人気ブログランキング |

タグ:シェリト・リンド ( 2 ) タグの人気記事   

駅前のラテン・バトル   

仕事先の駅前でいつも見かけるフォルクローレ楽団。いや、仕事先だけではない。都内あちらこちらの駅で彼らに遭遇する。読者の中にも、あぁ!あの…と思い当たる方がいらっしゃるだろう。正確には、同じ「彼ら」なのかどうかよく分からない。適宜グループを組んで駅前を巡業して歩いているのかもしれない(昔流行ったジプシー・キングスもその類で、固定・確定メンバーはいなかったそうだ)。彼らの演目はもちろん「コンドルは飛んで行く」。この曲は本当に人気がある。儚い哀愁と独特のリズム。私もつい足を止めてしまう。

ところが今日は異変があった。同じ駅前ロータリーの反対側に、ソンブレロをかぶった太っちょのおじさんがいる。「アリガトウ!」などと妙なアクセントで愛想をふりまきながら歌っている。曲は「シェリト・リンド」。これまた日本ではお馴染みの歌だ。

双方がスピーカーの音量を最大にしてガンガン歌うものだから、駅前は壊れたジュークボックス(古い!)状態。どっちがどっちか、聴き分けることもできない。もちろん!ハモるはずもない。はっきり言って騒音…。駅前を通る人たちも皆、ちょっと困った顔で両方を見比べ、通り過ぎていく。しかし、彼らは気にしない。誰が聴こうが聴くまいが一向にお構いなく、自らの歌を気分良く歌い続けている。

これはスペイン人との会話と少し似ている。言いたいことがあれば、自ら主張しなければならない。誰も聞いていなくても、聞いてくれるまで、というか、無理やり!こちらの話に興味をもたせるまで、めげずに喋りつづけなければならない。何も言わない、ということは、何も言うことがない、つまり、意見がない人、ということになる。下手をすると、「あら、あなた、いたの?」と存在さえ忘れられる…(>_<)

by Megumi_Tani | 2010-04-14 07:52 | エトセトラ | Comments(2)

Canta y no llores ~泣かないで、歌ってごらん!   

昔々、NHKスペイン語講座テキストの優しいイラストが好きだった。イラスト担当は土井宏之氏。後年、自分の第1枚目のCDの表紙絵を描いていただくことになろうとは夢にも思わなかった。土井氏は現在、東京とニューヨークを行き来しながら活躍中。
http://www.doi.muenchina.com/ 
このCDは、おかげ様で完売した。
e0172134_8305610.jpg

土井氏が主宰する年に一度のパーティーに出かけた。この画伯、実は、大変な料理人である。赤ワインに合わせて、極上のチーズ、生ハム、数種類のカナッペ、熱々のオムレツ、なぜか揚げシュウマイ!etc。土井氏と氏の料理のお弟子さん達(全員セニョール!)が腕をふるった料理が次々と運ばれてきた。

宴もたけなわの頃、若いチャーミングな女の子が舞台に登場。オカリナで「コンドルが飛んで行く」を吹けば、アコーディオンのおじ様は「カミニート」「ラ・クンパルシータ」で粋な味わい。飲めや、踊れや…会場が大いに盛り上がったところで、歌い手の私にもお役目が回ってきた。こんな時はメキシコの歌「[シェリト・リンド」がいい。「アイ!アイ!アイ!アイ!カンタ・イ・ノ・ジョレス~~」この部分は、楽譜無し、練習無しで、誰でも歌える。ちなみに今夏、北海道・故郷コンサートでは四百人が大合唱!圧巻だった。パーティーのお客様も「Ay!Ay!Ay!Ay!」皆さん、ノリノリである。

「アイ!アイ!アイ!アイ!カンタ・イ・ノ・ジョレス~~」日本語にすると「アイ!泣かないで、歌ってごらん。歌えば心が楽しくなるから」

誰だっていろんな時がある。ちょっぴり悲しい時、しょんぼり寂しい時、何もかもイヤになった時…ほら、泣かないで、歌ってごらん!歌えばきっと笑顔になれる!きっと勇気が湧いてくる!

by Megumi_Tani | 2009-11-24 08:33 | エトセトラ | Comments(0)