人気ブログランキング |

タグ:ロドリーゴ ( 21 ) タグの人気記事   

エピローグ「わが心のアランフェス」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。
本日は、第4ステージ「わが心のアランフェス」について。

****************************************

リサイタル本番前から「アランフェスを楽しみにしています」というメッセージを沢山いただいていた。そしてアンケートや終演後のお便りの中にも「アランフェスが聴けた!」「アランフェス、ありがとう!」のお声多数。これほどまでに人の心に染み入るアランフェスの魅力、魔力。淡い夢幻のベールのようなピアノに包まれ、音としての声、楽器としての声が、美しくも哀しい旋律を歌い上げる。元々がギター協奏曲、ということは、旋律そのものが何かを語っているはず、という信念のもと、この約30年間ずっとヴォカリーズで歌ってきた。寄せられた「まるで声の一筆書きのようでした」というご感想は、ヴォカリーズの本質をよく捉えてくださっている。浦壁さんのピアノへの感動のお声も多数いただいた。遥か彼方から静かに聴こえてくる前奏、流麗たる間奏、「Aranjuez mi amor」と最後にひと言だけ囁く歌とともに消えゆく音色…。

今回驚いたのは、最後に演奏したロドリーゴ3作品が大好評だったこと。アンケートに◎が沢山ついている。「新しいロドリーゴ発見!」「不協和音が魅力的」「カッコウの歌、好きでした」「ロドリーゴ萌えです!」等々、ご感想の声も。どの作品もほとんど誰も歌っていない極めて珍しい曲だ。

古い舞曲を思わせる「ソネット」は、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスに捧げられた作品。リサイタル当日5月19日がビクトリア・デ・ロス・アンへレスのデビュー75周年記念日に当たることから選んだ。「カッコウの歌」は、ロドリーゴ自身が森を彷徨いながら心の呟きをカッコウに問いかける曲。幽玄の森、ロドリーゴの嘆き、絶望、そして一縷の希望、かなたで小さく、しかし確かに鳴き答えるカッコウの声…。演奏している私たち二人も何処へ向かっているのか分からなくなってしまう?不思議な曲だ。「ドゥエロ川の歌」も不思議な曲だが、こちらの不思議は破壊的魔力を発揮。全曲を通してピアノの不協和音が炸裂し、その上を下を歌が駆け抜ける。ロドリーゴお得意の手法のひとつだ。

ステレオタイプのスペインもいい、ハバネラもいい、王道を行くアルベニスやグラナドスの名歌、名曲もいい。しかしスペイン歌曲はそれだけにとどまらない。ロドリーゴら次世代の音楽家にも数多くの歌曲作品がある。今回のリサイタルで、その魅力の一端を味わっていただけたとしたら…望外の喜び!


スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica
e0172134_22510932.jpg


by Megumi_Tani | 2019-05-30 22:52 | リサイタル | Comments(0)

519♪ ロドリーゴの歌曲   

ギター協奏曲「アランフェス」で名高いロドリーゴだが、歌曲作品もかなりの数を残している。古典歌曲やセファルディーの歌をアレンジした作品、小粋な民謡調の作品、妻ビクトリアの詩に作曲された作品、クリスマスを題材にした作品etc。その作風は多彩だ。

流麗なメロディー、端正な伴奏が魅力の曲があるかと思えば、遊び心満載、何でこうなるの?という和音やリズムオン・パレードの曲もある。音取りやリズム取りに四苦八苦する演奏者を思い浮かべ、ニヤリとするマエストロの顔が目に浮かぶようだ。

今回のリサイタル、締めは、ロドリーゴの歌曲3曲を演奏する。17世紀の雅を思わせる「ソネット」、幽玄の森をカッコウが飛び交う「カッコウの歌」、ロドリーゴ得意の不協和音が複雑なリズムで炸裂する「ドゥエロ川の歌」。いずれもほとんど演奏されることのない極めて珍しい作品だ。ピアノもスリリング!ぜひ!お楽しみいただきたい。

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************

ロドリーゴの歌曲の中で、最も知られている作品「ポプラの林に行ってきた」





by Megumi_Tani | 2019-04-25 22:40 | リサイタル | Comments(0)

519♪ ロドリーゴと祈り   

「R」か?「L」か?
新しい元号『令和』の発表を聞いて、まず頭に浮かんだのがこの問いだった。歌い手の性か?(笑)レイワのレをR、L、どちらで綴るかによってスペイン語では(スペイン語に限らないが)発音がまったく違う。ほどなく、正式なアルファベットの綴りは『Reiwa』と発表があった。「R」だ。巻き舌である。rrrrrrrrrrrrrreiwa!
元号とは別に、もしかすると巻き舌苦手な方の練習には役立つかもしれない。

リサイタル『スペイン浪漫』開催は2019年5月19日。令和の時代の平和と安寧を願い、第1ステージは「祈り」の歌を演奏する。2019年はロドリーゴ没後20年記念の年だ。第4ステージはロドリーゴ作品をまとめて演奏する。

ロドリーゴと祈り。同じ組み合わせがあった。2011年、東日本大震災の年のリサイタルだ。恐ろしく悲惨な災害が二度と起こらないように、と祈りを込めて歌った、あの年はロドリーゴ生誕110年記念の年だった。意味合いが違うとはいえ、ロドリーゴと祈りの組み合わせが重なる。5月に向かって準備を進めながら、このことがずっと心の片隅にあった。

アランフェスに代表される流麗なメロディー、心地よいリズム、意表をついた遊び心溢れる和音、どんなに楽しく遊んでも最後は終わるべくして終わる安心感。ロドリーゴの音楽はカラフルで円満だ。1901年に生まれ、1999年に天に還ったロドリーゴ。ピアニスト、作曲家、音楽学者、教育者として幅広く活躍し、数々の賞を授与され、アランフェス公爵候の爵位も授かった。スニーカー姿でファッション雑誌の表紙を飾ったりもしている。幼少時に視力を失ったハンディなどものともせず人生を謳歌した方、という印象があった。

5月19日第4ステージで、珍しい作品「カッコウの歌」を演奏する。ロドリーゴらしい遊び心溢れる歌だが、その歌詞にハッとさせられる。yo と一人称で、熱く切ない願いが語られているのだ。さりげなく、まるで煙に巻くようにさりげなく…。

ロドリーゴ作品のどこか青空を思わせる清澄さは、誰にも分からない深い悲しみを乗り越え、突き抜けた人だからこそ生まれて来るものなのかもしれない。それは天を仰ぐ祈りにも通じるだろう。簡単に、青空、と書いたが、その空の青さを、もしかするとロドリーゴは知らないかもしれないのだから…。

「カッコウの歌」が伝えてくれたメッセージ。「ロドリーゴと祈り」が二度重なるのも故あってのことか、と、あらためて思う。


第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
チケット好評発売中!
プログラム、曲目紹介、チケットご購入等々、
詳細は、HPをご覧ください⇒『スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています♪







by Megumi_Tani | 2019-04-04 23:27 | リサイタル | Comments(0)

519♪ わが心のアランフェス~ヴォカリーズの魅力   

ロドリーゴ没後20年の今年。久しぶりに「アランフェス」を歌う。

昔からヴォカリーズに心惹かれて来た。大学時代はラフマニノフのヴォカリーズ、後に、ヴィラ・ロボスのブラジル風バッハ第5番のアリア。そしてある時、アランフェスのあの哀しくも美しいテーマをヴォカリーズで歌おう!と、思った。

声楽と器楽との違いは、歌詞があること。旋律と伴奏、そこに歌詞が加わり何かを表現する。歌詞を歌い語る、歌詞の意味を伝える。これはとても重要な要素だ。そのために、外国語で歌う際、歌い手はせっせと語学を学び、繰り返し練習し、演奏会ではお客様に歌詞大意訳をお渡しし、MCでその内容を解説し…と、出来る限りの努力をする。

同時に、声は、ひとつの楽器、としても捉えられる。声そのものが何かを語り、表現している。楽器としての声を言葉の束縛から解放し、自由に鳴りたいように鳴らせてあげる、それもまた歌い手の役目?醍醐味のような気がする。

アランフェス協奏曲の第2楽章は、その旋律がすでに物語だ。内戦後、荒廃したスペインの人々の心を癒した、とか、流産したロドリーゴ夫人の心を慰めた、とか、様々な添え書きがあるが、この作品のすごさは、そんな一切の解説も解釈も必要としないことだろう。演奏する者、聴く者に深く染み入り、ひとりひとりの心を見えない世界に飛翔させる。元々がギター曲なのだから歌詞は無い。旋律だけで何かを語っている。ならば声も声だけで何かを語れるはず。しかも雄弁に。そんな信念のもと、敢えて歌詞を付けず、ずっとヴォカリーズで歌ってきた。

2019年のヴォカリーズによる「わが心のアランフェス」が、どんな姿を見せるのか。
私自身も楽しみです(^^)


第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
チケット好評発売中!
プログラム、曲目紹介、チケットご購入等々、
詳細は、HPをご覧ください⇒『スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています♪









by Megumi_Tani | 2019-03-22 23:04 | リサイタル | Comments(0)

『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』その2   

夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』@セルバンテス文化センター第2回が終了した。『第1回』に続き、ロドリーゴの人生をたどりながら、主な歌曲作品、小品ながら個性豊かな歌の数々をYoutubeやCDとともにご紹介した。
e0172134_19443923.jpg
ロドリーゴの歌曲には新古典的ともいえる端正なスタイルの作品が多い。どんなに音楽が展開しても最後は落ち着くべきところに落ち着く安心感。そこに、16世紀の歌を採り入れたり、スペインらしいリズムを際立たせたり、と、多彩な要素がカラフルに散りばめられている。たまに鳴るビックリするような和音には、「ほら、面白いだろう?」とでも言いたげな、遊び心が感じられる。

ロドリーゴが病で視力を失ったのは4歳の頃だ。4歳までに「見た」ものの記憶はほとんど残っていないだろう。凡人には想像もつかない暗闇の世界に生きながら、プリズムのような音の絵を描き、学問にも通じ、数々の栄誉と名声を得た、その傍には、生涯をかけてロドリーゴを支えたビクトリア夫人の存在があった。二人は今、そろってアランフェスの墓地に眠っている。

「今日聴いた〇〇の曲を歌ってみたいと思います」と、スペイン歌曲の勉強をしている受講生さんはヤル気満々。毎回熱心にご参加くださる方、今回初めて参加の可愛いお嬢さんも大いに楽しんでくださった様子。時々駄々をこねるパソコンも昨夜はサクサク絶好調!ロドリーゴ講座らしく、どこか晴れやかな終了になりました。Muy bien!

〈聖なる羊飼い〉


〈ベツレヘムの小歌〉


不思議な響き〈四つのセファルディーの歌〉


必見!ロドリーゴ夫妻とアランフェス




by Megumi_Tani | 2018-08-04 20:01 | 講座/セミナー | Comments(0)

『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』その1   

夏期セミナー『わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』@セルバンテス文化センター第1回が終了した。昼間の暑さがまだたっぷり残る午後7時、受講生さん集合。毎回駆けつけてくださる熱心な方々、今回初参加の方も興味津々!皆さん、よく集中してご受講くださった。
e0172134_23232280.jpg
ロドリーゴの前半生をたどりながら、若き日の作品、人生の節目になった作品、初期の歌曲、ロドリーゴの歌曲作品の中では最もよく知られた「四つの愛のマドリガル」etc を視聴する。歌曲を軸にした講座だが、やはりロドリーゴと言えば、欠かせないのは「アランフェス」。作曲者ロドリーゴと依頼者であるギタリスト、サインス・デ・ラ・マーサの肉声が聴ける動画も楽しんだ。

「アランフェス以外のロドリーゴの作品は知りませんでした」「ロドリーゴはギターを弾くんだと思っていました」等々、素朴で率直なご感想が続々と。アランフェス宮殿を訪ねた時の私の思い出をお話しすると、「ア~!私もあそこで同じことを感じました!」と激しく同意してくださる方がいてびっくり!あらためて、人間の感覚は不思議。

小さな積み重ねでも、ほんの少しずつスペイン歌曲の輪が広がっていく。嬉しいこと!

第2回は、8月3日(金)午後7時~開講。
2回めのみの受講も可能です。
ご興味おありの方は、ぜひご参加ください。

ロドリーゴが生まれた町、サグント


初期の歌曲「Serranilla」


「アランフェスを語る」ロドリーゴ&サインス・デ・ラ・マーサ



by Megumi_Tani | 2018-07-21 22:56 | 講座/セミナー | Comments(0)

ロドリーゴ講座、再来週です♪   

サッカー日本代表が帰国した。あろうことか、ベルギー戦の時は、目ざまし時計をセットしてあったわけでもないのに午前3時に目が覚めた。直前の監督交代劇からここまで、本当に素晴らしい人間ドラマをみせてもらった。スポーツはいい。

そのワールドカップ熱と連日の猛暑で、すっかり頭が飛んでいました(@_@)
セルバンテス文化センターでの夏期セミナー、お申込み受付中です。
〈アランフェス〉で名高いロドリーゴの世界を音と映像で堪能します。お話はもちろん!日本語。どなたでも参加できます。
お申し込みは、こちら⇊
わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力』 お待ちしています!お待ちしています!
e0172134_12490519.jpg

e0172134_12492457.jpg


by Megumi_Tani | 2018-07-05 12:53 | 講座/セミナー | Comments(0)

夏期セミナー「ロドリーゴの魅力」   

しばらくご無沙汰しておりました。風薫る五月、皆様、お元気にお過ごしでしょうか。

毎回ご好評をいただいているスペイン歌曲セミナー@セルバンテス文化センター。
2018年夏期講座をご案内します。

(講座番号CUL54)
わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力

ロドリーゴといえば「アランフェス協奏曲」! 世界初のギター協奏曲作曲者ロドリーゴですが、実は彼は、少なからぬ数の声楽作品を残しています。しかもその各々の作品のバラエティー豊かなこと!個性際立つ多彩な曲、合唱曲を音と映像でたっぷりご紹介。20世紀スペインを代表する作曲家、ホアキン・ロドリーゴの魅力に迫ります。


日程:2018年7月20日、8月3日(いずれも金曜日19:00~20:30)

参加費:6,500円

講師:谷めぐみ  言語:日本語


初めての方も大歓迎!ご参加をお待ちしています。

詳細、お申し込みはこちら 

「わが心のアランフェス~ロドリーゴの魅力」@セルバンテス文化センター


e0172134_10184260.jpg



    by Megumi_Tani | 2018-05-07 10:20 | 講座/セミナー | Comments(0)

    1119♪ 格闘技?ロドリーゴ   

    ロドリーゴといえば〈アランフェス 〉。流麗な旋律、柔らかく繊細なリズム…聴く者の心を遠い幻想の世界へ誘ってくれる。しかし、ロドリーゴ作品には違う顔もある。素朴な旋律、弾けるリズム…あっけらかんとした小曲の楽しさは格別だ。そして、ロドリーゴ作品には、更に違う顔がある。不可解な和音、摩訶不思議な旋律…合っているのか間違っているのか?よく分からない音が鳴る。以前、とあるロドリーゴ作品をギター伴奏で演奏した際、ギタリスト氏が呟いた「絶対に弾けない音が楽譜に書いてあるんだよね。どうしろって言うのかなぁ…」と。

    今回歌う〈アイレ・イ・ドナイレ〉も、そんな曲だ。タイトルからして意味不明。奔放に転調を繰り返し、上がったり下がったりする歌の旋律、グチャッと衝突音に近いピアノの不協和音…寄り添うことなく互いに自己主張する様は、まるで歌とピアノの格闘技(>_<)
    演奏する者に無数の????を生じさせ、お客様をさんざん煙に巻き、そのくせ最後は、颯爽とカッコよく終わるのだ。ニクい!

    ロドリーゴは、人生を楽しむ術を心得ていた人のような気がする。幼い頃に視力を失ったハンディなどものともせず、幅広い分野で大活躍した。同じ時期に同じくスペインを代表する音楽家として生きたモンポウとの対比は興味深い。

    11月19日リサイタル《スペイン浪漫Ⅲ》では、3ステージでモンポウを、4ステージ冒頭でロドリーゴを歌います。二人の音が醸し出す世界の違いをご堪能ください。

    第26回リサイタル
    2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
    ご来聴をお待ちしています!

    〈アイレ・イ・ドナイレ〉はYoutubeでも?????な演奏が多いです。。。
    一番聴けた?のは、これかな?一部分だけですが。



    by Megumi_Tani | 2017-09-27 23:06 | リサイタル | Comments(0)

    恋のアランフェス♫講座終了   

    セルバンテス文化センター秋期講座『”恋のアランフェス”をスペイン語で歌おう! 』が終了しました。「待ってました!」「無理やり時間を空けました」「2回セットの1回しか出られないけれど、それでも!」「スペイン語初めてですけど、歌ってみたい」「中南米の歌ばかり歌って来ましたが、ぜひ!」etc。開講わずか4日前に広報開始\(◎o◎)/!というスリル満点の展開?にもかかわらず、熱心な受講生さんが集まられました。
    講座よ開け!と、諸々ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

    言わずと知れた、ロドリーゴ作曲『アランフェス協奏曲』の第2楽章。メロディーだけでもうっとりですが、さらに、スペイン語の読み方練習からスペイン語談義に花が咲き、メロディーへの歌詞の載せ方には悪戦苦闘、ロマンティックな歌詞の意味に酔いしれ…。各90分のクラスはあっという間です。最後は恒例、オーディトリアムの舞台で客席に向かって「アランフェス~♫」皆さん、朗々と歌い上げました。Fantástico!!

    12月には、セミナー『ビリャンシーコの楽しみ』を開講します。ビリャンシーコとは、スペインのクリスマスの歌。Youtubeをたっぷり楽しみ、有名なビリャンシーコを一緒に口ずさみましょう♫ お申込み受付中。詳しくは、下記をどうぞ。

    e0172134_22033282.jpg
    e0172134_21531545.pnge0172134_21533801.png




























    第26回リサイタル
    2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
    ご来聴をお待ちしています!


    by Megumi_Tani | 2017-09-23 22:18 | 講座/セミナー | Comments(0)