人気ブログランキング |

タグ:大震災 ( 42 ) タグの人気記事   

北海道での大地震   

9月6日朝6時ごろ、ふと目が覚めて枕元のラジオのスイッチを入れると、「生まれて初めての揺れでした」と、インタビューに答える声が流れてきた。あ、またどこかで地震があったんだ…。ぼんやり聞いていると、その男性の訥々とした語り口が北海道を思わせる。あれ?慌てて起き上がり、テレビをつけ、大地震発生を知った。
平成30年北海道胆振東部地震

その段階では北海道と携帯電話がつながり、家族の無事を確認できた。が、すでに北海道全域で停電。断水になっていない地域でもマンションでは水が止まっていた。東日本大震災の記憶が一気に蘇る。余震の恐怖、物資の不足、情報の混乱、離れていて何も出来ない無力感…。そんななか、NHKのアナウンサー氏がこんな呼びかけをした。
離れたところだからこそできるサポートを

そうか、出来ることがあるんだ。スマホは極めて便利なツールだが、停電下では充電が出来ない。予備の充電器があればよいが、無い場合は残っている電気を節約するしかない。となると、使い放題であれこれ検索することは出来ない。フェイスブックでこまめに情報発信されている方も「電力節約のため、しばらく投稿を止めます」と書き込んでいる。普段テレビで情報を得ている高齢者の方などはテレビが映らず、今、何が起きているのかも分からない。新しい情報、注意を喚起する情報が出ても、それを知る術がない。

幸いメールは通じていた。そこで、こちらで得た情報を随時、簡潔に、メールで伝えた。電力節約のため「返信不要」。細かい地域の情報は分からなくても、大きな流れだけでも伝わるだろう…。実際、早々に停電が復旧した地区でも、電波が微弱で電話は不可、テレビの受信も出来なかった。今何が起きているのか分からないことほど不安なことはない。

発災から3日め。少しずつ復旧が進んでいるが、全体が落ち着くには長い時間がかかるだろう。週明けには、もしかすると計画停電?の報道もある。東日本大震災時のあの大混乱…。思い出すだけで憂鬱になる。北海道の皆様、計画停電回避のため、どうぞ節電を!

ところで、東日本大震災の折も書いたが、今回も「ラジオ」をお薦めしたい。スマホ検索もダメ、テレビもダメ、ラジオもダメ。スマホでもラジオが聞けるが、これも充電が出来なければダメ。半日あるいは一日経てば、無料充電できる場所が開放されるだろうが、その情報を得る手段は?その無料開放所まで行く足が無い場合は?そんな時、手元に乾電池式ラジオがあれば、とりあえず情報を得られる。

ラジオには別の効用もある。東日本大震災の時に私自身が体験したことだが、テレビで繰り返し流される大災害の映像に心がやられてしまうのだ。そんな時は、テレビのスイッチを切り、ラジオに切り替え、最低限の情報はキャッチしながら、我に返って落ち着いた時間を過ごす。「被災地に雪が降る… 」「災害報道を見て苦しんでいるあなたへ

ラジオのみから、ライト付き、目覚まし付き、スリープ機能付き、防災機能付きetc、いろいろな種類があります。この機会に、一家に一台乾電池式ラジオ、いかがですか?

大きな余震が来ないことを、そして順調な復旧、復興を、心から、心から祈ります。
被災地への支援をお考えの方へ



by Megumi_Tani | 2018-09-09 12:59 | 故郷 | Comments(0)

七年目の3.11   

今日で東日本大震災から丸七年。どういうわけか、ここ数年の3.11にも増して心が重い。

先日は、福島から情報発信を続けているフリーアナウンサー、大和田新さんの講演を拝聴、あの日の浪江町の消防団員の想いを記録したアニメ「無念」をみせていただいた。

「あの震災は、東日本大震災、ではなく、東日本・津波・原発事故大震災です」と、大和田氏が仰るのを聞いて、七年前の想いが蘇った。発災当初、震災には、東北地方太平洋沖地震、東北関東大震災 等の呼称が用いられていた。それがほどなく「東日本大震災」に統一する、と発表された。あの日の凍てつく寒さ、たしか東北では夜に雪も降ってきた。異様な状況下、広い体育館に石油ストーブが一つか二つしかない、その厳しさは、北国育ちの者でなければ実感できないだろう。その後も次々と起きた不測とされる出来事、黙々と耐える人々…。「東日本」にすべて含まれる、という理屈は分かるものの、震災の名前から「東北」が消えることに、秘かな無念を感じたものだった。

あらためて、復興への祈りを捧げたい。

今年も、YAHOOが、こんなサイトを立ち上げています。


一日も休まずに新聞を発刊した、地元紙の記録
河北新報のいちばん長い日
e0172134_14135852.jpg



by Megumi_Tani | 2018-03-11 14:17 | 思い&想い | Comments(0)

六年目の3・11   

昨年の3月11日は何をしていたか?一昨年の3月11日は何をしていたか?ちっとも思い出せないのに、六年前の3月11日、出先で何が起き、どこを彷徨い、どうやって家にたどり着いたか、克明に覚えている。忘れてはいけない、風化させてはいけない、と、さかんに呼びかけられているが、私個人の気持ちを言えば、とても忘れることなどできない。東京に住む者でさえこの有様だ。まして被災地の方々は…と思うと、言葉が見つからない。時間の経過とともに諸課題が複雑化し、あれこれ語ることが難しくなっているような気がする。復興を、ただただ祈りたい。

Yahoo! JAPANが、こんなサイトを立ち上げています。
クリックが支援になります。3月11日23時59分まで。
3.11 応援企画『3.11、検索は応援になる。』
e0172134_1953344.jpg

東日本大震災復興支援『いい音楽、届けようプロジェクト』
****************************************

2011年4月、外国人演奏家の来日キャンセルが相次ぐなか、ドミンゴが約束通りやって来てくれた。彼の温かいメッセージと、アンコールの「ふるさと」、忘れられない。
このブログで何度もご紹介しましたが、六年目の今日再び。


そして、もう一人。4月に来日してくれたフェリシティー・ロット。静かな祈りです。

by Megumi_Tani | 2017-03-11 19:51 | 思い&想い | Comments(0)

『いい音楽、届けようプロジェクト』その2   

昨年12月の『Plegaria』につづいて、拙CD『谷めぐみが歌う 魅惑のスペイン』が東日本大震災復興支援プロジェクトに参加させていただくことになった。福島、宮城、岩手、各県のエフエム局にCDが送られる。
『いい音楽、届けようプロジェクト』

冷たい風が吹きすさぶ寒い日だった。都内の電車がすべてストップ。知らない町の知らないバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、ほぼ6時間後に帰宅した。大渋滞で立ち往生したバスの車内から見た光景、オレンジ色の街灯に照らされた夜道を、おびただしい数の人がただ黙々と歩いていた、あの光景は忘れられない。

大震災からもうすぐ六年。今、拙CDをお役に立てていただけることに感謝している。
e0172134_2254479.jpg

by Megumi_Tani | 2017-03-02 22:12 | Musica あれこれ | Comments(0)

『いい音楽、届けようプロジェクト』   

東日本大震災復興支援プロジェクトのひとつに参加させていただくことになった。2011年リサイタル・ライブ『Plegaria~祈り』が、被災地のコミュニティFM等々に届けられる。
『いい音楽、届けようプロジェクト』

今回きっかけを作ってくれたのはS氏。初めてお目にかかったのは、ほぼ三十年前。今年、思わぬところで再会した。猛烈にお忙しいなか、毎日メディアカフェにもリサイタルにも駆けつけてくださった。Sさん、ありがとうございます。

3月11日のあの大地震の後、歌い手として何が出来るのか、悩みに悩み、やっとの思いで開催を決めたリサイタルだった。事前の打ち合わせ事項の中には、演奏会の途中で大きな地震が起きた場合の対策も含まれていた。どのタイミングで演奏を止め、どんな手順でお客様を避難誘導するか…。11月だというのに、当日は台風のような暴風雨。それでも会場にはいっぱいのお客様が集まられた。「さくら」を歌い、全員で「ふるさと」を大合唱したことは忘れられない。

「もう二度とこんな大災害が起きませんように」「もう二度と演奏会がこんな異様な緊張に包まれることがありませんように」祈らずにはいられなかった。そして、この祈りを込めて、リサイタル音源を残そう、と、思った。それが「Plegaria~祈り」だ。

これまでもささやかながら売り上げの寄付等はさせていただいて来たが、CDそのものをお役に立てていただけることは、感慨がひとしお募る。あの時、リサイタルを中止せず、思い切ってCD制作を実行してよかった、と、思う。
年が明ければ、大震災からまもなく六年。被災地の復興をあらためて心から祈る。
e0172134_22245957.jpg

by Megumi_Tani | 2016-12-24 22:27 | Musica あれこれ | Comments(0)

熊本地震から一週間   

熊本で大きな地震が起きて、今日でちょうど一週間が過ぎた。東に、南に、震源が移動し、震度7を筆頭に、震度1以上の地震が700回を越えている。想像を絶する状況に言葉が見つからない。

東京では、私を含めて、東日本大震災の記憶が蘇った人が多い。あの時に学んだ様々な教訓を胸に、静かに黙って祈りたい。
【随時更新】熊本支援、私たちにできることは
熊本地震で、善意が「第二の災害」を引き起こさないために

これがきっかけで東北に目が向けられなくなることを懸念している。ささやかでも変わらぬ継続が
大切だと思う。『復興デパートメント

時を同じくして、エクアドルでも大地震が起きた。『エクアドル地震、死者272人に

世界中の平穏を祈らずにいられない。

by Megumi_Tani | 2016-04-21 21:35 | 思い&想い | Comments(0)

3月11日金曜日   

3月11日。5年前の今日も金曜日だった。乗っていた電車が突然大きな衝撃を受け、ゴンドラのように揺れた。寒風吹きすさむタクシー乗り場での長い列、諦めて乗ったバスは行き先も定かではない。やがて大渋滞に巻き込まれ、バスは見知らぬ街の見知らぬ道で立ち往生した。為すすべもなく窓の外を見ると、両側の歩道を、おびただしい数の人が、あたかも隊列を組んだかのように、整然と、黙々と歩いている。街灯のオレンジ色の光に照らし出されたあの異様な光景は忘れられない。人に尋ねてバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、最後は隣町から歩き、夜9時30分頃、やっと住む町にたどり着いた。自宅近くのコンビニに寄ると、食べ物が無い…奇異。自宅でテレビをつけて、はじめて大震災と知った。

その後に起きた様々なこと。繰り返す余震の恐怖、悪夢の計画停電、消えた食料、乾電池、トイレット・ペーパー…。町の水から放射能が検出され自販機の前にできた長蛇の列、僅かに入荷したお米や懐中電灯に群がる人々…。「皆さん、物資は明日も届く予定です。今必要なのは、懐中電灯でも乾電池でもなく、お一人お一人の落ち着いた行動です!」ホームセンターのおじさんが声を枯らして叫んでいた。恐怖、悲しみ、怒り、不安、不信、デマ、無関心…。目に見えるもの、見えないもの、両方の大いなる何かがガラガラと音を立てて崩れていく感覚を覚えた。初めての経験だった。そして、更にその後に起きたこと、起きていることに、どうしようもないやり切れなさを感じ続けている。東京在住の私でさえこうだ。ましてや…。

風化など、ありえない。5年目の今日、ささやかな祈りを、あらためて、心から、捧げたい。


by Megumi_Tani | 2016-03-11 01:42 | 思い&想い | Comments(0)

祈り   

今朝、ラジオから流れてくるフォーレのレクイエムを聞くともなしに聞いていたら、グラグラっと揺れた。音楽が中断し、茨城が震源の地震、と、知らせるアナウンス。再びレクイエムが流れ、しばらくすると、今度は各地の震度を知らせるアナウンス、そしてまたレクイエム…。ふと2011年の春が蘇った。

あの年はロドリーゴ生誕110年記念に当たり、11月のリサイタルに向けて、春には「ロドリーゴ特集」のプログラムを組み終えていた。諸々のGO!を出そう、というその時に大震災が起きた。頻発する余震、日々刻々と伝えられる被災地の惨状、東京でも発生した水や物資の不足、計画停電…。歌など歌っている場合ではない、と思った。リサイタルの中止を申し出るも周りに説得され、今度は、悩んだ。歌とは何なのか?いったい自分に何が出来るのか?歌い手という存在そのものに真っ向から突き付けられた問いだった。

多くの外国人演奏家が来日をキャンセルするなか、プラシド・ドミンゴがやって来てくれたことは忘れられない。

悶々としたあげく、たどり着いた答えは、あまりにもシンプルなものだった。歌い手は歌を歌うこと、己が本務を尽くすこと。秋のリサイタルは予定通り開催、無力な私なりに、この年に捧げるに恥ずかしくない内容にしようと心を決め、プログラムをすべて組み換え、本番を迎えた。春からずっと続く異様な緊張、無事に予定通りに集える喜び、そして何よりも祈り…。言葉に尽くせぬ想いを、ホールいっぱいのお客様とともに分かち、ともに労り、ともに祈る、そんなかけがえのない時間になった。

本番終了後、突如思い立った。あの特別な時間を記録しておこう、「もう二度とこんな哀しい出来事が起きないように」の祈りをこめて、と。そうして出来上がったのがライブCD『Plegaria~祈り』だ。
e0172134_1444235.jpg

昨日とある集まりに持参するため、久しぶりに聴いてみた。冒頭のトゥリーナ「アヴェ・マリア」から、あの時の緊張と覚悟が蘇る。貴重な経験だったと思う。そして、あんな時間が二度と訪れないことを心から願う。

CDのリーフレットにこんなコメントを書いていた。あまり明るくないニュースが多い昨今、あらためて平安への祈りを捧げたい。
e0172134_145376.jpg

by Megumi_Tani | 2015-11-22 14:06 | リサイタル | Comments(0)

新刊『スペイン文化入門』   

スペイン思想の大家、佐々木孝先生が1970年代以降、様々な場で発表された文章。
日西翻訳通訳研究塾・塾頭、碇順治先生がそれらを編集、一冊の本に纏められました。

e0172134_2335160.jpg

「スペインとは何か」この深遠極まりないテーマに鋭く迫る文章の数々に圧倒されます。「文化入門」とありますが、いわゆる文化財観光ガイド本ではありません。今年生誕500年を迎えたサンタ・テレサ、十字架のヨハネ、オルテガ、ウナムーノ、セルバンテス、ゴヤ、ビーベス、エル・エスコリアル王立修道院、聖家族教会、ドン・キホーテ、コロンブス、モゲールの町…。スペインの精神、スペインの魂への導きの書です。率直な文章、ユーモアを交えた筆致、詩人を思わせる豊かな表現の奥に、著者のスペインへの深い愛、得も言われぬ慈しみがあふれています。

とは言っても、思想家の先生が書かれた文章の中には、少々難しい言葉や人名が…。そんな時には巻末の「索引・ミニ事典」が助けてくれます。本編は縦書き、索引は横書き、という凝った作り。人名と事項に関する解説が詳細かつコンパクトにまとめられていて、とても分かりやすい。この索引だけでも勉強になります。「スペイン」「スペイン語」の在り方そのものに基づいた編集は本書ならではのもの。編者のスペインへの深い愛と慈しみを感じます。

佐々木孝先生は東日本大震災後も福島に住み、同地から発信を続けていらっしゃいます。
佐々木孝著『原発禍を生きる』   スペイン語版『原発禍を生きる』
著者・佐々木先生と編者・碇先生は、その大震災がきっかけで出会った、と、記されています。「あとがき」に紹介されている「No hay mal que por bien no venga~幸福をもたらさない災いはない」という諺が、複雑な苦味とともに、胸に沁みます。

読み進むうちに、気が付きます。これは、スペインについて識る本であると同時に、スペインに魅せられた己について知る本である、と。Porque sí(好きだから好き)と言っても、そこにはやはり、好きにならずにいられない、しかるべき理由があるのでした。

スペインが人生の何ものかになってしまったすべての方に、お奨めしたい本です。

彩流社サイト ⇒ 『スペイン文化入門』

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

毎日メディアカフェ『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』
7月23日(木)18:30~20:00
入場無料 要ご予約 以下のサイトからお申し込みください。

谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲

谷めぐみ30周年記念リサイタル『スペイン わが心の歌』
10月17日(土)14:00開演@Hakuju Hall
詳しいご案内はHPをご覧ください。
スペイン わが心の歌~Canciones Españolas, tesoros de mi corazón
ご来聴をお待ちしています
060.gif

by Megumi_Tani | 2015-07-14 23:23 | 本の窓 | Comments(0)

あの日あの時   

4年前の3月11日。
あの日も寒かった。仕事から帰る電車が大きく揺れ、知らない町のバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、最後は歩いてやっと家にたどり着いた。吹きすさぶ寒風、大渋滞でまったく動かないバス、オレンジ色の街灯の下、道の両側を黙々と歩く長い長い人の列、駅から締め出された人でごった返すロータリー、何か食べるものを、と、寄った近くのコンビニのからっぽの棚…。帰宅してテレビをつけて、初めて、東北で何が起きたかを知った。

その後は、大混乱だった。スーパーから生鮮食品が消え、やがてヨーグルトもカップ麺も消えた。乾電池もトイレットペーパーも無くなった。水から放射能が検出された時には、自販機の前に長い列が出来た。止まぬ余震、そして、計画停電。日が過ぎるうちに、テレビの映像を見られなくなった。そして、遠く離れた地に住む人のちょっとしたひと言にひどく傷ついた。小さいけれど深いその傷は、今でも胸の奥に刺さっている。

東京に住む者でさえ、こうなのだ。ましてや、被災地の方々は…。年月とともに複雑化する問題、特に、心の問題が気にかかる。

出来ることはあまりにも小さい。でも、どこまでも心を寄せて、黙って祈り続けたい。

by Megumi_Tani | 2015-03-11 23:21 | 思い&想い | Comments(0)