人気ブログランキング |

タグ:ミニコンサート ( 24 ) タグの人気記事   

Saló de Cent~百人会議の間   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第3回を受講した。第2回ローマ時代~イスラムが入り込んだ時代に続いて、今回のテーマは13世紀。スペイン語の基礎完成、サラマンカ大学設立、音楽の分野で名高い賢王アルフォンソ10世も登場した。

かえすがえすもスペインというのは不思議な国だ。元々バラバラだった国?地方?が、どの時点でどのようにまとまり「スペイン」という国になったのか。これはある意味、永遠の課題なのかもしれない。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教各々の民が互いを理解、尊重し、ゆるやかに共存し、政治、経済、文化etc.の豊かな繁栄を築いた事実は、今のこの怪しくキナ臭い時代、刮目に値する。

今回の授業は、RTV制作の歴史ドラマを視聴しながら進められる。講義の途中で、バルセロナ市庁舎「百人会議の間」が映し出された。この時代、バルセロナでは、様々な制約はあるものの、身分の異なる人々が参加できる議会がすでに成立していた。その名の通り、この「百人会議の間」で議会が開かれていたのだ。バルセロナ好き必携の小説『海のカテドラル』にも、その記述が出てくる。中世の誇り高き都市バルセロナを象徴する部屋だ。
e0172134_2315017.jpg

鮮やかな赤と黄に彩られた部屋、輝くシャンデリア、素朴に並べられた木製のベンチ…。
あの日は、6月というのにものすごく暑かった。市のお偉方のセニョーラが汗をふきふき祝辞をくださった。歌ったのはあの正面。黒いグランドピアノが部屋中の赤と黄色によく映えていた。ベンチには、師のご家族をはじめいっぱいのお客様が座っていた。演奏終了後、いきなり「さくら」について質問されたっけ…。三十年前の思い出が蘇り、つい講義そっちのけで画面に見入ってしまった。
塾頭先生、ごめんなさい。  『バルセロナに響いた日本の歌

「百人会議の間」の中の様子です

by Megumi_Tani | 2016-12-01 23:37 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

鳥の歌@カサマイヤ   

3月1日夜、『カタルーニャの食と音楽を楽しむ会』が開かれました。「目から耳から舌から、五感でカタルーニャを感じていただきたい」と、Tomokoシェフが企画した今回の会。氷雨降りしきるあいにくのお天気にもかかわらず、ご予約のお客様全員が駆けつけ、カサマイヤは熱気に包まれました。
e0172134_0401539.jpg

シェフのインタビューにお応えして、スペイン歌曲との出会い、バルセロナでの生活等々をお話した後、バルセロナ市庁舎にある由緒ある百人会議の間で開かれた『日本民謡集出版記念演奏会』での「さくら」の演奏録音をお聴きいただきました。三十年前!の歌声、留学時代のかけがえのない思い出です。
e0172134_0252616.jpg

ちなみに、世にも稀なる?私の留学生活にご興味がおありの方は、こちらをどうぞ。
『歌修業日記¡Hola!バルセロナ』

つづいて、「鳥の歌」をア・カペラで。シンプル・イズ・ベスト、と言いますが、「シンプルこそ最も深い」ことを、この歌は教えてくれます。カタルーニャ愛あふれる場で歌う「鳥の歌」は、また格別。この歌にめぐり会えた喜び、バルセロナとご縁があった喜びを、あらためて、しみじみと実感しました。

音楽コーナーの後は、お客様とご一緒して、カタルーニャのワインとシェフが腕をふるったカタルーニャ料理の数々を堪能しました。幸せ!

たった二曲のカタルーニャ民謡、それも伴奏無しでの演奏でしたが、皆様、カタルーニャの歌の世界に驚き、大いなる興味を示してくださったのは嬉しいことでした。これを機に、カタルーニャ音楽独自の魅力にどんどん触れていただければ、、、と思います。

宴の後、帰り道は雨も上がり、心地よい夜がいっぱいに広がっていました。

とあるファンの方が、ずい分遠方から、お友達と一緒に来てくださいました。帰り際にそっと渡されたメッセージを見ると、、、。
こちらこそ、ありがとうございます。いい歌を歌いたいと、心から願う一瞬です。
e0172134_028658.jpg

by Megumi_Tani | 2015-03-03 00:50 | 講座/セミナー | Comments(0)

『パブロ・カザルス-奇跡の旋律』   

カザルスに関する本をご紹介します。
ジャン=ジャック・ブデュ著『パブロ・カザルス-奇跡の旋律』

偉大な音楽家カザルス、カタルーニャへの愛を貫いた信念の人カザルス、のみならず、国際的な影響力をもつ活動家としてのカザルス、迷い苦悩するひとりの人間としてのカザルス…。豊富な資料と細部に亘る調査・検証、貴重な写真の数々で、巨人カザルスの真の姿に迫ります。
監修は、以前このブログでもご紹介した『カザルスと国際政治』 の著者、細田晴子氏。序文にもズシリと重みがあります。カザルスに関する著書は星の数ほど?ありますが、見ても読んでも非常に興味深い、お奨めの一冊です。

カザルス、人気ですね♪
カザルス『鳥の歌』
『カタルーニャから世界へ』

カザルスが愛したカタルーニャ。その魅力を味わう会が近づきました。
3月1日(日)午後5時~@カタルーニャ厨房カサマイヤ(小田急・玉川学園前駅)
とても珍しい企画です。ご都合のつかれる方、ぜひお出かけください。
『カタルーニャの食と音楽を味わう会』


by Megumi_Tani | 2015-02-18 12:21 | 本の窓 | Comments(0)

『カタルーニャの食と音楽を味わう会』   

小田急線、玉川学園前駅北口から徒歩5分ほどのところに、カタルーニャ料理専門店「カサマイヤ」があります。Tomokoシェフは、カタルーニャ地方のレストランで長年修業を積まれた方。2011年に帰国、ご自身のお店を開かれました。

そのカサマイヤで開催される『カタルーニャの食と音楽を味わう会』に、ゲストとしてお招きいただきました。今回、私の出番は、歌よりもお喋りがメインです。スペイン歌曲との出会い、バルセロナとのご縁、留学時代のエピソードetc、あれこれ楽しくお話させていただきます。トークの後は、カタルーニャのワインとカタルーニャの料理をご一緒に!

日時:2015年3月1日(日曜日)午後5時~
場所:カサマイヤ(小田急・玉川学園前)
会費:7560円
ご予約:カサマイヤ Tel 042-851-7519

詳しい情報はこちらをご覧ください。『カタルーニャの食と音楽を味わう会

いつものコンサートとは、ひと味違った話題が飛び出すかもしれません!?
皆様のお出かけをお待ちしています。
e0172134_22461330.jpg

by Megumi_Tani | 2015-02-04 22:49 | 講座/セミナー | Comments(0)

バルセロナに響いた日本の歌   

1985年6月10日、師マヌエル・ガルシア・モランテ編曲『日本民謡集』の出版記念演奏会が開かれた。
e0172134_8102749.jpg

会場は、市庁舎の中にある「百人会議の間」。中世バルセロナの歴史を誇る由緒ある部屋だ。小説「海のカテドラル」にも、その名が登場する。

市主催の行事とあって、お歴々の長い祝辞があり、その後で、日本民謡集の中から数曲を師のピアノ伴奏で私が歌った。当日の様子は、歌修行日記「Hola!バルセロナ」をご覧いただきたい。「Hola!バルセロナ43」 「Hola!バルセロナ44」
e0172134_0192442.jpg

さて、思いがけず、その日のライブ録音がYoutubeにアップされた。スペインでアップされたものを即、日本で視聴できる。手紙到着に片道一週間かかったあの頃からは、想像もできない時代だ。
29年前の声と歌…若い!029.gif

by Megumi_Tani | 2014-05-01 22:58 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

『紀宮殿下に捧げる曲』   

1月31日、満席のお客様をお迎えして、NHK文化センター八王子教室一日講座『皇室の思い出』が終了しました。講師は、元東宮侍従・元大使の竹元正美先生。宮内庁で東宮侍従、式部副長、外務本省で儀典官、そして数か国の大使をお務めになられた竹元先生ならではの興味深いお話を拝聴し、講座の締めくくりに、『紀宮殿下に捧げる曲』を、谷めぐみとピアノ・高尾桂子が演奏しました。

『清子さまに捧げる曲~A la Princesa Sayako』は、2003年の清子内親王殿下ホンジュラスご訪問を記念して作られた歌曲です。ホンジュラス国立音楽学校教授りゴベルト・ボニージャ作詞・作曲の格調高く典雅な作品に、ホンジュラス在住の日本人声楽家・白石千登勢氏による美しい日本語詞が添えられました。
e0172134_15544288.jpg

ホンジュラスで使われている言葉はスペイン語です。2005年、このCDを作成する際にスペイン語を歌える歌い手が必要になり、当時のホンジュラス大使・竹元先生自ら八方手を尽くして、私を探し出してくださいました。ある日突然、お電話をいただいてビックリ!したのも懐かしい思い出です。今は亡き管宗次先生と白樺録音企画・金子雅雄氏の心強いお力添えをいただいて録音無事終了。e0172134_16274479.jpg
その後、NHK文化センター八王子教室のプレ講座で特別披露、私の第17回リサイタルで歌唱。以来、今回は実に六年ぶりの演奏でした。

美しい曲です。歌っていると、紀宮様の柔らかい笑顔が心に浮かびます。
ご受講いただいた皆様、ありがとうございました。

by Megumi_Tani | 2013-02-01 16:37 | 講座/セミナー | Comments(0)

来週になりました。   

NHK文化センター八王子教室一日講座『~元東宮侍従・元大使が語る~皇室の思い出』にお申込み下さった皆様、ありがとうございます。今年は寒い冬ですが、当日、まさか、まさかの雪にならぬよう願っております。なんといっても歌い手さんが雨?嵐?を呼び込んでしまう性質ですので…。たしか二度ほど、大雪のリサイタルもありました…(^^;;

わずかながら、まだお席があるようです。ご希望の方は、どうぞお問い合わせください。
NHK文化センター八王子教室 042-648-0551

by Megumi_Tani | 2013-01-25 00:30 | リサイタル | Comments(0)

一日講座『皇室の思い出』ご案内   

師走、今年の冬はとても寒いですね。
来年1月31日(木曜日)、NHK文化センター八王子教室で開催される一日講座『皇室の思い出』にて、≪紀宮殿下に捧げる曲≫を演奏いたします。
七年前、当時大使であられた竹元様のご指名を戴き、この曲を歌わせていただきました。
とても優しくエレガントな歌曲です。スペイン語の歌詞も日本語の歌詞も美しい!
竹元様の貴重なお話とともに、歌とピアノによる演奏をお聴きいただける稀な機会です。
ご興味おありの方は、ぜひお出かけください。
e0172134_7312934.jpg

お問い合わせ・お申し込み:NHK文化センター八王子教室 042(648)0551
ネットでもお申込みできます。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_840821.html

by Megumi_Tani | 2012-12-11 07:37 | 講座/セミナー | Comments(0)

美味しいコンサート♪2012   

11日午後3時、お約束通り?ぽつぽつと雨粒が落ちてきた。昨日は抜けるような秋の青空、たぶん明日も晴れ。今日に限って、よくもまぁご丁寧に降ってくれるなぁ…。

しかしそんなお天気はものともせず、お客様が次々とご来店。午後5時、満席でコンサート開始です。セファルディーの歌はルネッサンスギターの伴奏。装飾が美しい複弦楽器に、皆さん興味津々。独特のひなびた音色と西垣林太郎さんのアレンジで、「さようなら、恋人よ」はこれまでで一番切々とした演奏になったかも…。ドスガトスの天井は一部が吹き抜けになっていて、ピアニシモの音もよく響きます。ガラリと雰囲気が変わってジェラルドの歌曲。こちらはモダンクラシカルギターの伴奏。「インディオの娘」はテンポ良い民謡調の作品。「死と乙女」は細かいこぶし回しの連発で、何となく江差追分を歌っている?気分。でも、さすがシェーンベルクの弟子、ジェラルドならではの不思議な音階に緊張感が漂う。「留守」は恋のショートストーリーといったところ。Olé!Olé!で、陽気にミニコンサート終了です。

コンサートの後は、ドスガトス自慢のお料理!前菜のあと、大きなパエリヤ鍋を高森シェフ自ら客席を回ってご披露。大きな海老がプリプリでした。メインディッシュは、この日のために北海道から取り寄せたというエゾ鹿。今シーズン初ものだそうです。柔らかくて美味!赤ワインと絶妙の相性!デザートはクアハーダ、クレマ・カタラナ、チョコレートケーキ、チーズケーキ、マンゴーシャーベット、果物等々の盛り合わせ。濃いエスプレッソをいただいたところで、アンコール演奏。西垣さんのソロに続いて「クラベリートス」そして、カタルーニャ民謡「鳥の歌」でお開きになりました。

お客様とのダイレクトな心の交流がミニコンサートの醍醐味です。いつも必ず駆けつけてくださる方、初めて歌を聴いてくださった方、遠方から新幹線で来てくださった方、懐かしく頼もしい応援団…。この日もまた一期一会の素敵な夜でした。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。  当日の様子はこちら ⇒ ドスガトスのブログ
e0172134_7391999.jpg

「あらためて伺いますけど、ドスガトスって、どういう意味ですか?」数名の方からお尋ねをいただきました。スペイン語で、ドスは「2」ガトスは「猫」の複数形。つまりドスガトスは「2匹の猫」です。そういえば、お店の中に猫グッズがあふれていませんでしたか…!
e0172134_7393783.jpg

お土産にいただいたカードのトラ模様、よく見れば、「素敵な音楽ありがとう!」高森シェフからのメッセージでした。こちらこそ、Muchas gracias!

by Megumi_Tani | 2012-11-13 07:39 | 講座/セミナー | Comments(0)

一年八か月めの11日   

今夜、吉祥寺ドスガトスでの『美味しいコンサート』本番♪

このコンサート、今回が二回目の開催。第1回目は昨年の3月4日、東日本大震災のちょうど一週間前だった。スペインの歌とお料理で楽しく過ごした早春の一夜。その一週間後にあの大震災が起きることなど、誰が想像できただろう。

3月11日、帰宅難民となった私は、慣れない土地でバスを何本も乗り継ぎ、最後は徒歩でやっと帰り着いた。とりあえず夜に食べるものを買おう、と、近くのコンビニに寄ると、食料品の棚が空っぽだ。何か異様な気配を感じて家に入り、テレビをつけて、初めて東北の惨事を知った。呆然とテレビの画面を見つめながら、もしも、今日がコンサート当日なら、どう対処すればよかったのだろう…?と、考えずにいられなかった。

明日があるつもりで予定を立てる、そして、その予定通りに明日がくる。その重みを強く強く感じるようになった。生きているとは、何と危ういことなのだろう。その危うさのなかで、人は何かを信じ、何かを求め、懸命に生きる。危ういから、そして懸命だから、ささやかな心の触れ合いが愛おしい。大切に生きたい、と感じさせてくれる。

大震災から一年八か月。あらためて心から鎮魂の祈りを捧げます。
今宵再び≪スペイン≫で皆様と集えることに感謝を捧げます。

by Megumi_Tani | 2012-11-11 07:16 | 思い&想い | Comments(0)