人気ブログランキング |

タグ:絆 ( 6 ) タグの人気記事   

日西交流400周年~ハポンさんがやって来た!   

仙台藩主・伊達正宗の命により、スペインに慶長使節団が派遣されてから400年。
スペインでの公式紹介ビデオです。


6月には、皇太子殿下がスペインをご訪問されました。
『皇太子殿下スペイン御訪問』
在スペイン佐藤大使がご訪問の様子を詳しく伝えて下さっています。
皇太子殿下のスペイン御訪問~日本スペイン交流400周年の開幕~

以前、このブログでもご紹介しましたが、400年前に支倉常長はじめ慶長使節団が上陸した町、コリア・デル・リオには、今も「ハポン」姓を名乗る人たちが住んでいます。

東日本大震災に寄せられたハポンさん達の想い。2011年春、あの混乱のさなか、私自身、この映像にとても驚き、えもいわれぬ感銘を受けました。


そのハポンさん達が8月に来日。慶長使節船サン・フアン・バウティスタ号の復元船を係留展示している「サン・フアン館」を訪問されたそうです。 『OBONとHAPON』
東日本大震災の影響によって休館中の「サン・フアン館」ですが、今秋の再開館に向けて着々と準備が進んでいます。

慶長遣欧使節団派遣は、400年前(1611年)に東北地方を襲った地震・津波からの復興事業のひとつだったと伝えられています。関東大震災からちょうど90年、そして東日本大震災からまもなく2年半を迎える今日、9月1日。心を引き締めつつも、平和で穏やかな日々を祈らずにはいられません。

by Megumi_Tani | 2013-09-01 12:42 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

皇太子さまスペインご訪問   

スペインをご訪問中の皇太子さまが、コリア・デル・リオの町で、大勢の「ハポンさん」とお会いになられました。町の人たちの歓迎の様子です。ハポン(Japón)さんとは、支倉常長率いる慶長遣欧使節団の末裔といわれる方々です。詳しくは先日のブログをご覧ください。四百年の時を越えて、日西交流の歴史が脈々とつながっています。

サラマンカご訪問。私の留学時代、当時の皇太子殿下と美智子妃殿下がスペインをご訪問されました。連日、美智子さまのファッションが写真入りで大きく紹介されていたことを思い出します。

最終日のサンティアゴ・デ・コンポステーラご訪問
雅子さまの話題にふれられた、ちょっぴり切ない記事です…。

『日本スペイン交流400周年』公式ビデオ
スペイン語ですが、内容は分かりやすい。ぜひご一覧を!

by Megumi_Tani | 2013-06-14 23:31 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

2012年お疲れさまでした♪   

今年も残すところ二日。寒い寒い年の瀬だ。手袋をはめていても手がジーンと冷たい感触を久々に思い出した。今年は街から人が消えるのが早かったような気がする。一昨日あたりからもう電車はガラガラ…。長いお休みを取りやすい曜日の並びとのこと。皆さん、さっさと旅行にでも出かけちゃったのかな。

例によって突然、バルセロナの友だちから手紙が届いた。同封されていたのは、チョコレートと喉にやさしいお茶、そして、なんと!モンセラート修道院の祈りの歌の楽譜!「良い事も悪い事もどんどん飲み込んで2013年に向かっています」と、走り書きのメッセージが添えられている。いつもどんな時も大いなる何かを信じ、愛し、前を向く彼女。この底抜けのバイタリティーに、これまでどんなに励まされてきたことか…。
e0172134_8472883.jpg

数日前、凛と冴えわたる夜空に満月がくっきりと輝いていた。月を見ると、不思議に世界がつながっている気がする。沢山の出来事があった2012年。忘れたいこと、忘れたくないこと、決して忘れてはいけないこと…どんどん飲み込んで、元気に2013年に向かっていきたい。

今年もブログのご愛読ありがとうございました。
どうぞ皆様、よい新年をお迎えください。

by Megumi_Tani | 2012-12-29 08:49 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

余計なお世話   

夏休みの電車。真っ黒に日焼けした元気そうな小学生三人が乗ってきた。お兄ちゃん5年生、妹3年生、弟1年生くらいだろうか。背中にリュック、首から水筒をかけ、電車内の混雑など関係なくウキウキ、とても嬉しそう。どうやら初めての兄妹弟三人旅、電車の終点の駅で、おじいちゃんとおばあちゃんが待っているらしい。お兄ちゃんは、まさに頼れる兄貴って感じで、実によく妹と弟の面倒をみている。お茶目な妹は「お兄ちゃん、私のジュースを飲んでもいいよ」なんて言いながら、電車の中をキョロキョロ。一番下の弟君は、少し不安そうにお姉ちゃんのリュックの端をしっかり握りしめている。「ほら、〇〇駅ってあるだろう?あそこまで乗って行くんだよ」お兄ちゃんが電車の壁に貼られた路線図を指さして説明する。ウンウンと、大きくうなずく妹と弟。お兄ちゃんは胸を張り、ちょぴり誇らしげだ。いい光景だなぁ…。

と、そこへ、彼らの近くに座っていた中年女性が声をかけた。「君たち、ここに座ったら?」(君たち、って、席は一つしかないじゃない…以下、私の心の声)「大丈夫です。ありがとうございます」と、お兄ちゃん。(何ときちんとした言葉使い!)女性が重ねて言う「いいのよ、遠慮しなくて」「大丈夫です。ありがとうございます」今度は妹もお兄ちゃんに声を合わせる。(いいって、言ってるじゃない)「構わないのよ、ホンとに」しつこく迫る女性。「大丈夫です。ありがとうございます」今度は、お兄ちゃんとお姉ちゃんの危機を感じた弟ちゃんまで、同じセリフを言っている。(意味、分かっているのかな?けなげだなぁ)「おばちゃんは次の駅で降りるのよ。いいからここへいらっしゃい!」ついにお兄ちゃんは背中のリュックをむんずとつかんで引っぱられ、無理やり女性が座っていた席に押し込まれた。(あら~~~!)とっさの事態に固まる妹と弟。「お前たちはちゃんと棒につかまって、そこに立ってろ!」必死で叫ぶお兄ちゃん。さっきまでのピクニックムードは一変。三人の顔は緊張で引きつっている。ところが女性は、そんなことどこ吹く風。呆然と立ち尽くす妹と弟には目もくれず、お兄ちゃんに向かってベラベラ喋り出した「君、どこまで行くの?」「何年生?」「よく日に焼けているわね。サッカーでもしているの?」「大丈夫。ちゃんと三人で行けるわよ」(ちゃんと行けているのを邪魔しているのはアナタでしょ!)etc、etc。いかにも居心地悪そうに座り、うつむき加減に一生懸命、妹と弟の様子を気にするお兄ちゃん。ドア横のバーにつかまり、捕獲された?お兄ちゃんを見失うまいと、じっと見つめる妹と弟(大丈夫、次に何か起きたらおばちゃんが助けてあげるからネ)…。やっと「次の駅」が来た。「気をつけてお行きなさい」なんて、上機嫌で女性が降りて行くやいなや、お兄ちゃんは席からジャンプ!!ドア横に身を寄せる妹と弟に駆け寄った。ホッとして、満面の笑みでお兄ちゃんを見上げる二人…フ~よかった!子どもたちの心も分からず勝手な親切。ホンと、余計なお世話だ。プリプリ…。アレッ?でも、でも、もしかすると、余計なお世話に腹を立てている私は、もっと余計なお世話???

なぁんて慎ましく自分を見つめ直していたら、そんなちっぽけな余計なお世話などぶっ飛ばす、破格、別格の「余計なお世話ニュース」が飛び込んで来た。しかもスペインから…。
005.gif041.gif http://www.cnn.co.jp/fringe/35020830.html 041.gif005.gif
こうなるまで、誰も気がつかなかったのかしら?不思議。

by Megumi_Tani | 2012-08-26 08:17 | エトセトラ | Comments(4)

歌で逢いましょう Vol.3   

昨日、吉祥寺 La forte cafeにて、生徒さんのミニ・コンサート開催060.gif
暑くもなく寒くもなく、ほどよい?曇り空に恵まれ、各グループ&個人レッスンの生徒さんたちが大集合。大いに歌い、聴き、笑い、演奏後は美味しいケーキとコーヒー、そして楽しいおしゃべりのひとときを過ごした。クーラーがまるで効かないほどの熱気に、会場担当の方もビックリ!練習通りに歌えたり、歌えなかったり色々だけれど、そこは音を楽しむ「音楽」の力。
互いにハラハラ、ドキドキしながら、舞台と客席に温かいエールが飛び交った。日常を離れ、詞とメロディーに心を解き放つ。これぞ歌の醍醐味!見ず知らずの者同士が「歌」で結ばれ、仲間になる。これぞ歌トモの絆!

生徒の皆さん、お疲れ様でした。Muy bien! でしたね。本番前一週間、風邪でひと声も出せなかった方、よく頑張って歌われました。急な事情で参加できなかった方、私も残念でした。次回を期してまた歌いましょう。お稽古お休み中だけれど応援に駆けつけてくださった方、ありがとうございました。

プレゼントしていただいた大きな花束のなかに、それはそれは美しい深いブルーのバラが!
Muchas Gracias!!

by Megumi_Tani | 2012-06-03 10:03 | エトセトラ | Comments(0)

絆ⅰ   

今年のリサイタルのパンフレット、テーマは「朝焼けの空」とても気に入っている。
《絆》の字がいい。「どこか欧文の筆記体のイメージになるように」 と、デザイナーさんが凝ってくれた。

小高い山の頂き、木々の濃い影間から、今まさに陽が昇り、空が明け染める。どんなに深い闇でも、必ず朝が来る。その思いを胸に、みんなで空を見上げるような…。

「チラシのちょっと切なげな色合いがいい!」と、言ってくれた友人がいる。そう。今年のリサイタルはちょっぴり切ない。そして、切ないけど、やっぱり音楽はいい!スペインの歌はいい!と、お客様に存分に楽しんでいただきたい。

by Megumi_Tani | 2011-08-26 21:42 | リサイタル | Comments(2)