人気ブログランキング |

タグ:スペイン歌曲講座 ( 1 ) タグの人気記事   

絆 ⅴ   

今日で9月も終わり。私には縁の深い月だが、暑い夏のしっぽのような、秋が始まるような始まらないような、何となく存在感希薄な月、の印象がある。9月は長月。30日しかないのに、なぜ長月:長い月なのか?子どもの頃、とても不思議だった。「夜長月(よながつき)」の略、とする説が有力らしい。なるほど、だ。

昨日は、夜7時のニュースの途中で、いきなり緊急地震警報が鳴った。いわき市で震度5強。まだ、決して、ホッとさせてはくれない。

春期、秋期に分かれている講座は期末を迎えた。春期開始は4月。まだ何もかも不安定で、突然の停電があるかもしれない、という時期だった。一番高い所では、ビルの10階が会場のクラスがある。もしも停電してエレベーターが止まったら、生徒さん達はどうやって昇る?降りる?
いやそれよりも、まさか、だが、エレベーターに乗っている時に急に停電して誰かがエレベーターに閉じ込められたらどうする?帰りの電車が止まって帰れない人が続出したらどうする?…心配だった。こんなに危ない状況なのだ。きっと大事をとって欠席する人が多いだろう、そう思った。予想は大ハズレ。お休みする人など誰もいない。皆、意気揚々と集まり、互いの無事を喜び合い、大いに歌った。

どのクラスも、とても熱心である。「思いっきり歌えるこの時間が楽しみで!」という方が多い。歌は心身を解放してくれる。年齢、性別、いろんな違いを越えて“歌”を楽しみに集う仲間たち。その“楽しみ”が、以前よりも、深く大切に感じられた半年だったように思う。

一週間ほど前、岩手県・久慈市で開かれた『NHKのど自慢』のドキュメントタリー番組が放送された。岩手、福島、宮城各県で行われた予選。そして本選。被災された方々が各々の思いをいっぱいに込めて歌っていた。歌には“力”がある。…私自身が、そっと背中を押された気がした。

by Megumi_Tani | 2011-09-30 09:16 | 思い&想い | Comments(0)