人気ブログランキング |

タグ:クリスマス ( 3 ) タグの人気記事   

太鼓をたたく少年~El tamborilero   

セルバンテス文化センター秋期講座『スペイン語で〈太鼓をたたく少年〉を歌おう!』
1回めのクラスが終了した。スペイン語の発音と音符への載せ方を猛練習!終了時には、受講生の皆さん、ずい分口が滑らかに動くようになった。Muy bien!

スペイン語に限らず、外国語で歌うには、やはり歌ならではのコツがある。その言語に堪能で文法も会話もパーフェクト!という人が、メロディーに歌詞をうまく載せられるか、というと、必ずしもそうではない。母国語とする人達がごく当たり前に出来ることでも、我々外国人にとっては、しばしばとんでもなく難しい。「R」だ「L」だ、舌が上だ下だ、と悪戦苦闘するハメになる。それでも皆さん、頑張るのは、スペインが大好き!だから。

〈太鼓をたたく少年〉スペイン語タイトル〈El tamborilero〉、英語では〈The Little Drummer Boy〉。世界中で愛されている曲だが、クリスマスの歌だということは日本ではあまり知られていない。
今年のクリスマスは、またまた三連休。まだちょっと気が早いけれど、受講生の皆さん、次回のクラスで「ropopopón, ropopopón」マスターしましょう!

『スペイン語の歌のクラス@セルバンテス文化センター』
e0172134_2132386.jpg




上の動画、歌っているのはこの人です。


お宝英語バージョン!デビッド・ボーイ×ビング・クロスビー

by Megumi_Tani | 2016-10-02 20:00 | 講座/セミナー | Comments(0)

秋講座@セルバンテス文化センター   

『スペイン語の歌のクラス』@セルバンテス文化センターの秋講座をご案内します。

大好評をいただいてる「スペイン語で歌おう!」のシリーズ。
2016年秋期は世界中で愛されている『太鼓をたたく少年~El tamborilero』をお稽古します。

(講座番号CUL-06) スペイン語で「太鼓をたたく少年」を歌おう!
•日程:9月30日、10月7日(金曜日19:00-20:30)
•参加費:6000円
•講師:谷めぐみ
•言語:日本語

「太鼓を叩く少年?知らない」と思われた方、この曲です。ロポポンポン、ロポポンポン…
どこかでお耳にされたことがあるのでは?スペイン語初めての方も大歓迎です。


こちらも大好評をいただいた「スペイン歌曲を視て聴いて味わう」セミナー。
秋期のテーマは、スペインを代表する作曲家のひとり、マヌエル・デ・ファリャ。グラナドス没後100年の陰に隠れてしまいましたが、ファリャも今年、没後70年、記念の年を迎えています。スペイン音楽の探求に己を捧げたその人生と作品を、音と映像でたどります。フィギュアスケート浅田真央選手の来季の曲がファリャの「火祭りの踊り」に決まりました。秘かに旬です…ファリャ。

(講座番号CUL-12) 魅惑のスペイン歌曲II
•日程:11月4日、18日(金曜日19:00-20:30)
•参加費:6000円
•講師:谷めぐみ
•言語:日本語

講座詳細は、下記リンクをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしています。
『スペイン語の歌のクラス』@セルバンテス文化センター
e0172134_21202182.jpg

by Megumi_Tani | 2016-07-30 21:16 | 講座/セミナー | Comments(0)

Villancicoを歌おう♪   

9月に始まった講座『スペインの音楽』も佳境を迎えました。
『第1回』  『第2回』  『第3回』
第4回(12月23日・祝)のテーマは、17世紀&18世紀の音楽です。黄金世紀は過ぎ去りました。国の内外の情勢がめまぐるしく変化するなかで、スペインの音楽はどのような変容を見せたか。豊富な映像・音楽とともにご紹介します。

さらに、この日は特別企画!23日≪イヴイヴ≫にちなんで、スペインのクリスマスの歌ビリャンシーコvillancicoを楽しみます。El camino que lleva a Belén…♪♪メロディーが浮かびますか?色々なビリャンシーコを聴き較べたあとは、皆さん、よくご存知のあの曲をVamos a cantar!!参加無料(体験レッスン扱い)です。定員が限られていますので、ご希望の方は、下記サイトより、急ぎお申し込みください。いつもとひと味違うクリスマスを、ご一緒に。
日時:12月23日(月・祝)19時~21時
場所:日西翻訳通訳研究塾(市ヶ谷)

第5回教養講座『Las Músicas de España』(スペインの音楽)
塾までの地図は、こちら
e0172134_23555815.jpg

by Megumi_Tani | 2013-12-14 19:30 | 講座/セミナー | Comments(0)