文化教養講座『スペインの民主化を振り返る』の第五回講義に出席した。月曜日の夜、午後7時からの講義というのはなかなか大変なスケジュールだが、毎回熱心な受講生さんが駆けつける。スペインへの深い興味と学ぶ喜び。『あなたのことをもっと知りたい』皆さん、そんな気持ちなのだろうな、と思う。

1970年代に入り、スペインにも、時代の大転換の波が、秘かに、しかし確実に、押し寄せていた。ピカソが亡くなった1973年、用心深い性格であったというフランコが熟慮に熟慮を重ねて首相に指名したカレロ・ブランコが、就任後、わずか六カ月で暗殺される。隣国ポルトガルではカーネーション革命が勃発。病に侵されたフランコは入退院を繰り返し、入院中は、後継者に指名されていたホァン・カルロス皇太子が臨時国家元首を務めた。どこまでも従順に任務に当たりながら、彼は、フランコ後のスペインに向けた準備を粛々と進めていた。。。このあたりの人間ドラマが、私にはとても興味深い。

人間不信で、何事にも極めて慎重、用心深く、いわゆる「石橋を叩く」タイプであったというフランコ。人間の性格は、持って生まれた素質に加えて、幼少期からの様々な経験によって形成されるものだ。己を強烈に守らずにはいられない何かが、彼の人間性の根底に埋め込まれていたのかもしれない。歴史に「もしも」は存在しないが、もしもフランコが才気あふれる鷹揚な人物であったなら、内戦後のスペインは、まったく違った様相を呈していたのかもしれない。そうなれば、ファン・カルロスの存在の意味も変わってくる。カザルスも愛するカタルーニャに戻っていたかもしれない。。。

それにしても昨今は、心が重くなるニュースが多い。「もしも」カザルスが生きていたら、力強く、平和への祈りを奏でてくれるだろうか。

by Megumi_Tani | 2015-01-29 00:54 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

泣かないで歌ってごらん♪   

昨年のリサイタル『愛しのバルセロナ』で共演した合唱団、コール・シャンティーの定期演奏会に出かけた。
e0172134_1914398.jpg

今回は、スペインのヴィクトリアのミサ曲、東日本大震災がテーマの「つぶてソング」、珍しいエストニアの合唱曲、そして「さだまさしの世界」というプログラム。美しく荘厳なヴィクトリアのミサ曲は、指揮の野本明裕先生とコール・シャンティーのライフワークともいえる作品だ。「つぶてソング」は、和合亮一氏の詩が放つメッセージがひしひしと伝わる熱演。エストニアの合唱曲は独特の哀切なメロディーとともに団員さんの民俗衣装が可愛い!そして「さだまさし」は、愉快に、しみじみと聞かせてくれた。

団の創立50周年、定演は47回目。皆さん、普段は仕事を終えてから夜に集まって練習する。あるいは、貴重な休日を使って合宿する。運営諸々、きっとご苦労も多いと思う。それでも、こうして続いている。いや、続けている。本当に素晴らしい。

コール・シャンティーの演奏会に行くと、いつも心がホッコリする。素朴に、一生懸命に、歌を愛する心がひしひしと伝わってくるのだ。あぁ、これが歌の原点だなぁ…と、しみじみ思う。真っ直ぐな心で歌いたいと改めて感じさせてくれる。私自身が合唱の出であることも関係しているかもしれない。
「夢のひと夜」  「二月の余韻」 

帰り道、ふと、メキシコ民謡「シェリト・リンド」の一節が心に浮かんだ。
Ay! ay! ay! ay! Canta y no llores! ~泣かないで歌ってごらん♪♪
歌とともに集う心、歌とともに寄り添う心。歌はいつも優しい。
e0172134_19133535.jpg

第23回リサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報はクリック↑↑060.gif

by Megumi_Tani | 2014-06-17 19:44 | Musica あれこれ | Comments(0)

『カザルスと国際政治』   

先日の音楽講座に関連して、細田晴子著『カザルスと国際政治』をご紹介したい。
e0172134_1255849.jpg

国際政治学者である著者が、残された膨大な資料をもとに、詳細にカザルスの生涯をたどっている。カザルスといえば、平和主義、反フランコ、と、すぐに心に浮かぶ。では、彼はいかなる経緯を経てその主張にたどり着いたのか?96年という長い生涯のなかで彼の思いは変化したのか?あるいは、しなかったのか?文化国際主義とは?カザルスが信じた音楽の力とは?etc。
激しく揺れ動く国際情勢、複雑に絡み合う主義主張、人間関係…。客観的な資料の検証から、人間カザルスの姿が浮かび上がる。 ユニークな切り口!カザルスファンの方、お薦めです。

思わずタメ息が出たのは、「クラシックは売れないから」との理由で、マエストロ・カザルスでさえレコード発売を断られていること。昔から、みんな苦労していたんだなぁ。。。

カザルスご本人の語りをまとめた 『カザルスとの対話』 こちらも興味深いエピソード満載です。

カザルスはピアノも上手かった!
ヴィクトリア・デ・ロス・アンへレスの歌、カザルス伴奏によるブラームス歌曲です。

by Megumi_Tani | 2014-02-20 12:49 | 本の窓 | Comments(0)