人気ブログランキング |

タグ:第27回リサイタル ( 29 ) タグの人気記事   

エピローグ「2008年の記憶」   

本番数日前にふと数えると、Hakuju Hallでのリサイタルが今年でちょうど10回目を迎えていた。初めての開催は2008年。その後、「鳥の歌」尽くしの会もあれば、30周年記念もあった。2011年、忘れがたい東日本大震災の年、バルセロナへの想いを歌った2013年、精魂傾けたグラナドス没後100年記念…。病み上がりの今年でもあったから、何やら感慨深いものがあった。Recitales

先日ご紹介したように、今年は2008年の会をご縁に、思いがけない巡り合いもあった。
上記のブログ執筆者の和泉様は、先日のリサイタルにお出かけくださり、実に11年ぶりに”初対面”のご挨拶をさせていただいた。まったくもって音楽は時空を超えている。

そして、2008年リサイタルを収録したCD「谷めぐみが歌う魅惑のスペイン」
これがリサイタル当日完売になった。「私がロビーに買いに行った時には、もう売り切れでした…」と、昨日お目にかかった方が残念そうに仰っていた。ごめんなさい。
e0172134_23411754.jpg

2008年の気配がそこはかとなく漂った2019年リサイタル。スペインの多くの音楽家が今年、記念の年を迎えていたけれど、終わって振り返ってみれば、Hakuju Hall10回目もまた私のささやかなリサイタル史のひとつの節目だったのかもしれない。

ちなみに、現在、販売しているCDは下記2枚です。
今年リサイタルで演奏した曲のうち、『Plegaria~祈り』には、「わが心のアランフェス」「ドゥエロ川の歌」など、『スペイン浪漫』には、「エル・アレグリート(カルメンの元歌)」「ラ・パロマ」二つのアレンジによる「鳥の歌」などが収録されています。
詳しくは、HPをご覧ください。CD's
e0172134_23414950.jpg

by Megumi_Tani | 2019-06-05 12:40 | リサイタル | Comments(0)

エピローグ「わが心のアランフェス」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。
本日は、第4ステージ「わが心のアランフェス」について。

****************************************

リサイタル本番前から「アランフェスを楽しみにしています」というメッセージを沢山いただいていた。そしてアンケートや終演後のお便りの中にも「アランフェスが聴けた!」「アランフェス、ありがとう!」のお声多数。これほどまでに人の心に染み入るアランフェスの魅力、魔力。淡い夢幻のベールのようなピアノに包まれ、音としての声、楽器としての声が、美しくも哀しい旋律を歌い上げる。元々がギター協奏曲、ということは、旋律そのものが何かを語っているはず、という信念のもと、この約30年間ずっとヴォカリーズで歌ってきた。寄せられた「まるで声の一筆書きのようでした」というご感想は、ヴォカリーズの本質をよく捉えてくださっている。浦壁さんのピアノへの感動のお声も多数いただいた。遥か彼方から静かに聴こえてくる前奏、流麗たる間奏、「Aranjuez mi amor」と最後にひと言だけ囁く歌とともに消えゆく音色…。

今回驚いたのは、最後に演奏したロドリーゴ3作品が大好評だったこと。アンケートに◎が沢山ついている。「新しいロドリーゴ発見!」「不協和音が魅力的」「カッコウの歌、好きでした」「ロドリーゴ萌えです!」等々、ご感想の声も。どの作品もほとんど誰も歌っていない極めて珍しい曲だ。

古い舞曲を思わせる「ソネット」は、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスに捧げられた作品。リサイタル当日5月19日がビクトリア・デ・ロス・アンへレスのデビュー75周年記念日に当たることから選んだ。「カッコウの歌」は、ロドリーゴ自身が森を彷徨いながら心の呟きをカッコウに問いかける曲。幽玄の森、ロドリーゴの嘆き、絶望、そして一縷の希望、かなたで小さく、しかし確かに鳴き答えるカッコウの声…。演奏している私たち二人も何処へ向かっているのか分からなくなってしまう?不思議な曲だ。「ドゥエロ川の歌」も不思議な曲だが、こちらの不思議は破壊的魔力を発揮。全曲を通してピアノの不協和音が炸裂し、その上を下を歌が駆け抜ける。ロドリーゴお得意の手法のひとつだ。

ステレオタイプのスペインもいい、ハバネラもいい、王道を行くアルベニスやグラナドスの名歌、名曲もいい。しかしスペイン歌曲はそれだけにとどまらない。ロドリーゴら次世代の音楽家にも数多くの歌曲作品がある。今回のリサイタルで、その魅力の一端を味わっていただけたとしたら…望外の喜び!


スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica
e0172134_22510932.jpg


by Megumi_Tani | 2019-05-30 22:52 | リサイタル | Comments(0)

エピローグ「大輪の華」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。
本日は、第3ステージ「大輪の華」について。

****************************************

「4章立てにしたコンセプトが明確に伝わってきた今回のリサイタルでした。個人的には濃厚なスペインの雰囲気が漂う「大輪の華」が強く印象に残りました」と、アンケートに記してくださったお客様がいた。そう!「スペイン音楽」といえば、大抵の場合、この時代の音楽を指す。アルベニス、オブラドルス、グラナドス、ニン、第1ステージで歌ったトゥリーナ、ファリャ…。みんなこの時代、すなわち19世紀末から20世紀初頭~半ばにかけて活躍した音楽家だ。リサイタル前日に110回目の命日を迎えた兄貴分、アルベニスの薫陶を受け、後輩達は、母国の芸術音楽を艶やかに、誇り高く花開かせるべく、各々奮闘した。友であり、ライバルであった彼らは、深い絆で結ばれ、とても仲がいい。互いを認め、讃え、学び、愛する。そんな温かい人間ドラマが、この時代の音楽をより魅力的なものに感じさせてくれる。¡Viva España!

「グラナダ」を聴いてラローチャを思い出しました、と、嬉しいアンケートの声。今回初めて演奏した「あの山の帽子」は、カスティーリャ地方のホタのスタイルを採った作品。「エル・ビート」は、スペイン音楽のツボ「ミ」を連打するピアノが強烈な印象。いずれも大人気。グラナドス「ちいさな歌」は、タイトル通り本当に小さく地味な作品ながら、大好きな歌。アンケートに沢山の方が◎を付けてくださっていたことに嬉しくびっくり!「パーニョ・ムルシアーノ」は、いきなり始まる前奏から切れ味絶妙の最後まで、とにかくピアノがお洒落!浦壁さんの魅力、全開でした。



e0172134_22275608.jpg


by Megumi_Tani | 2019-05-29 22:36 | リサイタル | Comments(0)

エピローグ「ハバネラの時代」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』のエピローグ。本日は、第2ステージ「ハバネラの時代」について。

****************************************

天を仰ぎ、神に懇願し、御子誕生の喜びを歌う。そんな第1ステージ「祈り 」から一転、第2ステージは19世紀スペインの下町へ。
この大胆な(笑)転換に選んだ曲は、アルバレス作曲「黒い瞳」。リズム、メロディー、スタイル、すべてが、ザ・スペイン!所謂ステレオタイプ的スペインの王道を行っている。百の薀蓄、説明より聴くのが一番!「あ!別のステージが始まった!」と、お客様は感じてくださるだろう。この曲、前奏が長い。お客様に舞台の転換をより感じていただくために前奏の時間を使えるのでは?と閃き、ほんのちょっぴりだけれど衣装を変えることにした。ピアノの浦壁さん、Hakuju Hallの舞台監督さんとワイワイ楽しくリハーサル。
本番、早変わり無事成功しました(^_-)-☆

2曲めのアルバレス「嫉妬」は、同じハバネラでも、どこか典雅な風情。このリズムが古くは鄙びたダンス音楽だったことを思い出させる。胸にうずく嫉妬の虫を何とかして~!と愚痴り、甘え、叫ぶ歌。恋をした人なら誰にでも覚えのある内容だ。3曲め、イラディエール作曲「エル・アレグリート」は、取り組んでかれこれ5年、リサイタルで歌うのは3回目、昨秋リリースしたCD「スペイン浪漫」にも収録。「カルメンの元歌ですね」と、お客様にお馴染みの曲になった。オペラ畑の方にも興味を持っていただけるのが嬉しい。そして締めは、世界に誇るハバネラの名歌「ラ・パロマ」。この曲、今回はこれまでにも増して人気でした。大好きな曲!歌っている私も癒されます。

ハバネラの王様イラディエール生誕210年に捧げた第2ステージ。天上のマエストロは喜んでくださっているかしら?


e0172134_23251582.jpg









by Megumi_Tani | 2019-05-27 23:26 | リサイタル | Comments(0)

エピローグ「祈り」   

第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica』が終わって一週間。当日のアンケートをはじめ、メール、メッセージ、封書のお手紙、お葉書etc、沢山のご感想をお寄せいただきました。ありがとうございました。

お客様お一人お一人がとても丁寧に大切に演奏を聴いてくださっていることに感謝です。皆様のご感想を織り交ぜながら、終演後だから語れる?!エピソードを綴ってみたいと思います。まずは、第1ステージ「祈り」から。

****************************************

「令和」になって19日目の開催、ということで「祈り」の歌を集めたこのステージ。今年没後70年を迎えたトゥリーナの「アヴェ・マリア」に始まり、ファリャの「わが子を腕に抱く母たちの祈り」、ゴメス「アヴェ・マリア」、ガルシア・モランテ編「鳥の歌」と続いた。
1曲めの「アヴェ・マリア」は、同じトゥリーナの名歌「エスペランサの聖母に捧げる祈祷風のサエタ」を彷彿とさせる独特の和音が魅力。可愛いわが子を兵隊にとらないでくれ、と、母親が神様に懇願する「わが子を腕に抱く母たちの祈り」は、いつ歌っても切なさに胸が締め付けられ、たまらない気持になる。ファリャがこの作品を書いたのは第一次世界大戦のさなかだ。100年以上が経過した今も、どうぞどうぞ世界が平和でありますように、と、祈らずにはいられない。続くゴメスの「アヴェ・マリア」には、とても大きな反響をいただいた。アンケートでも◎が沢山付けられ、最も印象に残った曲として挙げられた方も多い。今回初めて演奏した曲だが、実は、元々の楽譜から収集?準備?整備?調整?が必要な、なかなかに手のかかる作品だった。スペイン語による祈祷文が新鮮。多くの方の心に刻まれたのであれば嬉しい。そして、1ステージの締めは、バルセロナの師の編曲による「鳥の歌」。天上の星がキラキラと輝くようなピアノ伴奏が聴こえるたびに、「この曲がカザルスの演奏で有名だからといって、チェロみたいに歌わないでおくれ。メグミはソプラノ。ソプラノらしい希望に満ちた「鳥の歌」を」という師の言葉が蘇る。


第27回リサイタル『スペイン浪漫Ⅳ~Mi España Romántica
e0172134_21555924.jpg


by Megumi_Tani | 2019-05-25 22:23 | リサイタル | Comments(0)

終演御礼   

第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタルスペイン浪漫Ⅳ
5月19日(日)Hakuju Hallにて、盛会のうちに終了させていただきました。
ご来聴の皆様、ありがとうございました。

スペイン浪漫Ⅳ
e0172134_16524014.jpg





by Megumi_Tani | 2019-05-20 16:53 | リサイタル | Comments(0)

【ぴあ】販売終了日のお知らせ   

第27回リサイタル《スペイン浪漫Ⅳ》今週末、19日に開催が迫りました。
【チケットぴあ】での販売は、16日(木)23時59分をもって終了となります。
ご予定の方、お買い忘れ無きようお急ぎくださいませ。
チケットぴあ《谷めぐみリサイタル》

皆様のご来聴を心よりお待ち申し上げます169.png

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************

e0172134_10265358.jpg

by Megumi_Tani | 2019-05-14 10:28 | リサイタル | Comments(0)

2008年の記憶   

鳴り物入りでスタートした十連休も明日で終わり。各地でUターンラッシュ、高速道路ではものすごい渋滞が発生しているらしい。

私はリサイタル目前ということもあり、連休の恩恵を被ることなくあれこれバタバタしていた。そんななか、吉祥寺ドスガトスで束の間のエネルギーチャージ。暑い季節の定番ガスパチョはじめ、元気が出るお料理を楽しませていただいた。

たまたま隣のテーブルにいらしたお客様。ご夫婦で休日ランチを楽しんでいらっしゃる。美味しいものが大好きで、お気に入りの店があればどんな遠方にでもお出かけになるそうだ。高森シェフがさっそく紹介してくれた5月19日リサイタルに興味津々!チラシ裏面のコメントに熱心に目を通され、「行きます!」と即、チケットをお求めくださった。新たなお客様にスペイン歌曲に触れていただける!こんな出会いはとても嬉しい。

一方で、先日は偶然、貴重な一文に遭遇した。2008年、第18回リサイタルのご感想をアップしてくださっているブログだ。執筆者の和泉昇様とは、この時点で面識がない。まったく知らない方だ。

今を遡ること11年。第18回リサイタル『スペインわが心の歌』は、Hakuju Hallでの初めてのリサイタルだった。明るく瀟洒なホール、お客様をお迎えしての本番、第一声がよく響いてホッとしたことを覚えている。どなたかのご紹介でお出かけくださっていた和泉様。スペイン歌曲のツボを捉えてくださっている。ツボだけではない。スペイン歌曲を歌う私の想い、願いまでも感知してくださっている。驚いた。知らないところで、こんなお客様が聴いてくださっていたとは!

約10年の時を経て、和泉様とはFaceBookで "お会い" した。まだ直接お目にかかったことはない。これも時代のなせる業か。氏のブログにある通り、和泉様は2007年、カザルスホールでのリサイタルにもお越しくださっていた。

古くから秘かにお聴きくださる方、昨日お目にかかったご夫妻のように、今、出会ってくださった方。少しずつ、静かに、スペイン歌曲の輪が広がっていくことが嬉しい。


***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************


2008年リサイタルの一部(セファルディーの歌、モンポウ、グラナドス、ニンらの作品)は、こちらのCDに収録されています。『谷めぐみが歌う 魅惑のスペイン
e0172134_22090661.jpg






by Megumi_Tani | 2019-05-05 22:39 | リサイタル | Comments(0)

519♪ 改元の年のリサイタル   

2019年5月1日、新元号「令和」の時代が始まった。個人的には、お役所等の書類に記入する以外は西暦を使う機会の方が多い。しかし「令和」の始まりはやはり節目を感じ、感慨深いものがあった。

令和元年の19日め、5月19日にリサイタルを開かせていただく。思い出したのは、今から三十年前、「昭和」から「平成」に変わった時のことだ。

1989年すなわち昭和64年、私は1月11日にリサイタルを控えていた。前年暮れから昭和天皇のご容体が連日報道されるようになり、国全体が何となく緊張して年を越した。どうやらまもなく「昭和」が終わるらしい。しかしそれがいつなのか、誰にも分からない。万が一「その日」が1月11日になった場合、予定通りリサイタルを開催していいのか?あるいは自粛すべきなのか?もしも開催を延期または中止する場合、お客様全員にその旨をどうやってお伝えするのか?販売済みのチケットの取り扱いはどうする?今回借りた会場の取り扱いはどうなる?仕切り直しの開催はいつ?そうなれば完成しているプログラム等の印刷物もすべて刷り直し?…etc,etc,etc。誰も経験したことのない事態、誰にも答えが見つからない。「何とかなるわよ!」と私はカラ元気を出していたが、もしもそうなった場合どうすればよいのか、正直、見当もつかなかった。

1月7日早朝、ラジオのスイッチを入れると、ただならぬ緊迫感が伝わって来た。「その日」が来たのだ。1月8日に「平成」の時代が始まり、三日後の11日、私は予定通りリサイタルを開くことが出来た。

今こうして思い起こしても、かなりギリギリ、危いタイミングだったと思う。そしてその平成3日めのリサイタルの際には、またいつか次の改元が訪れること、その時に自分が歌っているか否か?などということは意識にのぼりもしなかった。

ちいさな歌い手の私が、人生で二度、改元の年にスペイン歌曲のリサイタルを開かせていただく。感謝しかない。

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************


by Megumi_Tani | 2019-05-03 22:01 | リサイタル | Comments(0)

519♪ ロドリーゴの歌曲   

ギター協奏曲「アランフェス」で名高いロドリーゴだが、歌曲作品もかなりの数を残している。古典歌曲やセファルディーの歌をアレンジした作品、小粋な民謡調の作品、妻ビクトリアの詩に作曲された作品、クリスマスを題材にした作品etc。その作風は多彩だ。

流麗なメロディー、端正な伴奏が魅力の曲があるかと思えば、遊び心満載、何でこうなるの?という和音やリズムオン・パレードの曲もある。音取りやリズム取りに四苦八苦する演奏者を思い浮かべ、ニヤリとするマエストロの顔が目に浮かぶようだ。

今回のリサイタル、締めは、ロドリーゴの歌曲3曲を演奏する。17世紀の雅を思わせる「ソネット」、幽玄の森をカッコウが飛び交う「カッコウの歌」、ロドリーゴ得意の不協和音が複雑なリズムで炸裂する「ドゥエロ川の歌」。いずれもほとんど演奏されることのない極めて珍しい作品だ。ピアノもスリリング!ぜひ!お楽しみいただきたい。

***************************************

チケット好評発売中!
第27回谷めぐみスペイン歌曲リサイタル
『スペイン浪漫Ⅳ』
2019年5月19日(日)午後2時開演
会場:Hakuju Hall
詳細は、HPをご覧ください⇒スペイン浪漫Ⅳ
ご来聴をお待ちしています!

***************************************

ロドリーゴの歌曲の中で、最も知られている作品「ポプラの林に行ってきた」





by Megumi_Tani | 2019-04-25 22:40 | リサイタル | Comments(0)