人気ブログランキング |

タグ:スペイン歌曲 ( 34 ) タグの人気記事   

毎日メディアカフェ『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』   

春爛漫、桜満開の4月1日、毎日メディアカフェ『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』が開催されました。
e0172134_1322365.jpg

会場の毎日新聞東京本社1F MOTTAINAISTATIONには、いっぱいのお客様。ともに1867年に生まれ1916年に没した夏目漱石とエンリケ・グラナドスの生涯をたどりながら、グラナドスゆかりの作曲家も含めたスペインの音楽、歌曲をたっぷりお楽しみいただきました。

毎日新聞東京版4月2日朝刊
e0172134_1314250.jpg

Facebook「毎日メディアカフェ」にアップされた文章です。
***************************************
 スペイン歌曲の歌手、谷めぐみさんの歌&トーク「漱石とグラナドスの時代 スペイン歌曲浪漫」が4月1日、毎日メディアカフェで開かれました。
 谷さんは大学で声楽を学んだ後、たまたま聴いたスペインの歌に魅せられ、バルセロナに留学し、日本では数少ないスペイン歌曲の歌手になりました。昨年7月、毎日メディアカフェで「スペイン歌曲の魅力を語る」という歌&トークをしたところ、好評だったため、再び企画されました。
 今回は、今年没後100年を迎えた文豪・夏目漱石(1867~1916)と、生年、没年が奇しくも同じであるスペインを代表する作曲家、エンリケ・グラナドスの生涯を紹介しながら、スペイン歌曲の魅力を語りました。
 漱石とグラナドス。どうして、そんな話にしたのか。谷さんはまず、その理由を語りました。「2年前に『スペイン浪漫』というタイトルでコンサートをしました。浪漫というのは、夏目漱石が字を当てたということで、漱石のことを調べたら、生年1967年とありました。どこかで見たことがあると思い、エンリケ・グラナドスと同じだったと分かりました。それで、没年を見たら、二人とも1916年に亡くなっている。それを発見した時には、どきどきしました。没後100年の2016年には何かしたいと願っていました」。心に温めていた企画がメディアカフェで実現したのです。
 グラナドスの最も有名な曲「スペイン舞曲第5番」を聴かせながら、グラナドスの生涯を語りました。「グラナドスは作曲家である前に、スーパー・ピアニストでした。お父さんが軍隊に入っていて、3~5歳にはカナリア諸島で暮らしていました。お父さんがけがをして、バルセロナに戻ったとき、ピアノを習い始めました。ピアノを弾く姿を見て、お父さんが『才能がある』と思い、軍の音楽隊の人に習わせました。10歳で早くもミニリサイタルを開いています。この年には、(著名なチェロ奏者)パブロ・カザルスが生まれました。師事した作曲家ペドレルはそれぞれの個性を伸ばす指導者で、弟子が多く育っています」。 
 恵まれたグラナドスの幼少時に比べて、漱石は生まれてすぐに養子になったり、第一高等中学校予科に入学したものの、翌年には肋膜炎のために落第するなど、苦難の時期を過ごしています。
 グラナドスは1883年にバルセロナ音楽コンクールで優勝。初リサイタルが大成功し、パリに留学することになります。「グラナドスはお父さんが亡くなり、カフェでピアノを弾くアルバイトをしていました。クラシックを弾いても客は喜ばないので、即興でいろいろな曲を弾きました。カフェでの仕事はとてもいやだったみたいですけれど、即興で弾く楽しさを知ったようです」
 その後、カタルーニャ演奏協会コンサートなどで、カザルスたちと交流を深めました。画家ゴヤの絵が好きで、「私はゴヤの心と絵に心を奪われた」という文章を残しているそうです。
 「グラナドスはロマンチストだけれども、後輩を育てようという気持ちも強く持っていました。アカデミア・グラナドス(グラナドス音楽院)を設立しています」
 1914年に第一次世界大戦が始まりました。グラナドスが作曲した「ゴイエスカス」のパリでの初演は大成功しました。これをオペラにするという話が持ち上がりましたが、それが立ち消えになり、次にはニューヨークで上演する案が出ました。
 「グラナドスは泳げないので、船の旅はしたくないと思っていたのですが、何とかニューヨークで上演したいため、行こうと決心したのです。 1人の女性をめぐって、男2人が決闘するという物語のオペラは大成功しました。ホワイトハウスの演奏会に招かれ、元々の船便をキャンセルしました。1916年3月の帰路で、英仏海峡を渡る船がドイツ潜水艦の魚雷攻撃を受け、妻とともに死亡しました。グラナドスの生涯を改めて調べて、最初は『もっと長生きして作品を作ってほしかった』と思いましたが、今は『帰りの船で良かった』と思います。行きの船だったら無念ですよね。ゴイエスカスが上演されて、大好評だったのだから、まだましだったと」
 漱石も同年、「明暗」を連載中に亡くなりました。
 「グラナドスの作曲はほぼ独学です。カザルスはグラナドスのことを『自分で音楽を作り上げた真の芸術家だ』と言っています。グラナドス夫妻の死後、カザルスはチャリティーコンサートを開いて、6人の子どもたちの養育資金を集めたそうです。スペインの音楽が華やかで、意気込みにあふれていた素晴らしい時代だと思います。気持ちがなごまされるぐらい、音楽家たちがお互いを大事にしていました。グラナドスが泳げないため亡くなったことから、彼の息子は自分も水泳をして、子どもにも泳ぎを教えました。2人とも、水泳のオリンピック選手になったそうです」
 谷さんにはグラナドスをめぐる大切な思い出があります。留学中に、当時70歳ほどで存命だった末娘ナタリアさんに会う機会があったのです。ナタリアさんの前でグラナドスの歌を歌ったところ、「日本から来たニーニャ(小さな子)がパパの歌を歌ってくれるなんて」と喜んだそうです。
 最後に、谷さんは「スペインの歌はいろいろな世界があります。フラメンコだけではない。スペイン歌曲の多様性を知ってほしいです」と呼びかけ、カタルーニャ民謡「聖母の御子」を、透明感のあるソプラノの美しい歌唱で聴かせました。 
 谷さんは9月19日、東京都渋谷区富ヶ谷のHakuju Hallで、第25回リサイタル「スペイン浪漫Ⅱ」を開催します。チケット発売は5月20日から。リサイタルでは、前半は全てグラナドスの曲、後半はグラナドスの周辺の作曲家の曲を歌うそうです。 谷めぐみの部屋
****************************************

昨年に引き続き、メディアカフェのスタッフの方々には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

「私の音楽は私の中から生まれる」グラナドスが残した言葉です。いわゆるステレオタイプのスペイン音楽ではない、グラナドス独自の音楽、ロマンティックな音の世界はとても魅力的です。初期のシンプルな曲集から最後の傑作『ゴイエスカス』に至るまでの変遷、音楽家としての人生と悲劇の最期、ゴヤの時代への憧れ、隠されたエピソード…。「映画にしたいようなドラマティックなお話ですね」終了後、お客様のおひとりが熱く語ってくださいました。

さて、昨夜、初めて公開させていただいたものがあります。1985年、当時70歳代でまだお元気だったグラナドスの愛娘、ナタリアさんにいただいた直筆のサインです。彼女のお宅に伺い、師の伴奏で『昔風の粋な歌曲集』を演奏させていただくと、、「東洋のniñaがパパの歌をこんなに上手に歌うなんて!」と、目にいっぱいの涙をためて抱きしめてくださいました。懐かしい、かけがえのない思い出です。

「心をこめて Megumi Taniへ~ナタリア・グラナドス」

e0172134_1345116.jpg

by Megumi_Tani | 2016-04-02 13:02 | 講座/セミナー | Comments(0)

『毎日メディアカフェ』明日です   

「毎日メディアカフェ」いよいよ明日開催です。
午後6時30分スタート。
会場は、毎日新聞東京本社1F MOTTAINAISTATION(地下鉄東西線・竹橋駅)
漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫

嬉しい満員御礼!ちょうど桜満開ですね。
ご来場の皆様、たっぷりのメニューをご用意してお待ちしています。
e0172134_0373353.png

by Megumi_Tani | 2016-03-31 00:40 | 講座/セミナー | Comments(0)

「毎日メディアカフェ」再登壇   

来たる4月1日(金)毎日メディアカフェに再登壇します。昨年7月大好評をいただいた第1回目に続き、今回は『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』と題して、スペイン歌曲の魅力をたっぷり語らせていただきます。

スペインを代表する作曲家のひとり、エンリケ・グラナドスと、明治の文豪、夏目漱石。奇しくも二人は、ともに1867年(慶応3年)に生まれ、1916年(大正5年)に世を去りました。今年は没後100周年にあたります。明治の文豪として健筆をふるった漱石に対し、超のつくロマンティストだったといわれるグラナドスは、粋で優美な独自のロマンティシズム溢れる作品で人々を魅了しました。ロマン~“浪漫”の文字は、夏目漱石が考案したといわれています。

この時代、スペインでは、グラナドスのほかにもアルベニス、ファリャ、カザルスら重要な音楽家が続々と登場しました。故国の音楽を愛し、よき友、よきライバルとして切磋琢磨した仲間たち。第一次世界大戦下、悲劇の最期をとげたグラナドスの生涯とともに、彼らの深い絆、心温まるエピソードを、浪漫あふれる歌曲にのせてご紹介します。

毎日メディアカフェ『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』
日時:4月1日(金)午後6時30分~8時
会場:MOTTAINAI STATION内「毎日メディアカフェ」

ちょうど桜爛漫の頃でしょうか…。皆様にお目にかかるのを楽しみにしています♪
第1回目の様子はこちら 『谷めぐみが語る魅惑のスペイン歌曲
e0172134_23342729.jpg

【満席御礼】
上記イベントは、予約ご応募を締め切りました。

by Megumi_Tani | 2016-03-03 23:42 | 講座/セミナー | Comments(0)

スペイン歌曲を語る@銀座   

日曜日、午後の銀座。初めて行く場所とはいえ、いとも簡単に見つかるはずの会場が見つからない。地図を片手にウロウロ、キョロキョロ…。困りあぐねて駐車場の番をしているおじさんに尋ねると、「あなた、見ている地図の方向が逆ですよ」とのこと。指さされた方を振り返ると、目の前に会場のビルがあった。自慢じゃないが(自慢なはずがない)私は、世にも稀なる方向音痴だ。地図を持っていても地図と自分との方向関係が分からなくなる。そして、何となく違うなぁ…と思いながらも足が勝手にどんどん歩いてしまう、という悪癖?もある。

「わが心の歌に宿る出会いの数々」と題した1時間半。スペイン歌曲との出会いからバルセロナでのエピソード、スペイン歌曲の歴史、独自の個性、魅力等々を語らせていただいた。お話の合間には、1985年「百人会議の間」での「さくら」、私のCDから、哀愁を帯びたセファルディーの歌「おいで、愛しい人よ」、グラナドス「スペイン舞曲第5番」、ロドリーゴ「ポプラの林に行ってきた」、ヴォカリーズによる「わが心のアランフェス」、トゥーナの唄「クラベリートス」等々、音源もたっぷりと。

バルセロナの恩師による「さくら」の編曲は楚々として雅、美しい。彼の日本への憧憬が凝縮されている。百人会議の間にグランドピアノを搬入しての特別演奏会だった。本当に貴重な経験、貴重な記録だと、こうして年月を経てあらためて実感する。
留学日記「¡Hola!バルセロナ」(38)~
e0172134_1385868.jpg

会の常連の方、今日はスペインがテーマだからと参加された方、先日のリサイタルに続いてお出かけくださった方、逆に、チケット完売でリサイタルを聴けなかったから、と、駆けつけてくれたご夫婦…。皆さん、とても熱心だ。細かくメモを取って聞いていらっしゃる方もいる。最後のスペインのリズム体験コーナーは大いに盛り上がり、茶話タイムに移ってからも、手拍子、足拍子で賑やかなおしゃべりが続いていた。

「楽しかった!」「スペイン歌曲って素敵ですね!」満面の笑みで会場を後にされたお客様たち。どうぞこれを機に、スペイン歌曲ファンになってくださいね!

by Megumi_Tani | 2015-12-01 01:41 | 講座/セミナー | Comments(0)

ご案内「わが心の歌に宿る出会いの数々」   

明後日11月29日(日)、第111回「懐かしい江戸へいらっしゃいの会」にお招きいただきました。スペイン歌曲とその魅力を語らせていただきます。
e0172134_1827512.jpg

常連会員以外の方もどうぞ、と、主催者からご案内がありました。
7月「毎日メディアカフェ」を見逃した方、聞き逃した方、再びナマで語ります。どうぞお出かけください。お話の後、お弁当とおつまみをいただきながら、皆様とお喋りさせていただきます。
日時:11月29日(日)午後2時~5時 
会場:銀座会議室三丁目
会費:4,000円(当日会場にて)
お問合せ&お申込み:「懐かしい江戸へいらっしゃいの会」03-3479-3644(梅田)
e0172134_18333327.jpg

by Megumi_Tani | 2015-11-27 18:28 | 講座/セミナー | Comments(0)

「毎日メディアカフェ」動画公開   

去る7月24日に開催された毎日メディアカフェ『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』の動画が公開されました。お話、歌、CD、会場の皆さんとのリズム体験コーナーetc。オープニングから質疑応答まで、1時間30分にわたる講座すべてをご覧いただけます。

HPからアクセスして、お楽しみください。⇒ 谷めぐみの部屋~毎日メディアカフェ
e0172134_20472561.png


谷めぐみ30周年記念リサイタル《スペイン わが心の歌》
2015年10月17日(土)午後2時開演@Hakuju Hall
プログラム詳細、チケットご購入はこちら ⇒ 《谷めぐみの部屋》

ご来聴をお待ちしています060.gif

by Megumi_Tani | 2015-08-01 20:52 | 講座/セミナー | Comments(0)

毎日メディアカフェ『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』   

7月23日夜、毎日メディアカフェ『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』が開催されました。朝方はまさかの雨(>_<) また新たなジンクスを作ってしまったなぁ…と思っていたら、午後にはカンカン照りが戻って来ました。ホッ!

毎日新聞東京本社1Fのサロンはいっぱいのお客様。「スペイン歌曲を語るって、いったいどんな話になるの?」と、皆様、興味津々、というより、半信半疑のご様子。定刻6時30分に開演しました。以下は、Faceook「毎日メディアカフェ」に掲載された文章です。

**************************************
 
 スペイン歌曲の歌い手である谷めぐみさんの講演会「谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲」が23日、毎日メディアカフェで開かれました。
谷さんは京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。学生時代は主にドイツの歌を歌っていました。知り合いのギタリストのコンサートでスペインの歌を歌うように頼まれ、全く知らないスペイン歌曲を歌いました。そのとき、「これだ。これを歌いたい」と強く思いました。人生を決めた瞬間でした。
 しかし、スペイン歌曲の楽譜を買いに行っても売っていません。レコードもなく、「歌いたくてもどうしようもない」という状況でした。「スペインに行くしかない」と決断し、バルセロナに留学しました。
 バルセロナ市立高等音楽院で著名な作曲家、ピアニストであるマヌエル・ガルシア・モランテ氏に師事。スペイン歌曲、スペイン各地の民謡、オペラ、サルスエラのアリアなど幅広いレパートリーを学びました。帰国後は日本で数少ないスペイン歌曲の歌い手になりました。今年で30周年を迎えました。
 23日は朝は雨が降りましたが、午後は熱い日差しになりました。「私は雨女で、リサイタルの日は必ず雨が降ります。今日も朝に雨が降っていたので心配でしたが、晴れました」と会場を沸かせました。
 講演では、スペインの歴史と音楽を語りました。「スペインはヨーロッパの行き止まりの国で、ヨーロッパだけではなく、アジアやイスラム圏などから、いろいろな民族が入ってきました。それらの文化が溶け合って、スペインの文化ができました。各地方は自治州で、州というよりは国という感じです。民謡の宝庫と言われますが、国の歌という意識が強い」と語りました。
 谷さんが歌っている最も古い歌は13~14世紀の「聖母マリアの頌歌集」。「日本では鎌倉時代から南北朝の時代です。こんな時代の歌を今も歌っているのはすごいと思いませんか」。
 15世紀末の「セファルディー」は、スペインを追い出されたユダヤ人の歌です。「バラが花を開くけれど、私の心は重い」という内容の歌だそうです。悲しみに満ちた旋律です。
 17~18世紀はスペイン歌曲の冬の時代。スペインを舞台にした多く曲がヨーロッパの他の国で作られましたが、スペインではこれといった歌曲は生まれませんでした。
 19世紀に作曲家ペドレルが出て、その弟子がさまざまな歌曲をつくりました。その一人であるグラナドスは、アメリカでのコンサートが成功しましたが、帰国する船が沈没して亡くなったという悲劇の作曲家です。グラナドスの「スペイン舞曲第5番」を、グラナドスの末娘であるおばあさんの前で谷さんが歌ったら、とても感激してくれたというエピソードがあるそうです。
 作曲家モンポウの「君の上にはただ花ばかり」も、ご本人の前で歌った曲です。「叙情的で透明感のある歌。スペイン歌曲の最高傑作の一つです」と紹介しました。
 日本でも多くの人に愛されているロドリーゴの「アランフェス協奏曲」。スペイン内戦が終わった後の人々の心を慰めた曲です。谷さんは「音だけで感じていただきたい」とヴォカリーズ(母音だけで歌う歌唱法)で歌います。
 谷さんは「スペインらしさは、リズムの妙にある」と語ります。「皆さんにも体験してもらいましょう」と、参加者とともに手拍子でリズムを刻みました。
 最後に、カタルーニャ民謡を作曲家のパブロ・カザルスが編曲したカタルーニャ民謡「鳥の歌」を独唱し、透明感のある声で参加者を魅了しました。「歌でスペインの魅力を伝えたいというのが私の願いです」と講演をまとめました。会場では、谷さんのライブCD「谷めぐみが歌う 魅惑のスペイン」「スペイン わが心の歌」も販売されました。
 講演の様子は近日中に公開予定です。来られなかった方はぜひご覧下さい。(写真は、スペイン歌曲のリズムを指導する谷さん) 
谷さんは10月17日(土)14時、Hakuju Hall(渋谷区富ヶ谷)で、谷めぐみ30周年記念リサイタル「スペイン わが心の歌」を開催します。
 詳しくは http://megumitani.wix.com/sala

***********************************

さすが新聞社さんのイベント!遠く栃木から参加してくださった方もいました。こうして、少しずつでも、スペイン歌曲の世界が広がっていくのは嬉しいことです。最後に参加者のお一人から、音楽の核心に触れる質問が出ました。彼女と私のやりとりに会場の皆様も大きく頷き、コンサートとはまた違う「共感」が生まれたような気がします。ご来場の皆様、ありがとうございました。また、適確かつ温かくさりげないサポートでしっかり支えてくださった「毎日メディアカフェ」スタッフの皆様、ありがとうございました。

今日24日は土用丑の日。
暑い夏を乗り越えて、秋10月17日、今度はリサイタルでお目にかかりましょう。

谷めぐみ30周年記念リサイタル『スペイン わが心の歌』
10月17日(土)14:00開演@Hakuju Hall
詳しいご案内はHPをご覧ください。
スペイン わが心の歌~Canciones Españolas, tesoros de mi corazón
ご来聴をお待ちしています
060.gif

「毎日新聞」7月24日朝刊
e0172134_18543120.jpg


こちらは「デジタル毎日」
e0172134_18551357.jpg

by Megumi_Tani | 2015-07-24 19:00 | 講座/セミナー | Comments(0)

スペイン歌曲を語る   

6月23日開催の「毎日メディアカフェ」にお邪魔してきた。この日の登壇者は、アイススレッジホッケープレーヤー、バンクーバーパラリンピック銀メダリストの上原大祐さん。「パラリンピックと共に歩んだ12年」競技生活と会社員生活の両立~と題して、熱いお話を聞かせてくれた。

日本における競技の現状、厳しい環境、現実のしがらみ、社会へ向けてのアプローチetc。ジャンルはまったく違うが、共感する部分多々ありで、興味深い。

アイススレッジホッケーというスポーツがあまり知られていないので、競技会があっても観客がなかなか集まらない。たまにやって来た人もアイススレッジホッケーに慣れていないため、ルールがよく分からず、応援の仕方も分からない。結果、盛り上がらず、また足が遠のいてしまうそうだ。

聞きながら、自分のリサイタルが重なった。
まずスペイン歌曲というものが知られていないから、初めてリサイタルに足を運んでもらうまでが大変だ。「スペイン歌曲?何ですか、それ?」という問いに縷々お応えして、「とにかく一度、来てください」とお誘いする。半信半疑?でやっと来ていただけても、皆さん、プログラムのほとんどの曲をご存じない。クラシックだから敷居が高い、どこで手を叩けばいいのかわからない、と、緊張気味の方もいらっしゃる。そこで、演奏の合間に、曲の解説やら、お天気の話やら、とりとめのないお喋りをする。このお喋りも、リサイタルを始めた頃は、「クラシックなのに途中で喋るなんてとんでもない」と、専門家と称する方々からずい分お叱りを受けた。しかし、分かって聴いていただいてこそ!の思いは変わらない。自分がお客なら、分からない外国語の歌を分からないまま聴かされるのはイヤですものね…。

しかしそれでも、何もかも解説できるわけではない。むしろ語れることなどごく僅かだ。あとは、お客様が心で感じ取ってくださることを願い、信じて、歌う。本当に、最後は、ベストを尽くして歌うことしか出来ない。

常々そんな実感があるので、今回「毎日メディアカフェ」で、お話させていただけることはとても嬉しい。スペイン歌曲とは何ぞや?というところから、その多彩な魅力、名曲ラインナップまで、あれこれご紹介したい。
「ふ~ん。スペイン歌曲ってなかなか面白そう」と思ってくれる人がひとりでも増えればいいなぁ…。10月リサイタルにご来聴の方には絶妙のタイミング!プレ講座になります。
入場無料。30名限定。要ご予約。どうぞ皆様、お出かけください。

谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲
  7月23日(木)午後6時30分~8時

  30周年記念リサイタル
スペイン わが心の歌
  10月17日(土)午後2時開演@Hakuju Hall

         ご来場をお待ちしています060.gif

J。ロドリーゴ「ポプラの林に行ってきた」
ヴィクトリア・デ・ロス・アンへレス×ジェラルド・ムーア


   


  

by Megumi_Tani | 2015-06-27 23:59 | 講座/セミナー | Comments(0)

『毎日メディアカフェ』のお知らせ   

お知らせです!
「毎日メディアカフェ」に登壇します。題して『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』

●日時:7月23日(木曜日)午後6時30分~8時
●会場:毎日新聞東京本社ビル
●入場無料
●要ご予約

スペイン歌曲って何?いったいどんな歌があるの?スペインの作曲家って、たとえば誰?
日本でも有名な歌はある?もしかするとあの歌もスペイン?etc。
スペイン歌曲初めての方にも、スペイン歌曲通の方にも、分かりやすくその魅力をご紹介します。限定30名のアットホームな雰囲気。これは楽しい!
入場無料。要ご予約です。下記サイトからお申し込みください。
ご来場をお待ちしています♪

『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』

by Megumi_Tani | 2015-06-23 00:41 | 講座/セミナー | Comments(0)

ホームページ新設のお知らせ   

今年も残すところ僅かになりました。

ホームページを新しく開設しました。この暮れの忙しい時に…(笑)
リサイタル、CD、留学日記等々まとめてご覧になれます。どうぞご訪問ください。
『谷めぐみの部屋』
e0172134_23183741.jpg

by Megumi_Tani | 2014-12-26 23:19 | エトセトラ | Comments(0)